映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2007年05月15日

ザ・コア

運命は世界と出会い、世界は運命を知る。

ザ・コア2003年(THE CORE)
製作国:アメリカ
監督:ジョン・アミエル
製作:ショーン・ベイリー
脚本:クーパー・レイン
撮影:ジョン・リンドレー
編集:テリー・ローリングス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
午前10時30分、突然10ブロックの範囲で32人の市民が死亡する事件が起こりました。共通点はペースメーカ。シカゴ大学の地球物理学のキーズ博士(アーロン・エッカート)と高エネルギー武器が専門のサージは、ワシントンD.C.に呼ばれ原因を尋ねられます。電磁パルス兵器も考えられましたが、これほど強力な武器は未だ開発不可能でした。
さらにロンドンのトラフルガー広場でハトの大群が暴れ始め、続いてスペースシャトル、エンデバー号が電磁波の影響で着陸コースを外れてしまいます。あわや大惨事と思われた事故は、乗り込んでいたベック少佐(ヒラリー・スワンク)の冷静な判断力によって回避されます。

一方ハトの耳の中には磁気を感じるセンサーがあることに気付いたキーズは、過去2年にさかのぼって動物の異常現象を調べるのでした。そしてその資料を地球物理学の第一人者であるジムスキー博士に見せ、自分の結論が正しいかどうか確認するのでした。
国防総省でキーズは、地球の中心にあるコアが何らかの影響で動きを止めてしまったことを告げます。そしてそれは同時に、地球を致死性の放射線から守っている電磁場が崩れているいることを意味していました。
このままでは1年で人類は滅亡してしまう…地球を救うためにはコアを再び動かす必要が、しかし方法があっても地殻50キロ、マントル3200キロもの地中に潜る方法など…。

ジムスキー博士は、かつての親友であるブラズ博士を頼って、ユタ州「塩の平原」に飛びました。
ブラズは自分の特許をジムスキーに取られて今も恨みに思っていましたが、地球の危機に開発した高周波パルスレーザーと超音波共鳴チューブを組み合わせた装置で瞬時に岩盤を溶かす装置を見せます。さらにタングステンとチタンの結晶を結合させた、アンオンブタニウムで構成された掘削機の設計図も…掘削機につけて完成させるには10年はかかるよというブラズに、500億の資金と3ヵ月の期間が区切られるのでした。

やがて完成したバージル号に乗り込むのは、エンデバー号のパイロットだったアイバーソン船長とベック少佐、ジムスキー博士、キーズ博士、サージ、ブラズの6名。地上には彼らを援護するスーパーハッカーのフィンチことラット。
南太平洋、マリアナ海洋から発進したバージル号は、超音波に共鳴し歌を唄うクジラたちに見送られながら、地中を激走していくのでした。キーズの発明した磁気共鳴映像カメラによって、まるでそこは神秘の別世界のように見えました。そして同時に未知の恐怖の世界でもあったのです。

広大な空間への突入、ダイヤモンド鉱石の衝突、さらに大きな犠牲を払いながらやっとの思いでたどり着いたものの、コアの外殻の密度計算のミスによって、1000メガトンの核爆発ではコアは到底動かないことが判明。バージルには200メガトンの核爆弾が5つしか搭載していなかったのです。
進退きわまったバージルの中で、ジムスキーは「デスティニー」を発動させると言います。誰もが知らなかった超極秘に開発されていた「デスティニー」とは?しかしそれを使えば…キーズたちの絶望にも似た作戦が開始する中、非情にも「デスティニー」の実施命令は発動、それを阻止すべく動くラットの頭脳は!!

感想はコチラから ▼



ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 22:38| Comment(10) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

スモール・ソルジャーズ

よろしく、私はアーチャー、ゴーゴナイトの使者です。

スモール・ソルジャーズ1998年(SMALL SOLDIERS)
製作国:アメリカ
監督:ジョー・ダンテ
製作:マイケル・フィネル
脚本:ギャヴィン・スコット
撮影:ジェイミー・アンダーソン
特撮:スタン・ウィンストン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
軍事用に開発されたハイテク技術をご家庭で…を売り文句に、グロボテック社が次に目指したのはおもちゃ開発、しかも新社長の提案は自分で動き、喋り、判断するという人形でした。この難題を3ヵ月で作るように言われた技術者2名…その内の1人ラリーは、おもちゃのマイクロチップに軍事用として開発されたX1000を搭載することにします。
こうして作られた「コマンドーエリート」6種と、そのやられ役「ゴーゴナイト」6種がトイ・ワールドに搬送されました。

その搬送途中、搬送者のジョーは知り合いの小さなおもちゃ屋で、店番をしていたアランの頼みをきき、中を開封してしまいます。音声認識をもつこのおもちゃに2人はびっくり。アランはジョーに頼み込み、1種類ずつ合計12体をこの店のために買い取りました。
学校で問題ばかりを起こして、両親から信頼を得られない彼は、少しでも店の売り上げのために貢献しようとしたのです。

その夜、おもちゃ屋の中では信じられないことが…コマンドーエリートのリーダーであるチップ・ハザード少佐が、社長が言っていたとおり、自ら動き出し残る5人の仲間に召集をかけたのです。マッスルポディの仲間たちを集めたコマンドーたちの目的はただ1つ、ゴーゴナイトたちを倒すことでした。
そのころ自分の家に帰ってきたアランは、カバンの中に忍び込んでいたゴーゴナイトのアーチャーと対面していました。

翌朝おもちゃ屋が滅茶苦茶になっていることに驚いたアランに、アーチャーはコマンドーたちが自分たちを狙っていると言います。
ちょうどやってきた隣の家に住むクリスティー(キルステン・ダンスト)に片付けを手伝ってもらいながらも、そんなことを信じられないアランでしたが、実際に自分で考え喋るアーチャーが目の前に…。
やがてコマンドーたちは、隠れているアーチャーたちを発見しアランの家を襲ってきます。そして彼女と間違われたクリスティーの家にも…襲い来るコマンドーたちと改造された人形たちが、襲う、襲う、襲う!

