映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2007年03月22日

ベスト・キッド2

人を許す心を持たぬ者は、死ぬよりつらい日々を生きねばならぬ。

ベスト・キッド21986年(THE MOMENT OF TRUTH PARTII/ THE KARATE KID PARTII)
製作国:アメリカ
監督:ジョン・G・アヴィルドセン
製作:ジェリー・ワイントローブ
製作総指揮:R・J・ルイス
脚本:ロバート・マーク・ケイメン
撮影:ジェームズ・クレイブ
音楽:ビル・コンティ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
少年カラテ選手権の会場を出たミヤギさん(ノリユキ・パット・モリタ)は、コブラ会の道場主クリーズ(マーティン・コーヴ)が弟子たちに怒りをぶつけているのを見て彼を抑えるために飛び出ます。止めをさすこともできたミヤギさんにいぶかるダニエルさん(ラルフ・マッチオ)に彼は「人を許す心を持たぬ者は、死ぬよりつらい日々を生きねばならぬ」と諭すのでした。

6ヵ月後…ダニエルさんはミヤギさんの家でくさっていました。
恋人のアリがせっかくミヤギさんがプレゼントしてくれた車をおしゃかにし、さらに大学生のフットボーラーに熱を上げてしまったのです。あの6ヵ月前の楽しかった日々はもう帰ってこないのです。
しかもママが会社の命令で2ヵ月間も転勤に、住み慣れてきたこの地ともしばらくお別れです。

そんなとき、ミヤギさんの元に『父危篤』の連絡が入ります。
帰らなればならないと言うミヤギさんは渋い顔。それもそのはず、彼は45年前に…。

当時沖縄のミヤギさんの村では、親が決めた娘と結婚しなければならないという風習があったのです。しかし18歳のミヤギさんは若さゆえか、本来サトウという男性と結婚するはずだったユキエさんと愛し合うようになり、村人の前でユキエさんが好きであることを言ったのです。当然サトウの面目は丸つぶれとなり、彼はミヤギさんと決闘によって決めようと言ったのですが、ミヤギさんは親友とは戦えず、そのまま沖縄を後にしてしまったのです。そして…45年。

ミヤギさんを心配してダニエルさんもママの転勤には付いていかず、沖縄へと行くことにしました。
沖縄の那覇空港で彼らを待っていたのはトグチ(ユージ・オクモト)という若者で、彼は二人を騙し倉庫へと連れ込んでしまいます。待ったいたのはサトウ(ダニー・カメコナ)本人でした。彼は45年前の恨みを忘れてはおらずミヤギさんに決闘をするように詰め寄るのでした。
しかし両者の師匠でもあるミヤギさんの父に挨拶をするのが先と、ミヤギさんとダニエルさんは父の元に。父を看病していたのはユキエさん(ノブ・マッカーシー)と彼女の姪であるクミコさん(タムリン・トミタ)でした。実はあの後、ユキエさんは誰とも結婚せず、ミヤギさんにもかつての恋心が。一方、ダニエルさんとクミコさんもお互い引かれ始めるのでした。

しかしサトウの執拗な決闘依頼、そして思いっきり挑戦的なトグチのダニエルさん攻撃は、2人の逃げ道を無くして行くのですが…。

関連リンク
1984年「ベスト・キッド
1986年「ベスト・キッド2
1989年「ベスト・キッド3 最後の挑戦
1994年「ベスト・キッド4

感想はコチラから ▼



posted by 白くじら at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

ベスト・キッド

ハシでハエをつかむ者、全てを成し得る。

ベスト・キッド1984年(THE MOMENT OF TRUTH / THE KARATE KID)
製作国:アメリカ
監督:ジョン・G・アヴィルドセン
製作:ジェリー・ワイントローブ
製作総指揮:R・J・ルイス
脚本:ロバート・マーク・ケイメン
撮影:ジェームズ・クレイブ
音楽:ビル・コンティ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
9月、ニュージャージ、ニューアークからカリフォルニアへ、母の仕事のために引越ししてきたダニエル(ラルフ・マッチオ)は、最初聞かされていた話とあまりにも落差のある場所に意気消沈。それでも引越しのときに近所の若者フレディと知り合い、カラテを習っていると言ったのが始まりで、ビーチパーティに誘われます。

