映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2010年01月03日

仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010

本当の終わり、そして本当の始まり
東映ヒーローMAXスペシャル W×DECADE (タツミムック 東映ヒーローMAX SPECIAL)
2009年製作国:日本
監督:田崎竜太原作:石ノ森章太郎(石森章太郎プロ)
製作:『W&ディケイド』製作委員会製作総指揮:
脚本:米村正二、三条陸撮影:倉田幸治
音楽:鳴瀬シュウヘイ、中川幸太郎、『Stay the Ride Alive』GACKTamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

仮面ライダーディケイド 完結編
あのライダー対戦のあと、仮面ライダーディケイド門矢士(井上正大)は、生き残りのライダーたちを次々と倒していきます。残るはユウスケ(村井良大)の仮面ライダークウガのみ。
そして豹変した士をなんとか元に戻そうとする夏海(森カンナ)は、キバーラ(声:沢城みゆき)の力をかり仮面ライダーキバーラとなるのでしたが…。
一方、ゾル大佐、スーパー死神博士を復活させたショッカーは、新たなるスーパーショッカーとして最強の怪人を作り出そうとしていました。

仮面ライダーW ビギンズナイト
クリスマスも近づいた日のこと、鳴海探偵事務所は「亡き」姉を探して欲しいという依頼を受けます。調査を進める翔太郎(桐山漣)とフィリップ(菅田将暉)でしたが、なんとその前に、あのビギンズナイトで死んだはずのおやっさん鳴海荘(吉川晃司)があわられます。動揺するWは変身した仮面ライダースカルの前に惨敗、仲たがいを始める二人はいつしか始まりの地へと向かうのでした。

MOVIE大戦2010
それぞれの敵を追ってディケイドとWは同じ地へとたどり着きます。そこにはスーパーショッカーの作り上げた究極の生命体アルティメットDが待ち構えているのでした。

感想はコチラから ▼



posted by 白くじら at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

キッズ・ミッション

山は騙せない。代償を払うときが来たんだ。
キッズ・ミッション [DVD]
2002年(KIDS MISSTION)製作国:デンマーク、スウェーデン、ノルウェー
監督:ハンス・ファビアン・ウレンウェバー原案:ハンス・ファビアン・ウレンウェバー
製作:製作総指揮:
脚本:ニコラジ・アーセル撮影:ジャコブ・ビット・カスト
音楽:amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
デンマーク、ゴーカート場を経営するクラウス・ヨハンセンは、昔は登山でならした人でしたが、9年前、エベレスト登山中に落下して負傷、それがきっかけで引退していました。
彼の娘イーダは友人たちから「クライマー」と呼ばれるほどの腕前、しかし両親はそれを良しとせず、別のスポーツを勧めているのでした。

ある日のこと、台所にいたクラウスが突然倒れました。
9年間ゆっくりと進行していた、ギランバレー症候群のために体が動かなくなってしまったのです。足の感覚がなくなり、筋肉を動かす脳神経が脊髄で切れるというこの難病の治療法は、未だ確立していませんでした。
シアトルにある私立病院であれば…しかし実験的治療には政府の補助金が出ず、この治療にはおよそ22万ドルが必要でした。

必死に金策に走る母を見守りながら、イーダはTVで見た建設中のCCT銀行ビルのことを思い出していました。
この新しい銀行の金庫は、シャフトの上30メールにあり盗むことは不可能だと、さらに保安システムが完成するまではロットワイラー犬、殺人犬が放されていました。
イーダは養子の弟セバスチャンと、彼女に想いを寄せているビデオカメラオタクのヨーナスとともに銀行を襲う計画を立てます。
セバスチャンは設計図を、ヨーナスは犬の対策を、そしてイーダは銀行のシステムとパスワードをと…そして行員パーティがある金曜日の夜、作戦決行の時刻はきた!

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

アレックス・ライダー

『ストームブレイカー』セイル社から近日発表!
アレックス・ライダー [DVD]
2006年(STORMBREAKER )製作国:ドイツ、アメリカ、イギリス
監督:ジェフリー・サックス原作:アンソニー・ホロヴィッツ
製作:スティーヴ・クリスチャン、アンドレアス・グロッシュ、マーク・サミュエルソン製作総指揮:ヒラリー・ダグデイル、ナイジェル・グリーン、アンドレアス・シュミット
脚本:アンソニー・ホロヴィッツ撮影:クリス・シーガー
音楽:アラン・パーカーamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
アレックス・ライダー(アレックス・ペティファー)は中学生(14歳)、両親は子供のころに他界し、叔父イアン(ユアン・マクレガー)と長年勤めている家政婦のジャック(アリシア・シルヴァーストン)と暮らしていました。