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

緯度0大作戦

自分たちの住んでいるこの地球上の、素晴らしい奇跡をなぜ真剣になって知ろうとしない。

緯度0大作戦1969年
製作国:日本・アメリカ
監督:本多猪四郎
製作:田中友幸、ドン・シャープ
脚本:関沢新一
特撮:円谷英二
音楽:伊福部昭

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1969年春、世界最大と言われる日本の海洋観測船『富士』は、赤道直下を東に流れるクロムウェル海流の調査分析のために、ギルバート諸島の東沖、南太平洋で作業中でした。
航空機が高層のジェット気流を利用しているように、潜水艦のスピードアップに海流がどう利用できるかが調査の目的でした。

物理学と海洋学の権威である田代健博士(宝田明)、フランスの地質学者で潜水球調査のベテランジュール・アッソン博士(岡田真澄)、そしてトランス・グローブ通信のロートン記者(リチャード・ジャッケル)は、潜水球での調査中、突然の海底噴火の事故に遭遇。間一髪のところをクレイブ・マッケンジー(ジョセフ・コットン)と名乗る男の潜水艦アルファ号に救われます。
今の技術ではとても考えられない高水準の潜水艦に驚く暇もなく、もう一隻の潜水艦黒鮫号の襲撃を受けてしまいます。なんということか海底ではマッケンジーの宿敵であるマリク(シーザー・ロメロ)との戦いが繰り広げられていたのです。
攻撃をかわしたアルファ号は事故で重傷のジュールを救うために海底基地へと急ぎます。
そこは東経180度、緯度…ゼロ。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF 特撮
posted by 白くじら at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

ダイナソー・ファイター カンフーVS.巨大恐竜

友のために自分の命を捨てること、これ以上の大きな愛はない。

1997年(FUTURE WAR)
製作国:アメリカ
監督:アンソニー・ダブリン
製作:デイヴ・エディ
製作総指揮:デヴィッド・ヒューイ
原案:デヴィッド・ヒューイ
脚本:ドム・マグウィリ

ストーリー
サイボーグが支配者(マスター)となった未来。
彼らは過去の地球から人類と恐竜を連れ去り、人間は奴隷として飼育、恐竜は脱走者の追跡兵(トラッカー)として訓練されました。
そして今、一人の奴隷が宇宙船を脱走し、天国と呼ばれる惑星へと逃げ込みました。その惑星の名は『地球』。

奴隷の男は名も知れぬ街の倉庫に逃げ込みますが、サイボーグと恐竜の追跡兵に追われます。なんとかカンフーに似た技で倒し、路上へ逃げ出したところを、修道女アンの乗った車にはね飛ばされてしまいます。
アンは彼を友人のフレッドとオスカーのところへ運び込み、自分は自分を見直す旅があるために彼をたくして行こうとします。しかし彼が言葉も判らず2人が困っているのを見て躊躇します(っていうか、面倒みろー!)。
とはいうものの「2人では心を開かない」といって彼に話しかけますが、すぐにあきらめるアン。そんなところに新たな追跡兵の恐竜が襲い掛かってきます。
逃げ出した彼とアンは放浪の身となりますが、追跡兵は執拗に彼を追いかけ、さらに事件現場を見た警察もまた彼らを追いかけ始めるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 18:02| Comment(4) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

バーチュオシティ

どちらが現実なのか、それは私がいる世界だ。

バーチュオシティ1995年(VIRTUOSITY)
製作国:アメリカ
監督:ブレット・レナード
製作:ゲイリー・ルチェッシ
製作総指揮:ハワード・W・コッチ・Jr
脚本:エリック・バーント
撮影:ゲイル・タッターサル

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
LETAC(警察技術研究所)では、仮想現実(バーチャルリアリティ)を利用して、犯人追跡訓練をしていました。しかし50テラByteの自己進化型の精神ネット、シド6.7(ラッセル・クロウ)は神経の感度設定を変え、テストをしていた懲役囚のパーカー(デンゼル・ワシントン)とドノバンを殺害しようと企みます。
結果、ドノバンは死に、パーカーも危うく死ぬところでした。

シド6.7は進化を続け、彼をプログラムしたダリルの言うことすらも聞かなくなり、逆に指示を出し始めていました。
彼は人間を殺すことが、ナニモノにも代えがたい快感になっていたのです。そして所内のナノマシン開発者を騙し、シリコン・アンドロイドとしてこの現実世界に姿を現しました。
ナノマシンで構成されている体は、たとえ破損してもガラスを取り込むことによって復元ができ、いわば不死身の体を持った人間になったのです。

唯一バーチャルでシド6.7を追い詰めたパーカーは、釈放を条件にシド6.7を捕まえるように命令されます。
シド6.7の頭脳にはパーカーが服役することになった原因であるテロリスト、グライムズを始めとする200人の犯罪者の知識が入っていました。グライムズはパーカーの手により、何度もテロの阻止をされたために、彼の妻と娘を殺害しようとした男です。
その事件の際、妻と娘は死に、爆発によってパーカーも左腕を失ってしまいます。そしてグライムズを射殺したときに誤ってレポーターまでも殺してしまい、大量殺人犯として17年の懲役を受けていたのです。

パーカーに追われるシド6.7は、そのためか次第にグライムズの性格が前面に出始め、殺人をパーカーに捧げると叫び始めます。さらにシド6.7の巧妙なワナにかかり、警察からも追われるようになるパーカー。
彼を信じて行動を共にする犯罪心理学者カーター(ケリー・リンチ)が影ながら支えますが、逆に娘が捕らえられ、パーカーにとっては娘が死んだときの悪夢が、眼前に広がりつつあるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 16:50| Comment(4) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

デジャヴ

『U CAN SAVE HER』は誰が誰のために?