そこで出会ったアリ(エリザベス・シュー)に一目ぼれをするダニエルでしたが、ちょうど現れた元彼ジョニーと争い、同じカラテで手も足も出ず負けてしまうのでした。ジョニーは札付きの不良で、街にあるカラテ道場コブラ会の師範おも務めるほどの腕前だったのです。
フレディやその友達たちもダニエルに呆れて離れていってしまいました。

自分を助けてくれたダニエルにアリは引かれていきますが、それが面白くないジョニーは学校でもことあるごとにダニエルを目の敵にし始めます。
そんなとき、家の管理人ミヤギさん(ノリユキ・パット・モリタ)と知り合います。ミヤギさんは沖縄出身でダニエルのことを「ダニエルさん」と呼び、彼の考え方に触れ次第に二人は仲良くなっていきます。が、いじめはますます酷くなっていきます。見るに見かねたミヤギさんは、ダニエルさんを連れてコブラ会へ乗り込みます。
そこで待っていたのはコブラ会の道場主クリーズ(マーティン・コーヴ)、1970〜1972年のカラテチャンピオンでした。
クリーズはミヤギさんの話など一笑にするのでしたが、数ヵ月後にある少年カラテ選手権でダニエルさんとジョニーの決着を付けさせようという話には乗りました。

とんでもないと食って掛かるダニエルさんに、少なくとも後数ヵ月はいじめられないだろう。その間に修行をすればいいと…。
その日からダニエルさんはミヤギさんの家でカラテの修行を…と思いきや、彼に命じられたのは車のワックスがけや塀のペンキ塗りでした。いったいどうなるのか少年カラテ選手権!

関連リンク
1984年「ベスト・キッド
1986年「ベスト・キッド2
1989年「ベスト・キッド3 最後の挑戦
1994年「ベスト・キッド4

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

シリーズ7

ザ・コンテンダーズ…それは無作為に選ばれた戦士たちのバトル。

SERIES 72000年(SERIES 7:THE CONTENDERS)
製作国:アメリカ
監督:ダニエル・ミナハン
製作:ジェイソン・クリオット
脚本:ダニエル・ミナハン
撮影:ランディ・ドラモンド
編集:マルコム・ジェイミソン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
コンビニエンスストアで、妊婦がレジで清算していた男性を射殺しました。立ち去ろうとする妊婦に「こ、これはどうするんだ」と声をかけた定員に返ってきたセリフは「スタッフが片付ける!」。
そう、これは「ザ・コンテンダーズ」という全米で高視聴率のTV番組だったのです。しかし芝居ではありません。市民番号を公開抽選し、選ばれた6人の市民が殺し合いをするのです。
先ほどの妊婦は前週チャンピオンに輝き、今回もコンビニでの射殺でチャンピオンとなったドーン。

そして今、第7回目である「シリーズ7」が始まろうとしていました。
選ばれた戦士はチャンピオンのドーン(今回勝つと自由の身になれるらしい)、ERの看護婦コニー、人間嫌いな怒りんぼうの老人フランクリン、いまいち家族とうまくいっていないトニー、ごく普通の娘リンジー、そしてドーンの元彼ジェフリーの6人。
彼らはGPSを持ち、番組用小型マイク装着し、番組から一丁の銃を与えられます。また番組のためにトイレ以外はカメラマンが1人常に一緒でした。こうして彼らは戦場、といっても普通の一般市民の住む場で戦いを繰り広げるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

キル・ビル Vol.2

半蔵の刀…抜かせないことが勝ちの秘訣。

キル・ビル Vol.22004年(KILL BILL:VOL.2)
製作国:アメリカ
監督:クエンティン・タランティーノ
製作:ローレンス・ベンダー
製作総指揮:E・ベネット・ウォルシュ
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ロバート・リチャードソン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
トゥーパインズ協会の惨劇から4年6ヵ月…再びエルパソに戻ってきたブライドの次なる標的はバド。
バドはビルの実弟でしたが昔の面影は見る影も無く、バーのガードマンもまともに務まらないアル中と化していました。