しかしある日のこと、コンウォールへ出張に行っていた叔父が交通事故で死んだという知らせが…葬儀の日、アレックスはR&G銀行の頭取であるブラント(ビル・ナイ)、その部下クロフォードとジョーンズに出会います。
実は彼らは英国諜報機関MI6の諜報員で、アレックスを最年少のスパイになるように勧めるのでした。実は叔父も諜報員の一人であり、アレックスが自分で決めていたと思っていたスポーツ、武術なども、彼が巧みにスパイに必要な能力を教えるために誘導していたのです。
ボスのブラントは、その能力をかっており、殉職したイアンの任務を引き継ぎ叔父の仇を討つように言い、アレックスが渋ると、ジャックのピザが切れていることを盾にし永住ビザを与える代わりに任務を遂行するように言うのでした。

こうしていやおう無しにスパイになったアレックスは、特殊部隊訓練キャンプ・ウェールズでの訓練を経て、IT事業のダリル・セイル(ミッキー・ロール)の調査にとりかかることにするのでしたが…そこで待っていたのはロンドン市民700万人を危機におとしめる巨大な陰謀!
はたしてアレックスは陰謀を食い止めることができるのでしょうか!

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:25| Comment(8) | TrackBack(2) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ザ・シューター/極大射程

1600メートルもの距離からの狙撃、それはあらゆるものに影響を受ける。
ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
2006年(Shooter)製作国:アメリカ
監督:アントワーン・フークア原作:
製作:ロレンツォ・ディ・ボナンチュラ製作総指揮:
脚本:ジョナサン・レムキン撮影:ピーター・メンジース
音楽:マーク・マンシーナamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
エチオピア、ルモニエ…アメリカ軍キャンプからの指示で敵を狙撃していたボブ・リー・スワガー(マーク・ウォールバーグ)とドニーは、CIA局員の作戦中止指示のために敵地の真っ只中で見捨てられてしまいます。ヘンの攻撃によって観測手(スポッター)ドニーは死亡、スワガーがただ独り生き残ることに…そして36ヵ月後。

軍を辞め山奥で暮らすスワガーの元に、ジョンソン大佐(ダニー・グローヴァー)が姿を現します。何者かが大統領暗殺を企てているというのです。
そのため第一級の狙撃手であったスワガーに、暗殺を食い止めるために暗殺計画を立てろというのです。もちろん実行ではなく計画をすることによって犯人の狙撃地点を探ろうというのです。
一度は断ったスワガーでしたが、一度はそむけた星条旗に報いるため、現地に飛ぶことにするのでした。大統領がこの2週間の内に公衆の面前に現れるのはボルチモア、フェラデルフィア、ワシントンの3箇所。状況からその内の一箇所フェラデルフィアに絞ったスワガーたちは、周りを固めるのでしたが、実行の瞬間、スワガーは背後から銃弾を受けてしまいます。必死で逃げるスワガーは途中FBI捜査官メンフィス(マイケル・ペーニャ)遭遇、犯人ではないとい言いつつも叩きのめしてしまうのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:40| Comment(10) | TrackBack(4) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

クローサー

GET CLOSER≪近づいて≫…そこは彼女の射程距離。
クローサー2002年(夕陽天使 SO CLOSE)
製作国:香港、アメリカ合作
監督:コリー・ユエン
製作:チュイ・ポーチュウ
撮影:カン・クォッマン
脚本:ジェフ・ラウ
音楽:サム・カオ、ケンジョー・タン 主題歌:カレン・モク
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
香港有数の巨大会社のネットワークにウィルスが侵入。慌てるチョウ・ルイ社長(セク・サウ)でしたが、次の瞬間、≪電脳天使≫と呼ばれる者の手によって、ウィルスは無事駆除されてしまいます。
後日、ビルに訪れた美しい女性(舒淇:スー・チー)は、自ら≪電脳天使≫と名乗り、社長に面会を求めるのでした。渡りに船とばかりに面会を認める社長でしたが、実はウィルスも駆除も自分たちの仕業だったと言う≪電脳天使≫によって殺害されてしまいます。
さらに外部からのハッキングによって、あっさりとセキュリティを突破して逃げてしまうのでした。
彼女の名前はリン。妹のクワン(趙薇:ヴィッキー・チャオ)の操作するワールド・パノラマ・システムとの協力によって暗殺を生業とするプロでした。

事件現場に現れた新人刑事のコン・ヤッホン(莫文蔚:カレン・モク)は、事件をプロの仕業と考え、相棒のマー・シウマ(マイケル・ワイ)と捜査に乗り出します。

一方、リンは偶然(実は違う)に出逢った友人ティンヤン(宋承憲:ソン・スンホン)との再会に、恋心が蘇っていました。すでに自分の手は血に染まっていることを知るリンでしたが、彼からの求婚に暗殺家業を辞める決心をします。
すでに受けていた次の仕事をキャンセルするようにクワンに伝えるリンでしたが、恋を取った姉にクワンの心情は…そしてついに独り暗殺の場所へと向かうのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