デジャヴ2007年(DEJA VU)
製作国:アメリカ
監督:トニー・スコット
製作:ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:マイク・ステンソン、チャド・オーマン、テッド・エリオット、テリー・ロッシオ、バリー・ウォルドマン
脚本:ビル・マーシリィ&テリー・ロッシオ
撮影:ポール・キャメロン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
2006年2月28日、ニューオリンズ、ミシシッピー川では全米最大のカーニバル『マルディグラ』を祝うために、海軍基地から500名以上の水兵と家族たちが乗り込んだフェリー、スタンプ号が出港しました。
しかし搭載されていた車両でビーチ・ボーイズの『Don't Worry Baby』が流れ出した後、大爆発が起こりました。多くの人間が巻き込まれ、湾岸は騒然となるのでした。

ATF(アルコール・タバコ・火器局)の捜査官ダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)は、現場から雷管の破片や、橋の下から爆薬に関する証拠を入手します。
さらに現場近くで若い女性死体が上がり、検死室に向かうダグでしたが、彼女の顔を見たとき、わずかながら彼の表情に不可思議な表情が浮かびました。検死の結果、彼女はフェリーの爆破で死んだように見せかけるための偽装が見られ、ダグは彼女が事件のキーを握ると確認しました。
身元不明の届け出からクレア(ポーラ・パットン)と判ったダグは、彼女の部屋を確かめに行きます。
そこで発見される血痕のあるシャツやタオル、脱脂綿など…そして、冷蔵庫にあるマグネットのアルファベットで作られた『U CAN SAVE HER』とはいったい。さらに留守番電話に残された自分のメッセージは…。

一方、ダグの現場での判断能力を高く評価したFBIジャック(ブルース・グリーンウッド)の指示により、FBI捜査官プライズワーラ(ヴァル・キルマー)は、ダグを特別捜査班へ誘います。
そこでダグが見たものは、巨大なスクリーンとサブ・モニターに映し出される爆破前のスタンプ号。しかもどんな角度からでも映し出すことができたのです。
スタッフであるデニー(アダム・ゴールドバーグ)、ガンナーズ(エルデン・ヘンソン)、シャンディ(エリカ・アレキサンダー)の説明によると、『白雪姫スノーホワイト』と呼ばれるこのシステムは、7基の軌道衛星から送られてくる情報を元に画像を作り出しているのですが、膨大なデータを処理するために4日と6時間かかるというのです。そのため巻き戻しもできないということでした。

このシステムを使い容疑者を探して欲しいと依頼されたダグは、すぐさまクレアの様子をしらべることにするのでしたが、やがて観られていることに気づくようなクレアの様子から、デニーたちの装置の説明が嘘っぱちであり、実は《タイム・ウィンドゥ》と呼ばれる過去の映像を観ていることが判るのでした。
ダグは過去の自分に連絡をとり、犯罪が起きる前に阻止しようとするのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:13| Comment(28) | TrackBack(20) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

アトランティス 七つの海底都市

黄金の像は人の欲望を引き出し、争いを生むのだ。

1978年(SEVEN CITY OF ATLANTIS)
製作国:イギリス
監督:ケヴィン・コナー
製作:ジョン・ダーク
脚本:ブライアン・ヘイルス
撮影:アラン・ヒューム
音楽:マイク・ヴィッカース
特撮:ジョン・リチャードソン

ストーリー
1896年ごろ…テキサス・ローズ号はバミューダに迫っていました。
チャールズ・アトキン(ピーター・ギルモア)親子の海洋調査に付き合っているのは、友人であり深海観測艇ベルの操縦士であるグレッグ(ダグ・マクルアー)でした。しかしバミューダ接近に、ダニエルズ船長(シェーン・ライマー)以下3人の乗組員グローガン、ジャッコ、フェンは、気の乗らない様子で作業をしていました。

目的地でベルに乗り込んだチャールズとグレッグは深海に降りて行きますが、推進40尋(ひろ…両手を広げたくらいの長さ(1.83mくらいです))ほど降りたところで、突然ベルの下部から巨大な口が!
ここで説明しておかなければなりません。ベルはコップを逆にして沈めれば中に空気がある、という理論を元に作られた潜水艇でなんと下には穴が開きっぱなしなのです!
チャールズによるとこれは胴甲亜網の首長竜であるとか…グレッグはそんなことはどうでもよく、また突っ込んできた時にそいつの口に電気を流して追い払うのでした。

やがて深海に近付いたとき、洞窟らしき横に黄金の柱像を発見して引き上げます。
驚いたのは海上の乗組員たちです。
喜ぶチャールズの父親である博士をしり目に像を奪う算段をし、ベルの命綱を切ってしまうのでした。しかし、ちょうどグレッグたちは上昇する巨大なタコの影を目撃しており、それが切ってしまったのだと思ってしまいます。その大タコは船を襲い、船員と船長たちを海の中に引きずり込んでしまいます。

こうして海底の奥に連れ込まれた船員たちと潜水艇のグレッグたちが気付いたとき、彼らはどことも知れない地に流れ着いていました。
そこに現れたアトミア(マイエル・ゴダード)と名乗る男性、そして海から現れた銀色の仮面をつけた戦士風の人間たちに連れられ、彼らは第3都市トロイと呼ばれる地に足を踏み入れます。
アトミアの話によるとここは海の底で第1、2の都市はすでに水の中でやがてここも沈んでしまうといいます。ここでの恐怖は水だけではなく、モグダンと呼ばれる怪物などもいました。
やがて彼らは第4都市バールでデルフィン(リー・ブロディー)という女性を助けたことから、彼らといさかいを起こし閉じ込められられることに…しかしなぜかチャールズだけはそのまま第5都市ゼフトに…そこで待つと言う最高審問官アトラクソンは彼にいったいなにをさせようというのでしょうか。そして今、第4都市にザークと呼ばれる怪物の襲撃が!!