半蔵の刀を手に彼のトレーラーに侵入するブライド…しかし開けた途端バドのライフルが火を吹きました!アル中でもサイドワインダーと呼ばれたほどの男です。返り打ちにあったブライドは「苦しみながら殺せ」というエルの指示によって…生きながらにして墓地に埋葬されてしまうのでした。
闇の中で思い出されるビルとの生活の日々、そして白蓮教パイ・メイとの修行の日々…。

関連リンク
2003年「キル・ビル Vol.1
2004年「キル・ビル Vol.2

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

キル・ビル Vol.1

雪舞う庭園で相対するのは…。

キル・ビル Vol.12003年(KILL BILL:VOL.1)
製作国:アメリカ
監督:クエンティン・タランティーノ アニメーション監督:中澤一登
製作:ローレンス・ベンダー
製作総指揮:E・ベネット・ウォルシュ
脚本:クエンティン・タランティーノ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
4年と6ヵ月前…テキサス州エルパソの小さな協会を襲った暗殺団。
参加者は全て殺害され花嫁もお腹の赤ちゃんもろとも…しかし頭を撃たれながらも彼女は驚くべき生命力でまだ生きていました。
4年後、奇跡的に復活した彼女は、赤ちゃんを殺されたこと、愛すべき隣人たちが死んだこと、4年も経っていたことを知り暗殺団への復讐を誓うのでした。
その毒蛇暗殺団のメンバーは、

1、コッパー・ヘッドのヴァニタ・グリーン
2、コットン・マウスのオーレン・イシイ
3、サイドワインダーのバド
4、カリフォルニア・マウンテン・スネークのエル・ドライバー

そしてボスであるビル!!

すでに4歳になる娘を持ち、平和な暮らしをしていたヴァニタの家に乗り込み、第一の復讐を果たした彼女の名はブラック・マンバのザ・ブライド(ユマ・サーマン)。
ブライドは次なる標的オーレン(ルーシー・リュー)を倒すために日本へ向かいました。オーレンはいまや日本のヤクザの頂点に立つ存在だったのです。
途中、沖縄で寿司屋を営んでいた服部半蔵(千葉真一)に最後の一振りを作ってもらい、舞台は料亭青葉屋。しかしブライドの前に立ちはだかるのはオーレン配下のボディガードであるゴーゴー夕張(栗山千明)、ジョニー・モー(ゴードン・リュー)…そしてクレイジー88と呼ばれるヤクザ集団でした!
みよ、この壮絶なる戦いを!

関連リンク
2003年「キル・ビル Vol.1
2004年「キル・ビル Vol.2

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:33| Comment(4) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

チーム★アメリカ ワールドポリス

準備は整った。さあ、行け、計画はいちかばちかだ!!

チーム★アメリカ ワールドポリス スペシャル・コレクターズ・エディション2004年(TEAM AMERICA WORLD POLICE)
製作国:アメリカ
監督:トレイ・パーカー
製作:トレイ・パーカー、マット・ストーン
脚本:トレイ・パーカー、マット・ストーン
撮影:ビル・ポープ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
アメリカの3635マイル東方…平和なフランス、パリにテロリストが大量破壊兵器を持ち込んだことをキャッチした我らがチーム★アメリカは、エッフェル塔、凱旋門などを巻き込みながらも阻止することに成功。しかしその影にはリサにプロポーズしたばかりのカルソンの死が…。

アメリカ的俳優のゲイリー・ジョンソンは、舞台後、謎の男スポッツウッドにスカウトされてしまいます。
ゲイリーをアイオア大で言語学を学んだ演劇界のトップガン呼び、なんとアラブ人に化けテロ組織に潜入してくれというものでした。
一度は断ったゲイリーでしたが、あることをきっかけに潜入することを決意、チームのリーダー、ジョー(ネブラスカのQB出身)、クリス(俳優が嫌いな格闘技のプロ)、サラ(バークレー超能力校、読心術のプロ)、リサ(心理学のプロ)たちとともにカイロの酒場に乗り込むのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:00| Comment(10) | TrackBack(3) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