デス・プルーフ

オノの代わりに車で惨殺したってわけだ!
デス・プルーフ プレミアム・エディション2007年(デス・プルーフ in グラインドハウス DEATH PROOF)
製作国:アメリカ
監督:クエンティン・タランティーノ
製作:クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス
製作総指揮:ハーヴェイ・ワインスタイン、ボブ・ワインスタイン
撮影:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
テキサス州、オースティン…人気DJであるジャングル・ジュリア(シドニー・ターミア・ポワチエ)、シャナ(ジョーダン・ラッド)、アイリーン(ヴァネッサ・フェルリト)の3人は他愛の話をしながら、ラナ(モニカ・スタッグス)と合流するために「テキサス・チリ・ハーラー」へ。
そこで出逢ったスタントマン・マイク(カート・ラッセル)は、ラジオでジュリアがアイリーンのことを言っていたために言い寄ってきます。彼はすでにカウンターの客パム(ローズ・マッゴーワン)にも声をかけていました。

ひとしきりアイリーンと「踊った」あと、マイクとパムはジュリアたちと別れ、ボンネットに髑髏マークの車で出発します。
しかしその車内でパムは殺害され、さらに何を思ったのかマイクはジュリアたちの車を追い越し、Uターンするや全速で正面衝突を敢行するのでした。
激突のショックで彼女たちは無残に即死し、マイクもまた…。
この行為は、ジュリアたちが酒をたらふく呑み、さらに薬までしていたために事故として処理されてしまいます。

そして14ヵ月後…テネシー州レバノン。
コンビニの前で、ゾーイ(ゾーイ・ベル)、キム(トレイシー・トムズ)、アビー(ロザリオ・ドーソン)、リー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)を発見したマイクは、彼女たちを次なる獲物に標的を定めるのでした。
ゾーイたちがスピードに酔っているとき…マイクは背後から迫ったのですが…。

関連リンク
2007年「プラネット・テラー

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 16:10| Comment(12) | TrackBack(5) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

アルティメット

万人が守るべき方がある。それを順守させるのが俺の任務だ!

アルティメット DTSスペシャル・エディション2004年(BANLIEUE13)
製作国:フランス
監督:ピエール・モレル
製作:リュック・ベッソン
製作総指揮:ベルナール・グルネ
脚本:リュック・ベッソン
撮影:マヌエル・テラン
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
2010年パリ…郊外で多発する犯罪に手を焼いた政府は、危険地域の周囲に壁を築き、街の独立化を図りました。この物語はその中の1つ、13街区での出来事です。

街に住むレイト(ダヴィッド・ベル)は、街を牛耳るタハのブツ20Kg(約100万ユーロの価値)を奪取したことにより、タハの部下であるK2の襲撃を受けました。体術を酷使しかろうじて逃げるものの、K2は彼の妹ローラを人質にしてしまいます。単身乗り込み、ローラと共に警察に逃げ込みますが、すでに警察は撤退中でレイトは警察に捕らえられ、ローラは街に連れ戻されてしまうのでした。

6ヵ月後…政府が開発中のいわゆる「クリーンの爆弾((中性子爆弾)」がタハたちの手により奪われる事件が発生。しかも時限装置が働きタイムリミットは24時間!事件解決に潜入捜査官のプロフェッショナルであるダミアン(シリル・ラファエリ)が選ばれました。
相棒(案内役)には13街区に詳しい、投獄中のレイトが抜擢されます。
反駁し合う2人でしたが、妹ローラを救うため、200万人の住民を守るために、タハたちとの戦いを開始するのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:37| Comment(8) | TrackBack(2) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

DOA デッド・オア・アライブ

私は箱の中の虫じゃない。運命は自分で決める!

DOA デッド・オア・アライブ デラックス版2006年(DOA:DEAD OR ALIVE)
製作国:アメリカ、ドイツ、イギリス
監督:コリー・ユン
製作:ベルント・アイヒンガー
製作総指揮:スティーヴ・チャスマン
脚本:J・F・ロートン
撮影:チャン・チーイン
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
日本、石狩山脈…抜け忍となりDOAに出場した兄ハヤテが死んだという報告を受け、一族を導くことを強要されつつも、王女かすみ(デヴォン青木)は兄の死を信じませんでした。
兄の友人ハヤブサ(ケイン・コスギ)、そしてあやね(ナターシャ・マルテ)たち一族の制止を振り切り、彼女は山から飛翔しました。そんな彼女の元へDOAへの招待状が!
時を同じくして、南シナ海でクルージングを楽しんでいた元プロレスラーのティナ(ジェイミー・プレスリー)、香港で暗殺と盗みのプロとして活躍していたクリスティ(ホリー・ヴァランス)たちのもとにも招待状が届きます。

一行はとある島で、世界最高の格闘技決戦を行うために召集されたのです。
優勝者には名誉と賞金1000万ドルが…しかし彼らを集めた主催者ヴィクトール・ドノヴァン博士には、格闘技決戦以外に真の目的があったのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 14:49| Comment(8) | TrackBack(4) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

300<スリーハンドレッド>

服従はしない、退却はしない、降伏はしない、それがスパルタの掟!