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

ロスト・チルドレン

子供の夢を盗んだ者は、悪夢しか盗めない…。

ロスト・チルドレン1996年(LA CITE DES ENFANTS PERDUS)
製作国:フランス、スペイン
監督:ジャン・ピエール・ジュネ、マルク・キャロ
製作:クローディー・オサール
脚本:ジル・アドリアン、ジャン・ピエール・ジュネ、マルク・キャロ
撮影:ダリウス・コンジ
音楽:アンジェロ・バダラメンティ
美術:ジャン・ラバス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
昔、ある科学者が非常に優れた生命を作り出しました。
彼は実験室で妻子創造にとりかかります。妻は絶世の美女でしたが遺伝子の欠陥で皮肉なことに小人の美女に、自分に似せたクローンを6体作りますが彼らは眠り病に、さらに自分の分身として水槽の中で頭痛持ちの脳を発育、そしてもっとも知的な傑作として作った生命体も欠陥をもち、夢見ることができず老化速度が異様に速い男になってしまったのです。

近未来(なのかどうかも定かではない)、薄汚れた港町で子供たちの失踪事件が続発していました。
サーカスの怪力男ワン(ロン・パールマン)は、大道芸をしているときに親方を殺害され、自宅で悲しんでいましたが、街に横行する一つ目族の襲撃で、弟ダンレー(ジョゼフ・ルシアン)を誘拐されてしまいます。
ワンはひょんなことからシャム双生児の姉妹率いる孤児の盗賊団と出会い、そのリーダー格のミエットと行動を共にすることになります。しかし一つ目族のアジトに乗り込んだ彼らは捕まり、港で処刑をされることに…。

ワンの怪力を惜しんだシャム双生児たちは、サーカスの団長でもある蚤使いのマルチェロ(ジャン・クロード・ドレフュス)に仕事を依頼、ワンを救出します。一方見捨てられて海に落ちたミエットは、海を歩き回りいろいろなものを収集している謎の男に助けられます。
孤児たちの機転で運ばれるワンを助け出したミエットは、ワンと2人でダンレーの行方を追い、機雷原にいることを突き止めます。そこを突破するためには刺青の男を探し出し、機雷原の地図を見ることが必要でした。

協力し合う2人に、特別な感情が芽生えようとします。
しかし彼らの目の前にはあのシャム双生児と恐怖の蚤が…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 21:30| Comment(8) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

カプリコン・1

作り事の世界がホンモノに見える。

カプリコン・11977年(CAPRICORN ONE)
製作国:イギリス
監督:ピーター・ハイアムズ
製作:ポール・N・ラザルス3世
脚本:ピーター・ハイアムズ
撮影:ビル・バトラー
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1月4日6時3分過ぎ…カプリコン・コントロールは、火星に向かう有人ロケット発射まであと32分21秒と迫っていました。乗り込むのはブルーベイカー船長(ジェームズ・ブローリン)、ウィルス(サム・ウォーターストン)、ウォーカー中佐(O・J・シンプソン)の三人。副大統領、そしてパイロット妻たち、そして大勢の人々が見守る中、刻一刻と打ち上げ時間が迫ります。

しかし打ち上げ直前、ハッチが開きパイロットたちは有無も言えずにおろされ、ヘリで何処かへ搬送されてしまいます。そんなことを知らない人々の前で有人ロケット、カプリコンは打ち上げられ、一路火星へと向かうのでした。

3人が連れて行かれた場所で待っていたのは、ブルーベイカー船長の16年来の友人でもあり、有人宇宙計画の責任者であるケロウェイ博士(H・ホルブルック)でした。
彼の説明によると、2ヵ月前に大統領の視察があり、宇宙開発での成果が上げられていない今、今回の計画が最後のチャンスであり失敗は許されないと言い放たれてしまっていたのです。ところが制作費をケチったために、生命維持装置が欠陥品となり、3週間しか働かないことが判ったのです。
やむなく3人を降ろし、この場所に火星そっくりのセットを作り成功に見せかけようというのです。

そんな馬鹿げた計画には賛同できないと拒否する3人でしたが、現在飛行中の家族を人質にされ、しぶしぶ承諾してしまいます。
こうして世間を欺く計画は進行しました。
9ヵ月後…あとは大気圏突入後、コースを少しずらし救出隊到着前に3人を落下地点に送るだけになったとき、カプリコンは事故により大気圏で燃え尽きてしまいます。
死してなお生きている3人は身の危険を感じ施設を逃げ出しますが、ケロウェイ配下のヘリが彼らの追跡を開始、灼熱の砂漠に死の脱出行が繰り広げられるのでした。

一方、個人的にカプリコンとの通話を調べていたNASAのスタッフ、ウィンターからカプリコン計画に秘密があることを知った記者コール・フィールド(エリオット・グールド)にもNASAの暗殺者が派遣されていました!

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:18| Comment(6) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

ウルトラヴァイオレット

ここはあなたの理解を超えた世界

ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション2006年(ULTRAVIOLET)
製作国:アメリカ
監督:カート・ウィマー
製作:ジョン・バルデッチ
製作総指揮:スー・ジェット
脚本:カート・ウィマー
撮影:アーサー・ウォン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
近未来…米国兵器研究所が謎のウィルスを発見。兵士の増強剤を作ろうとして、誤って恐ろしい感染症を生み出してしまいます。その名はHGV、ヘモージ・ウィルス。
感染は広まり世界を変えてしまいました。そう、テロにおびえるのではなく、感染におびえる世界に…そして、医療機関は感染を防ぐために感染者(ファージ)を施設に収容し始めました。一度収容されると連絡は途絶えてしまいました。
生き残ったファージたちは、地下にもぐって反撃を開始しました。

医療機関TOPのフェルナンド・ダクサスは10年間ウィルス研究所と協力し、ついに地球上のファージを数日で全滅させる兵器を完成させました。
受け取りには厳重を極め、機密特使XPD154を使って運ばれるよう支持が出されましたが、彼女に成りすまし潜入したのはヴァイオレット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)と呼ばれるファージきっての凄腕暗殺者でした。
彼女は首尾よく秘密兵器を奪取しますが、その途中、その中を見てしまいます。
そしてそれが彼女の運命を変えてしまいました。そのときからヴィオレットはファージのナーヴァ、医療機関ダクサス両方から追われる立場となってしまうのでした。
彼女が見た兵器とは、そしてその効果とはいったい!

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:21| Comment(8) | TrackBack(4) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

スター・ファイター

君は宇宙同盟に召集された。ズアーとコダン艦隊から防衛線を守るのだ!

1984年(THE LAST STARFIGHTER)
製作国:アメリカ
監督:ニック・キャッスル
製作:ゲイリー・アデルソン、エドワード・O・デノート
脚本:チャック・ラッセル、フランク・ダラボン
撮影:ジョナサン・ベテュエル
撮影:キング・バゴット
音楽:クレイグ・サファン
CG総指揮・製作:ジョン・ホイットニーJr

ストーリー
カリフォルニア州の田舎町…気のいい仲間たちがトレーラーで暮らしている公園「スターライト・スターブライト・トレイラーパーク」での出来事。
管理事務所の息子アレックス(ランス・ゲスト)はトラブル解決のためにガールフレンドのマギー(キャサリン・メリー・スチュアート)と遊びに行くこともできず、仕事が終わった後ゲームをしていました。
そのゲーム「スター・ファイター」はガン・スターと呼ばれる戦闘機を操り、ズアーとコダン艦隊を次々と撃破していくシューティングゲームでした。かなりの反射神経と集中力を要求されるゲームでしたが、彼は次々と敵を倒しついにハイスコアーをマークするのでした。

戻ってきたマギーやトレーラーの人々の集まる中で、彼はヒーローとなるのでした。しかしそれはあくまでもバーチャルなゲームだけの話、現実では大学の奨学金がもらえなくなったりいいことは何もありません…いたたまれなくなり外へ飛び出したアレックスでしたが、そのときゲームマシンが異様な音と光を放ち、どこからともなく見たこともない車が現れました。不思議そうに車に乗り込んでしまったアレックスはそのまま出ることができなくなりしかも宇宙空間に突入してしまうのでした。

運転していた男セントーリ(ロバート・プレストン)はゲームマシンを開発した男で、これは「スター・ファイター」を選別するマシンでもあるという。アレックスはゲームをすることによりスター・ファイターに選ばれたというのです。
やがて到着した宇宙基地ライロスにはゲームで彼が操ったガン・スターの実物大が所狭しと並び、彼と同じく各星から選抜されたスター・ファイターたちが集まっていました。そして現実にズアーとコダン艦隊との攻撃が始まろうとしていたのです。
事情は飲み込んだもののクリーチャーとしか思えない異星人たちの間に混じり、生死をかけるなどアレックスにとってはとても考えられないことでした。
名誉あるスター・ファイターになることを断り、地球に戻ってきたアレックスでしたが、ズアーはすでに彼を敵とみなして暗殺者を送り込んできました。
傷付きながらも彼を救ったセントーリに、アレックスはもう一度宇宙へ行く決心をします。しかし宇宙基地はコダンの隕石砲の攻撃を受け壊滅寸前、頼みのスター・ファイターも全滅していました。

今や最後のスター・ファイターとなったアレックスは宇宙同盟のスーツを着込み、整備士グリック(ダン・オハーリー…って素顔は出ませんが)とともにガン・スターで宇宙空間に飛び立つのでした!

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 SF game
posted by 白くじら at 00:07| Comment(4) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

ブロブ 宇宙からの不明物体

ピンクのスライムと言ったら…。

1988年(THE BLOB)
製作国:アメリカ
監督:チャック・ラッセル
製作:ジャック・H・ハリス、エリオット・カストナー
製作総指揮:アンドレ・ブレイ
脚本:チャック・ラッセル、フランク・ダラボン
撮影:マーク・アーウィン
音楽:マイケル・ホーニッグ

ストーリー
10月…とある田舎町アーバービルに突如隕石が落下…ゴミ拾いの老人が隕石を調べに行き、隕石の中にうごめくピンク色のぶよぶよな物体に飛びかられてしまいます。
不良少年ブライアン(ケヴィン・ディロン)が老人に出会いますが、老人は痛みと驚きのために逃げ出し、ちょうどそこに通りかかった初デートのポール(ドノヴァン・リーチ)とメグ(ショウニー・スミス)の車にぶつかってしまいます。
彼らは老人を病院に付けて行き、ようやく安心かと思われたのですが、老人は寝かされている間に謎の物体に腕、下半身と溶かされ絶命してしまいます!

さらに警察に連絡したポールも天井から落ちてきた物体に襲われ溶かされてしまうのでした。
2人を食べた物体は大きく成長し、そのまま町の人を次々と襲って行きます。
逃げ回るメグとブライアンは、山の中で防御服を着込んでいた人たちに出会います。
その内の一人はメドウズと名乗り、生物を研究している学者だと名乗りますが…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 SF
posted by 白くじら at 22:03| Comment(6) | TrackBack(2) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

アウトランド

家族を捨ててまでやる仕事なの!?