300〈スリーハンドレッド〉 [DVD]2007年(GERARD BUTLER "300")
製作国:アメリカ
監督:ザック・スナイダー
製作:ジャンニ・ヌーナリ、マーク・カントン、バーニー・ゴールドマン、ジェフリー・シルバー
製作総指揮:フランク・ミラー、デボラ・スナイダー、クレイグ・J・フローレス、トマス・タル、ウィリアム・フェイ、スコット・メドニ、ベンジャミン・ワイズブレン
原作:フランク・ミラー、リン・バーリー
脚本:ザック・スナイダー、カート・ジョンスタッド、マイケル・B・ゴードン
撮影:ラリー・フォン
音楽:タイラー・ベイツ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ギリシア、スパルタでは、生まれつき欠陥があるとわかった子供は谷に捨てられ、7歳から母親と別れ暴力の世界へと出て行きます。そして飢えた猛獣と戦い生き残った者が成人として認められるのです。

紀元前480年…スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)の元に、ペルシア帝国からの使者が訪れました。使者は今までに征服した国の王の髑髏を手に、ペルシア大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)に『土地と水』を差し出すよう言い放ちました。それはスパルタに降伏しろといっているのと同じことでした。
レオニダス王は、女、子供たちの自由を守るため、使者を葬り去るのでした。

ギリシアに敵対したレオニダス王は、神の意思を伝える司祭に、戦うことを伝えに行きましたが、欲に溺れる司祭たちはすでにペルシアの息がかかっており、出兵を禁じられてしまいます。苦悩する王に声をかける王妃ゴルゴ(レナ・ヘディー)。

「自分の心に従いなさい」

かくして、王のもとに集まったのは親衛隊隊長(ビンセント・リーガン)以下、友人ディリオス(デイビッド・ウェナム)、隊長の息子ステリオス(マイケル・ファスベンダー)ら300人の戦士。彼らスパルタの精鋭、そして海岸線の細い関門(ホットゲート)での戦いならば勝算はあるとレオニダス王は考えていました。
途中、ダクソス(アンドルー・プレビン)率いるアルカディア人の援軍をも加え、戦いの地テルモピュライへと向かう一行。そしてついに戦いの火蓋は切って落とされたのです。

一方、王妃ゴルゴは、なんとか王に援軍を派遣してもらおうと、議会のメンバーに頼み込もうとしていましたが、もっとも発言力を持っていたのは、彼女に想いを寄せ、しかもペルシアと通じている噂のあるセロン(ドミニク・ウェスト)だったのです。

空が黒くなるまでに埋め尽くされる矢の猛襲!
ペルシア帝国100万の兵に対し、精鋭スパルタ戦士300人で構成される『スパルタの盾』は一歩も引かないどころか逆に圧倒的パワーで敵を粉砕し、ペルシア大王クセルクセスを驚かせるのでしたが、混合帝国であるペルシアには、戦闘集団である不死部隊アタナイト、魔術師たち、巨大サイ、巨大ゾウなど強敵が控えていたのです。
さらに…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 アクション
posted by 白くじら at 21:53| Comment(26) | TrackBack(8) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

奪還DAKKAN アルカトラズ

テロリストたちはひょっとして鳥頭?

奪還 DAKKAN-アルカトラズ-2002年(HALF PAST DEAD)
製作国:アメリカ
監督:ドン・マイケル・ポール
製作:エリー・サマハ
共同製作:フィル・ゴールドファイン
製作総指揮:クリストファー・エバーツ
共同製作総指揮:ランダル・エメット

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
よみがえった難攻不落、脱出不可能と言われたアルカトラズ刑務所…今ここに囚人たちが送り込まれてきました。その中におとり捜査をするFBI捜査官であるサーシャ(スティーヴン・セガール)の姿がありました。

時を同じくして死刑執行が行われることに…その囚人は2億ドルの金塊のありかを黙秘したままでした。
傭兵部隊が進入して来たのはそんな時です。立会いの裁判官、記者などを人質に、囚人に金塊のありかを白状させようと迫ります(ずっと黙秘していたにしては、妙に人に優しい人みたいで簡単に喋りそう)。しかしこの事件はヘリの墜落を期にFBIの知ることにっていうか、通信不能で何故判る!しかも犯人自らFBIに連絡して脱出経路を用意しろと迫って、白状させることを忘れて、裁判官をFBI用の人質にしてしまうし。おかしい、おかしいぞこの傭兵達!自滅の道を歩んでいる!てなことをしている内に、案の定サーシャと囚人たちの手により、2億ドル強奪犯を奪われてしまうのも…うーん、無理ないかな。
こうして人質を救出するために、サーシャと囚人たちVS傭兵部隊との戦いが開始されたのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