アウトランド1981年(OUTLAND)
製作国:アメリカ
監督:ピーター・ハイアムズ
製作:リチャード・A・ロス
製作総指揮:スタンリー・オトゥール
脚本:ピーター・ハイアムズ
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット
音楽:ロビン・グレゴリー
特撮:ジョン・スティアーズ、ロイ・フィールド

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
イオ…木星の第3の月、直径2,273マイル、木星からの距離262,070マイル。基地からの距離70時間。
補給はスペース・シャトル週に1回。表面重力地球の1/6。
宇宙共同開発会社衛星基地27では、作業は全て国際工業連合の委属により、人員2,144の構成は、労働人員1,250、補助員714、管理および整備要員180。家族の同居が許されているのは、管理職4等級以上でした。

ここに赴任して来た警備責任者である連邦地方保安官のオニール(ショーン・コネリー)は、まだ2週間しか経っていないというのに、まるで自殺にも等しい事件を次々と目撃してしまいます。
すでにこの環境に耐えられなくなって来ていた家族とも別れ、部下にも死なれながらもオニールは、病院の女医ラザレス(フランシス・スターンハーゲン)の協力によって、自殺者の血液からコーシマルという陸軍が開発した覚醒剤を発見します。これを服用することによって何倍もの仕事をこなすことが可能、しかし、その副作用は分裂症を引き起こしてしまうのです。

彼らの背後に総支配人であるシェパード(ピーター・ボイル)が絡んでいることに気づいたオニールでしたが、彼はそれを否定しつつも、遠まわしに賄賂を渡そうとします。それを蹴ったオニールは、この基地でただ一人孤立してしまったことを感じます。
生活者だけでなく、警備員たちまでもがシェパードの力を恐れて手助けを拒否して来たのです。

一方、自分の力に屈服しないオニールに、シェパードは基地から殺し屋2人を呼び寄せるのでした。
シャトル到着まで70時間、孤立無援となったオニールははたして…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 22:24| Comment(8) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

サウンド・オブ・サンダー

過去の変化は段階的にやってくる。波紋の輪が広がるように…。

サウンド・オブ・サンダー デラックス版2004年(A SOUND OF THUNDER)
製作国:アメリカ
監督:ピーター・ハイアムズ
製作:フィル・アンシュッツ、ハワード・ボールドウィン
製作総指揮:ハワード・ボールドウィン、ジャネット・ラザール
原作:レイ・ブラッドベリ『いかずちの音』
脚本:トーマス・ディーン・ドネリー、クレマン・アンラタルネ
撮影:ピーター・ハイアムズ
音楽:ニック・グレニー=スミス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
2055年、夢の技術が誕生しました。しかし、そこには世界に大変化をもたらすか、あるいは破壊する危険が潜んでいたのです。
ハットン(ベン・キングスレイ)は、その技術を金儲けの道具にしていました。
彼が作り上げたタイム・サファリ社では白亜紀にタイムトラベルし、かつてないスリルを味わうことができるハンティングを売りにしていました。
ただし未来を変化させる恐れのない、火山で死亡寸前の恐竜をハントするという内容でした。これならば未来への影響もないと考えたわけです。
ライヤー博士(エドワード・バーンズ)は管理者であり、ハントの同行リーダーでもありました。

あるとき、6年待ちの予約を倍の値段で無理やり購入した2人の客のハント中、トラブルを起こした銃器のためにいつものタイミングでハントすることができませんでした。
なんとか未来に戻ったものの、外では急に植物が繁殖したり、どこかおかしい。
ライヤー博士は、システムの生みの親ソラア・ランド(キャサリン・マコーマク)に、警告を受けますが、ときすでに遅く、やがて2人の客が過去から何かを持ち帰ったことが発覚。
世界はまるで波紋が広がるように、新たな進化を始めるのでした。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 22:53| Comment(10) | TrackBack(5) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

アイランド

君には特別な目的がある。

アイランド 特別版2005年(THE ISLAND)
製作国:アメリカ
監督:マイケル・ベイ
製作:マイケル・ベイ
原案:カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
脚本:カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
リンカーン・6・エコー(ユアン・マクレガー)は、今日も自分が『アイランド』へ旅立ち、その途中、ボートから突き落とされておぼれる夢を見てしまいます。
『アイランド』とは理想の地であり、汚染されていない最後の楽園なのです。

2019年…地球は汚染され、わずかに生き残った人々は管理運営されているシェルター内のみで生活していました。
楽園である『アイランド』には抽選か、もしくは妊娠した女性だけが移住を許されていました。
いつも同じ服、同じ靴、そして管理された食事に適度な運動…リンカーンはそんな世界に疑問を持ち始めていました。どうして靴が白でなければならないのか、どうして好きなことができないのか。アイランド行き以外の目的が欲しいと…。

ある日のこと、話に付き合ってくれているマッコード(スティーヴ・ブシェミ)に会いに行ったときに、虫を発見します。
外界は汚染されているのにどうして虫が、それ以前にどうして汚染を知らせる警報が鳴らないのか…不思議に思ったリンカーンは、虫を解き放ち、別の空間への入り口を発見してしまいます。そこで彼が見たものは…。

リンカーンは『アイランド』行きが決まって喜んでいるジョーダン・2・デルタ(スカーレット・ヨハンソン)に説明をし、一緒にシェルターを脱出しようとします。
それを知った管理者のメリック(ショーン・ビーン)は、ただちに施設を閉鎖し2人を追いかけようとするのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:28| Comment(10) | TrackBack(4) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

タイム・マシン

慌てなくていい、世界中の時間が君のものだ。

タイム・マシン(1960年版) 特別版1959年(THE TIME MACHINE)
製作国:アメリカ
監督:ジョージ・パル
製作:ジョージ・パル
原作:H・G・ウェルズ
脚本:デヴィッド・ダンカン
撮影:ポール・C・ヴォーゲル
音楽:ラッセル・ガルシア