暴走特急

そなえあればチャンスあり!(デイン談)

暴走特急1995年(UNDER SIEGE 2)
製作国:アメリカ
監督:ジョフ・マーフィ
製作:スティーヴン・セガール
共同製作:ジュリアス・R・ナッソー
脚本:リチャード・ヘイテム
撮影:ロビー・グリーンバーグ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
NASAで開発された偵察衛星グレイザー1号が作動を開始しました。その能力は海岸で寝ている女性をキッチできるほど…。
この成功にNASAが歓喜を上げているころ、レストランのコックであるケイシー・ライバック(スティーヴン・セガール)は休暇をとり、姪のサラ(キャサリン・ヘイグル)とともにロサンゼルスへ行くことにしていました。この休暇旅行は飛行機事故で死んだ兄ジェイムズ・A・ライバックの葬式にもいけなかった、せめてもの罪ほろぼしでした。

デンヴァー発、ロサンゼルス行き大陸横断特急に乗り込む2人。最初はギクシャクしていた2人もしだいにうちとけはじめます。ところがこの列車にはNASAの研究員であるギルダー大尉と、その恋人が乗り込んでいました。
NASAを首になったそもそもの衛星開発者のデイン(エリック・ボゴシアン)は、ペン(エヴァレット・マクギル)率いるテロ集団を組織しコロラド基地を襲撃。ヘリ2機を奪い特急に乗り込んできました。
手際のいいプロ集団はあっという間に列車を占拠、乗客は後部2両に移され、ギルダーたちも捕まり衛星のコードを聞き出されてしまいます。

ライバックはサラのためにご馳走を作ろうと、厨房車両にいたために助かりましたが、そこにやってきた犯人をあっさり片付けたために車両は蜂の巣に!かわいそうにコックたちは死んでしまいます。
冷蔵庫に逃れて助かったライバックは、荷物車両で隠れていたポーターのボビー(モーリス・チェスナット)を相棒に、列車奪回作戦を開始しました。
しかし…コードを手に入れたディンは、グレンザー1号に搭載されていたレーザー兵器を使い、デモンストレーションとして中国の工業地帯を壊滅させ、次いで国防総省をもその標的にするのでした!

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 19:28| Comment(4) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

沈黙の断崖

ポーカーフェースは大事と叔父に教わった。

沈黙の断崖1997年(FIRE DOWN BELOW)
製作国:アメリカ
監督:フェリックス・エンリケス・アルカラ
製作:スティーヴン・セガール
共同製作:ロナルド・G・スミス
製作総指揮:ウィリアム・S・ギルモア
脚本:ジェブ・スチュアート
撮影:
音楽:ニック・グレニー・スミス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
環境保護庁(EPA)のフランクがトラックで川に突っ込み、死んだという知らせが入りました。すでに環境調査員の死亡は5名…ジャック・ダガート(スティーヴン・セガール)は、単身彼が調べていたケンタッキーの小さな町へと向かいました。

唯一の協力者であるグッドール牧師と出会い、協力者リストを手に入れますが、小さな町ではよそ者は敵視されます。ボラティア活動をしながら町にとけ込もうとするジャック、そんな彼に町のチンピラたちの嫌がらせが続きますが、もちろん彼の敵ではありませんでした。
チンピラのリーダーであるオーリンJr.(ブラッド・ハント)は、ハマー石炭社の社長であるオーリン(クリス・クリストファーソン)に頼り始めます。ハマー石炭社はこの町の炭鉱に、産業廃棄物を不法投棄していたのです。

一方徐々に町にとけ込み始めていたジャックは、教会で父親殺しの汚名を被ったサラ(マーグ・ヘルゲンバーガー)と知り合い、しだいに引かれはじめていきます。しかしそれも彼女の兄であるアール(スティーヴン・ラング)が帰ってきた時から何かよそよそしくなります。
そんな時ジャックは町はずれで大型トラックに襲われます。
ついにオーリンがジャック抹殺に動き始めたのです!

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

沈黙の要塞

白人に土地を敬わせるのだ。お前の仕事だ。

沈黙の要塞1994年(ON DEADLY GROUND)
製作国:アメリカ
監督:スティーヴン・セガール
製作:スティーヴン・セガール
脚本:エド・ホロウィッツ
撮影:リック・ウェイト
音楽:ベイジル・ポールドゥリス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
エイジス石油のリグが炎に包まれていました。
消火技師であるフォレスト(スティーヴン・セガール)は、見事爆発によって鎮火させますが、噴出防止装置に亀裂が入っていることに気付きます。友人であり現場監督でもあるヒューは、社長のジェニングス(マイケル・ケイン)が欠陥を知って使っていると叫びますが、ジェニングスはヒューの不注意による事故だと突っぱねるのでした。
フォレストはヒューの意見に賛成しつつも、社長が自分のリグにそんなことをしてどんなメリットがあるのか判りませんでした。

ヒューはこのことを環境保護庁(EPA)に打診、しかしそのことを知った社長は、部下のマクグルーダーに始末を命令します。
新しい採掘リグ、エイジス1を13日以内に動かさなければ、採掘権利がエスキモーに移ってしまい、多大な利益を失ってしまうジェニングスにとっては、ヒューの知ったトラブルは隠しとおす必要があったのです。
EPAに提出する証拠のデータを在りかを黙ったまま、悲惨な拷問によってヒューは死に、エイジス1の極秘ファイルに進入したフォレスもまた、石油漏れの調査を罠に爆発の中に…。

倒れているところをエスキモーたちに助けられ、九死に一生を得たフォレストは、エスキモーのマースー(ジョアン・チェン)の手当てを受けながら、長老シルックから白人たちが何をしているのか、どうすればいいのかを諭されます。
エイジス1起動の日は刻一刻と近付いていました。
フォレストとマースーはエイジス1に忍び込み、止めようと向かいますが、その行く手にはジェニングスが雇ったストーン率いる傭兵たちが。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

沈黙の戦艦

貴方の後ろが一番安全なのよ。

沈黙の戦艦1992年(UNDER SIEGE)
製作国:アメリカ
監督:アンドリュー・デイヴィス
製作:アーノン・ミルチャン
製作総指揮:J・F・ロートン
脚本:J・F・ロートン
撮影:フランク・タイディ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
日本の真珠湾攻撃以後、あらゆる場所で活躍をしていた米国海軍最強を誇るミズーリ号も、今回の航海を最後にその長い歴史を閉じようとしていました。
サンフランシスコに向かい出港したミズーリ号では、艦長の誕生日を祝うビックリパーティがクリス中佐(ゲイリー・ビジー)の指示の元企画されていました。ホノルルから物資を調達し、ベーツ提督からヘリで送られてくるというバンドでパーティをするというものでした。しかしクリスとは気の合わないコックチーフのライバック(スティーヴン・セガール)は、キッチンで仲間と共に指示を無視、艦長のために料理を作っていました。
怒ったクリスは、ライバックを冷蔵庫に閉じ込め、受け入れ態勢を準備するのでした。

ってきたバンドによって艦内は一大パーティ会場と化しましたが、なんとそれはクリスが手引きした革命グループのメンバーだったのです。
リーダーのストラニクス(トミー・リー・ジョーンズ)は正体を明らかにし、艦長をはじめとして抵抗する者は射殺され、全員艦前部の一画に閉じ込められてしまうのでした。ストラニクスはこの艦に積まれているトマホーク32発、内8発の核ミサイルを武器に革命を起こしたのです。
30人もの敵に敢然と戦うことになったライバック、しかし彼はただのコックではなかったのです。
今ここに、1対30の戦いの火蓋が切って落とされたのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:01| Comment(4) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

16ブロック

人が変われないというのはうそだ。

16ブロック2006年(16 BLOCKS)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・ドナー
製作:アヴィ・ラーナー
製作総指揮:ダニー・ディムボート
脚本:リチャード・ウェンク
撮影:グレン・マクファーソン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
夜勤明けで疲れきって戻ってきたジャック・モーリス(ブルース・ウィリス)刑事は、上司に留置場にいるエディ・バンカー(モス・デフ)という男を、10時までに裁判所まで連れて行くように言われます。渋るジャックに上司は、ほんの16ブロック送るだけだからと押し付けてしまうのでした。

二日酔いで足も悪いジャックは、エディを連れて車に乗ったものの、おしゃべりなエディにうんざりして途中で知り合いのドミニクの店で酒を買うことに…そかしその隙に何者かにエディは銃を付きつけられてしまいます。間一髪男を射殺したジャックは、近くの店に逃げ込みますが、そこに姿を現したのは20年来の相棒であるフランク(デヴィッド・モース)とジェリーでした。
フランクはエディが裁判所に行き証言されると我々は終わりだと、エディを射殺するようジャックを説得しますが、ジャックにはエディを殺すことは出来ず、かといってフランクを倒すこともできず、その場かかエディを連れて逃げ出してしまいます。
目的地は裁判所。しかしフランクたちはジャックとエディを、警察の組織の力を持って包囲しようとするのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:48| Comment(14) | TrackBack(6) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

マイ・ボディガード

俺の仕事はボディガードであって、話し相手になることではない!