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1899年大晦日の南イギリス、若き科学者ジョージは友人4人を招き、タイムマシンが出来たことを説明、そのミニチュアをみんなの前で100年後にタイムジャンプさせて消してみました。ところが嬉しそうな彼とは対象的にみんなは何の感動も現しません。ただ1人フィルビーだけは彼に「ホントだとしても無謀な実験はやめるように」と忠告するのでした。

うなだれたジョージはみんなを帰し、手伝いのワチェット夫人も帰した後、ただ1人研究室に閉じこもりました。
そこにはミニチュアそっくりの…いや、こちらが本物のタイム・マシンが置かれていました。
彼は座席に座ると、レバーをゆっくりと未来への方へと押し倒しました。
周りがぼやけびっくりしたジョージはすぐにマシンを止めました。特に変わったことはなく…と時間が6:31だったのが8:9に!自分の時計ではわずかな時間しか経っていません。
気をよくしたジョージはさらに時間を進め、1917年、1940年と未来へと進みます。フィルビーが戦争で死に、その息子にも出会い、そして彼がいつまでも自分の帰りを待っていたことも知りました。
1966年、イギリスは核攻撃にさらされ地が割れ大地が隆起しました。そのため彼は周囲の岩が取り除かれるまで時間を進めました。そして年代は…。

802701年、到着した場所は不気味なスフィンクスの前でしたが、周囲は今までとは一転して木々は茂り、果物もたわわに実っていました。壊れかけたドームには丸テーブルに2段重ねの座布団…やがてジョージは日光を浴び水遊びをしている人類を発見します。
彼が平和な世界にほっとしていたとき、1人の女性が川に流されました。悲鳴を上げる彼女を助けるものは誰一人としていませんでした。ジョージは飛び出しその女性を助けますが、その間も、いや、その後も彼を気にするものはいませんでした。

彼女の名前はウイーナ(イヴェット・ミミュー)、種族の名前はイーロイと言いました。
どうやら彼女の種族は好奇心というものがまったくなく、ドームで連れて行ってもらった図書館にあった本もその時点で歴史を止めていたようです。彼らは文明というものを放棄した種族だったのです。
あまりのことに悲しみを超えて怒りさえ湧き上がったジョージは、ドームから走り去りタイム・マシンで元の時代に戻ろうとします。
ところがマシンは無く、スフィンクスの分厚い閉ざされた扉の奥へと跡が付いていました。
ついてきていたウイーナに、ここはモーロックという種族が住む場所で、彼女たちは服と食べ物をもらうかわりに命令に従っているのだと言われます。さらにウイーナに喋るリング(歴史の記憶装置)の存在を教えてもらったジョージは、人間の末裔がイーロイとモーロックであり、何かのきっかけでモーロックが支配者となりイーロイが家畜のような関係になったことに気付きます。
ジョージはモーロックたちのいる地下世界へと降りていく決心を固めますが…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

タイムライン

どこのどいつがこんな美しい彫刻を台無しに!

タイムライン2003年(TIMELINE)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・ドナー
製作:リチャード・ドナー
製作総指揮:ゲイリー・レヴィンソン
原作:マイケル・クライトン
脚本:ジェフ・マグワイア

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
40度近い砂漠のハイウェイ、突然姿を現した男タウブは、通りかかった車で病院に運ばれますが、不思議なことに全てがズレ、血管すらズレてしまっていました。
彼の遺骸を取りに来たのは、肉親たちなどではなく巨大企業ITCのゴードンという男性でした。

フランス、カステルガール。
ジョンストン教授率いる発掘隊は、1357年の歴史を調査しつつ、修道院跡を発掘していました。
ところが教授が大口支援者のITCに出向いて留守の間に、修道院で崩落が発生。調べていたマレクとケイトはその場にメガネのレンズと、1357/4/2の日付の入った「助けてくれ、E・A・ジョンストン」という手紙を発見します。
これはいったいどういうことなのか…教授の息子であるクリスを始めとする発掘メンバー5人は、ニューメキシコ州シルバーシティーにあるITCで社長から、教授が転送機の実験中に行方不明になったことを知らされます。
転送機は、なんということかゲートポイントをカステルガールに固定化され、時代も1357年に限定してしまうという誤動作をしてしまっていたのです。

スターンを除くクリス、マレク、ケイト、フランソワ、そしてITCからはゴードン、ゴメス、バレットの7名は、教授を探しに行くべく14世紀は中世のフランスへと向かうのでしたが、そこは彼らが思っていたほど安穏とした時代ではなく、付いた早々、英国軍のド・ケア部隊と遭遇、ゴメスとバレットは死に、しかも死の瞬間手榴弾を握ったまま現代に戻ったために、装置も半壊してしまいました。
残された一行は、英国軍から逃げ出すことができず教授のいる場所と同じところに幽閉されてしまいます。その最中、フランス人であったという理由だけでフランソワは無残にも殺されてしまいます。

一行は現代の知恵を使い(?)脱出を慣行するのでしたが、との途中でアレクは逃げるときに知り合っていた女性が英国人に囚われていることを知り助けに向かい、残ったクリスと教授たちも別ルートで逃げ出します。
マレクは自分が救った女性に一目ぼれをしてしまいますが、彼女こそ、フランスのアルノーの妹で、英国のラロック城陥落のキーとなっているレディ・クレアであることを知ります。
劣勢だったフランス軍は、クレアの死によって怒った兵たちの活躍によって起死回生の逆転劇を…その彼女を助けてしまったマレクは…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 21:24| Comment(8) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

タイムクラッシュ 超時空カタストロフ

それはニュースで悲惨な事故を見るのと同じだ!