マイ・ボディガード2004年(MAN ON FIRE)
製作国:アメリカ
監督:トニー・スコット
原作:A・J・クィネル
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
撮影:ポール・キャメロン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
2003年…中南米では60分に1度誘拐が起きていました。犠牲者の70%は生還できません。

テンサス州エル・パソ。
対テロ部隊にいたジョン・クリーシー(デンゼル・ワシントン)は、今や酒びたりの日々。そんな彼を友人のレイバーン(クリストファ・ウォーケン)は、ファレスで部品工場を経営するサムエル・ラモスの一人娘ピタ(ダコタ・ファニング)のボディーガードの仕事を紹介します。
クリーシーにとって、ボディガードの仕事はともかく、少女の話し相手などはわずらわしく苦痛以外のなにものでもありませんでした。

逆にクリーシーが気に入ってしまったピタは、送り迎えの車の中で、あれこれ質問をしてきます。ついにクリーシーは彼女に冷たく当たってしまいます。
しかし、やがてピタとのふれあいに凍り付いていたクリーシーの心は少しずつ解け始め、二人はボディガードという枠を超え、仲のよい友人となりつつありました。
そんなとき、ピアノのレッスンにピタを送っていたクリーシーは、近づいてきたパトカーに不信を感じ…壮絶な銃撃戦が始まりました。組織的に襲ってきた敵にクリーシーは被弾し、ついにピタは誘拐されてしまうのでした。
病院送りにされてしまったクリーシーは?そして誘拐されたピタの生死は?

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:37| Comment(2) | TrackBack(1) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

エージェント・コーディ ミッション in LONDON

コード42は親の参観日です。忘れないで。

エージェント・コーディ ミッション in LONDON〈特別編〉2004年(AGENT CODY BANKS 2: DESTINATION LONDON)
製作国:アメリカ
監督:ケヴィン・アレン
製作:デヴィッド・C・グラッサー
製作総指揮:ジェイソン・アレクサンダー
原作:ハラルド・ズワルト
原案:ジェフリー・ジャーゲンセン
脚本:アシュリー・エドワード・ミラー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
CIAの誇る少年エージェント、コーディー・バンクス(フランキー・ムニッズ)は16歳になっていました。
今年もサマーキャンプと称した秘密訓練に参加していましたが、突然現れたヘリに乗り込んだ連中がキャンプを襲撃しました。コーディは、指揮官であるビクター・ディアスに、これは秘密訓練で私を守るのが任務だといわれ、見事ディアスを逃がすことに成功しました。ところが襲撃したのはCIAで、実はディアスはCIAの学習プログラムを洗脳ソフト開発に利用するために奪った犯人だったのです。

コーディは、この失敗を償うためにディスク奪回に名乗りを上げるのでしたが、CIAはもとよりそのつもり…任務に必要なクラリネットの演奏者がコーディしかいなかったからです。しかし彼は女の子にモテるために、鼓笛隊に入っていただけで…えっ、なんのこと?

こうしてコーディはディアスがディスクを渡す相手、ロンドンのダンカン・ケンワース卿に接触するため、彼の妻が教師になっている国際青年交響楽団の天才11人に加わるために旅立ちました。
コーディはロンドンで彼を待っていた、CIAのデレクとクーマーとともに作戦を練るのでしたが、彼はまだデレクがCIAの落ちこぼれで、とてつもないドジであることをまだ知りませんでした。

関連リンク
2003年「エージェント・コーディ
2004年「エージェント・コーディ ミッション in LONDON

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

エージェント・コーディ

メリーさんのヒツジはお毛々が真っ白。

エージェント・コーディ<特別編>2003年(AGENT CODY BANKS)
製作国:アメリカ
監督:ハラルド・ズワルト
製作:デヴィッド・C・グラッサー
製作総指揮:マドンナ
原案:ジェフリー・ジャーゲンセン
脚本:アシュリー・エドワード・ミラー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ブリンクマン博士をボスとする「エリス」の援助で、原油汚染を助けるナノボットの研究を続けていたコナーズ博士は、兵器を壊滅させるナノボット開発に強制的に変更されてしまいます。
このことを調査していたCIA諜報部員の連絡も途絶えてしました。閉じ込められているコナーズ博士との接点は、娘のナタリー(ヒラリー・ダフ)のみ。

CIAは彼女に近づき、恋人になるエージェントを派遣することにしました。
この任務に抜擢されたのが、1987年からCIAが行っていた諜報員育成プログラムで優秀な成績を上げていた、15歳のコーディー・バンクス(フランキー・ムニッズ)でした。
このプログラムはスパイ雑誌やグッズを買っている少年、少女がいると覆面CIAがそれとなく近づき(怪しすぎる!)、両親たちにはサマーキャンプという名目でその実、戦闘、航行技術、爆薬の扱い方を習わせるというものです。こうしてアメリカ各地には、何人もの若きエージェントが任務を待っているのです。
コーディはその中でも女性の扱いにかけては、ずば抜けていると資料に載っていたわけです。

さっそくエージェントのロニカ(アンジー・ハーモン)がコーディをCIAに連れて来、スパイ装備一式を渡しました。
ナタリーは名門ドノヴァン校へ通っているために、コーディも学校を転向し彼女と同じ授業を受けて、知り合いになろうとするのでしたが…コーディは確かに抜群の運動神経を持ってはいたのですが、実は女性の前に出ると口もまともにきけなくなるほど上がってしまうという弱点を持っていたのです。
愕然としたCIAは、彼に女性の落とし方を教えるのですが…。

関連リンク
2003年「エージェント・コーディ
2004年「エージェント・コーディ ミッション in LONDON

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

ベスト・キッド4

正しい質問にだけ、答えは大切なり。

ベスト・キッド 41994年(THE NEXT KARATE KID)
製作国:アメリカ
監督:クリストファー・ケイン
製作:ジェリー・ワイントローブ
製作総指揮:R・J・ルイス
脚本:マーク・リー
撮影:ラズロ・コヴァックス
音楽:ビル・コンティ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
大統領から特別部隊への感謝状が贈られることとなり、ボストンへやってきたミヤギさん(ノリユキ・パット・モリタ)ことミヤギ軍曹は、戦友のピアース中尉の未亡人ルイーザ(コンスタンス・タワーズ)から食事に招待されます。
その場で出会った孫娘ジュリーさん(ヒラリー・スワンク)は、孤独感から反抗的になり学校の屋上で飼っているエンジェル(タカ)だけに心を開いており、ルイーザの言うことなど聞かず彼女を困らせていました。
それを知ったミヤギさんは、心身ともに疲れたルイーザをカリフォルニアの自分の家で盆栽のさせることにして、ジュリーさん更正に立ち上がるのでした。

ジュリーさんが父親の残してくれたカラテを知っていたことから、彼女にカラテを教えようとするミヤギさん。しかし…純粋でなんでも言うことを聞いていたダニエルさんと違って、今どきの女の子ジュリーさんがワックスがけなどしようはずもなく、ミヤギさんは何か別の手を考えなければなりませんでした。

一方学校では、ジュリーさんとエリック(クリス・コンラッド)がお互い惹かれていましたが、ふとしたことから元軍人のデューガン(マイケル・アイアンサイド)率いる学校の自衛段アルファ・エリートのネッド(マイケル・カヴァリエリ)たちに目をつけられ、それが元で2週間の謹慎を受けてしまうのでした。
そんな彼女をミヤギさんは、山の中の僧院へと連れて行きました。僧院での生活は彼女の今までの生活を一転させるようなことばかり、ジョリーはいったいどうなってしまうのでしょうか。

関連リンク
1984年「ベスト・キッド
1986年「ベスト・キッド2
1989年「ベスト・キッド3 最後の挑戦
1994年「ベスト・キッド4

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 15:51| Comment(2) | TrackBack(1) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

ベスト・キッド3 最後の挑戦

心がしっかりしていれば、何も心配はない。

ベスト・キッド3 最後の挑戦1989年(THE KARATE KID PARTIII)
製作国:アメリカ
監督:ジョン・G・アヴィルドセン
製作:ジェリー・ワイントローブ
製作総指揮:シェルドン・シュレイジャー
脚本:ロバート・マーク・ケイメン
撮影:スティーヴン・ヤコネリ
音楽:ビル・コンティ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
沖縄から帰ってきたミヤギさん(ノリユキ・パット・モリタ)とダニエルさん(ラルフ・マッチオ)を待っていたのは、アパート売却という現実でした。
やむなく外に出たミヤギさんに、ダニエルさんは大学進学のお金を使った盆栽SHOPを開いてあげることにします。
陶器屋のジェシカ(ロビン・ライヴリー)ともいい関係になりそうなダニラルさんは、にこにこ顔です。

一方、あの戦いの後、すっかり寂れてしまったコブラ会はというと、9ヵ月間も生徒無し状態が続き、クリーズ(マーティン・コーヴ)はもともとのコブラ会の設立者であり、ベトナム時代の戦友でもあるダイナトックス社の社長テリー・シルバー(トーマス・イアン・グリフィス)の力を借り、ミヤギさんとダニエルさんに復讐を決意していました。
テリーはダニエルさんを次の少年カラテ選手権で倒そうと、カラテの反逆児と異名をもつマイク・バーンズ(ショーン・キャナン)を呼び寄せますが、ダニエルさんはミヤギさんの教えを守って出場を断るのでした。

執拗に嫌がらせをし出場を強要するマイクたち。
ついにダニエルさんは、みやぎさんの盆栽の木を守るために出場を決意するのでしたが、勝つためのカラテは教えられないというミヤギさん。そこへやってきたテリーは、身分を隠し彼に相手を倒すための技を教えるのでした。
しだいに生ける凶器と化していくダニエルさん!
大会はいったいどうなってしまうのでしょうか!

関連リンク
1984年「ベスト・キッド
1986年「ベスト・キッド2
1989年「ベスト・キッド3 最後の挑戦
1994年「ベスト・キッド4

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。