1999年(THE TIME SHIFTERS)
製作国:アメリカ
監督:マリオ・アゾパルディ
製作:トム・ルーズ
製作総指揮:カート・インデルヴィッツェン、ケイリー・ブロコウ、J・J・ジェーミソン
脚本:カート・インデルヴィッツェン、ゲイ・ウォルク
撮影:デリック・V・アンダーシュルツ
音楽:フレッド・モーリン
特撮:ジョン・D・B・コックス

ストーリー
2200万人に電気を供給するエバンストン発電所…ジャーナリストのトム・メリック(キャスパー・ヴァン・ディーン)は、燃え盛る炎の中で実況中継をしていました。その避難の最中、メリックは落ちてきたコインを拾い、その一瞬の行為が同行していたカメラマンと生死を分かちます。焼け落ちた瓦礫でカメラマンたちは死に、メリックは生き残ったのです。

2年後…事故の後すっかりすさんでしまっていたメリックは、ニュースの真相社に雇われ、20世紀の惨事というテーマで記事を書くことになります。
資料を管理しているエリザベス(キャサリン・ベル)に資料を頼み、調べていたメリックはあることに気づきます。それは帽子をかぶった男が、タイタニック号、ヒンデンブルグ号、ハリケーンなどの大惨事の現場に写っていたのです。

元のデータを調べるために飛行機に乗った彼は、同じ機内でその男を目撃してしまいます。いてもたってもいられないメリックは、男が席をたった隙に荷物を調べ、スリルシーカーと書かれたパンフレット発見。そこには世界で起きた10件の大惨事が載っていました。しかも過去だけではなく2000年の6月15日…つまり今、この222便が空中衝突するという記事まで!とても信じられないながらも拳銃を取り出し、飛行機をハイジャックするメリック。帽子男はトイレに逃げ込み姿を消すものの、彼はパイロットに指示しあわや衝突するところをかろうじて回避させます。
メリックはハイジャック犯としてFBIに引き渡されます。彼が言う空中衝突の事故、そして次に起こる地下鉄脱線事故のことなど到底信じることはできなかったのです。

一方、未来のタイム移動を可能とし、それを観光として提供している会社スリルシーカーは、この空中衝突を回避されたことによって多大な被害を受けていました。タイム装置を作った人間が、本来惨事で死んでいたはずの人物との交通事故で死んでしまうという未来ができてしまったのです。
スリルシーカーはこれ以上の未来への被害を食い止めるため、2人の人間を現代に派遣、メリックの行動を阻止するために動き始めるのでした。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

タイムマイン

たった一週間で20年も歳をとった!

タイムマイン スペシャル・エディション2002年(CLOCKSTOPPERS)
製作国:アメリカ
監督:ジョナサン・フレイクス
製作:ゲイル・アン・ハード
製作総指揮:アルビー・ヘクト
原案:ロブ・ヘデン
脚本:ロブ・ヘデン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
アメリカ航空1243便コスタリカ行きに乗ろうと、金にモノをいわせてチケットを買い取り飛行機に乗り込もうとしていた男は、不思議なことに周りが止まっているような中、飛行場の前に止まっていた車に連れ込まれました。これはいったい??

高校生のザックはアンティークショップで珍しいモノを買っては、インターネットのオークションで売ってお金儲けをしている普通の子…えっ?でもいるよね。そしてようやく車を買えるほどのお金を貯めたものの、大学教授の父ジョージ・ギブスは自分を信じてくれず、まずは情報を集めろのなんのと、のらりくらりと話をかわしてしまいます。

そんなある日のこと、ザックは父親が組み立てていた腕時計を発見し、身に付けてしまいます。
ガールフレンドのフランチェスカの家でその時計のスイッチを押した彼は、周囲が停止し、いやゆっくり動くようになり、その中で自分が自由に動き回ることができることに気づきます。
触れていれば、一緒にこの世界に入れることが判ったザックとフランチェスカは、街中でイタズラをして遊びだすのでした。

ところが夜になって家に戻ったザックは、停止した世界の中で動き回る影を発見します。
それは時計を探しに来たQTラボの男たちだったのです。
彼らのラボで研究していたハイパータイムを実現する装置、それがあの腕時計。この装置は自分の速度を速め、周囲をまるで止まっているかのようにするいわゆる「加速装置」を実現したものの、その副作用として加速者の時間も経過して老化してしまうというものでした。
開発したドップラー博士は、QTラボに内緒で自分の先生でもあるギブス教授に、組み立てを頼み込んでいたのでした。

同じハイパータイムの時計を持つQTラボの職員たちは、問答無用でザックを捕まえようとします。
頼みのハイパータイムが使えないザックは逃げ出すのでしたが…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF コメディ
posted by 白くじら at 16:13| Comment(3) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

モンスターアイランド

MTV主催のライブには巨大昆虫も満足?

2004年(MONSTER ISLAND)
製作国:アメリカ
監督:ジャック・ペレス
製作:ドン・ウェスト
製作総指揮:イラン・ブレイル
原案:ジャック・ペレス
脚本:ジャック・ペレス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
高校生ジョシュ・クルーガーに突然おとずれた幸運、それは50万通から当選し、MTV主催のカーメン・エレクトラのライブにクラス全員を招待できたこと。
実は勝手に妹ジェンが申し込んだもので、もともと騒ぐのが嫌いなジョシュは、恋人だったマンディに振られたこともあってやれやれといった様子。それでも仕方がなくライブのホストとして…ライブ場所はバミューダの弧島。

ところがステージで歌っていたカーメンは、突然襲ってきた巨大羽蟻に遠くにある山へと連れ去られてしまいます。
あっさりと彼女を見捨て、逃げ出す算段を始めるプロデューサのボブに、開演前にカーメンに出会って知り合いになっていたジョシュは、クラスメートに彼女救出を叫びます。
こうしてジョシュと2人の友人、ジェン、格好付けのチェイスと現恋人になっているマディ、そして金になると付いてきたMTVクルーの2人は、彼女を救うために山へと向かうのでした。
そんな彼らを迎え撃ったのは、島に住む巨大な昆虫や謎のピラニアマン…だったのです!

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。