ナショナル・トレジャー

間違いを正せる力を持つ者は、その力を使う責任がある。

ナショナル・トレジャー 特別版2004年(NATIONAL TREASURE)
製作国:アメリカ
監督:ジョン・タートルトーブ
製作:ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:オーレン・アヴィヴ
原案:ジム・カウフ
脚本:コーマック・ウィバーリー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
幼きころからテンプル騎士団の宝を探し出すことを夢見ていたベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)は、祖先のトーマス・ゲイツが独立宣言書に署名をした最後の生き残りチャールズ・キャロルから受け取った手がかり「秘密はシャーロットと眠る」を捜し求め、友人ライリーと資金を出してくれているイアン(ショーン・ビーン)、そしてショーと共に今、北極圏北部へと来ていました。

天才ライリーのメカの力も借り、彼らはついに埋もれていたシャーロット号を発見。その中で海泡石のパイプを手に入れるベンでしたが、それは宝への次なる『手がかり』でした。
次の手がかりが独立宣言書にあるのではと考えるベンでしたが、国立公文書館で展示されているものを薬品などを使った調査などできるはずもなく彼は落胆するのでしたが、イアンはそういうことなら俺に任せろと盗むことに決めるのでした。
そんな話には乗れないというベンに、イアンは冷たく決別の言葉を落とすのでした。

大爆発を起こすシャーロット号からなんとか脱出したベンは、イアンたちが独立宣言書を狙っていることをFBI、国立公文書館のアビゲイル・チェス(ダイアン・クルーガー)に話すのですが、当然のごとくバカにされて聞いてはもらえませんでした。
やむなくベンは、イアンに盗む前に自分が盗む…いや、守る決心をするのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:06| Comment(8) | TrackBack(2) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

80デイズ

物理学の限界に挑戦できるというのか?

80デイズ2004年(AROUND THE WORLD IN 80 DAYS)
製作国:アメリカ
監督:フランク・コラチ
製作:ビル・バダラート
製作総指揮:ジャッキー・チェン
原作:ジュール・ヴェルヌ
脚本:デヴィッド・ティッチャー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
19〜20世紀の曲がり角のころ、英国ロンドン、イングランド銀行に泥棒が入りました。持ち出されたのはお金ではなく翡翠の仏像でした。
泥棒はロンドン市内を逃げ回っているうちに、発明家フォッグ(スティーヴ・クーガン)の屋敷に「落ちて」しまいます。ちょうど実験台の嫌さから助手に逃げられたフォッグにはまたとない人材補給でした。泥棒の名はパスパルトゥー[ラウ・シン](ジャッキー・チェン)、彼は警察から逃れるためにやむなく危険な助手を買って出、助手として屋敷に身を寄せることにするのでした。

フォッグが所属する王立科学アカデミーでは、彼のことを夢想家と馬鹿にしていましたが、例の銀行強盗が何処まで逃げたという議論がきっかけで、フォッグは80日あれば世界一周ができると口走ってしまいました。しかしそんなことになるきっかけを与えた本当の主は…。
科学大臣のケルヴィンはそんなことができるのであれば1万ポンドやると言いますが、お金には興味の無いフォッグは勝ったときには科学大臣の座を、もし負ければ一生発明は行わないという賭けにするのでした。
言ってしまってから屋敷で激しく後悔するフォッグ。パスパルトゥーはそんな彼を励まし、いよいよ出発です。

パリで画家のモニク(セシル・ドゥ・フランス)と知り合い無理やり同行されたり、翡翠を銀行に預けていた黒サソリの女将軍ファンの手による襲撃、ケルヴィンが派遣した警察官フィックスの妨害、イスタンブールのパピ王子(アーノルド・シュワルツェネッガー)の「あれ」などが混じりあい、モニクを含めた3人はミュンヘン、イスタンブール、インド、中国と旅を続けるのでした。
果たして80日間以内に王立科学アカデミーに戻ってくることはできるのでしょうか。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:25| Comment(6) | TrackBack(1) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

ブラック・マスク

人間にとってもっとも大事な「感覚」を探すこと…。

ブラック・マスク1996年(黒侠)
製作国:香港
監督:ダニエル・リー
製作:ツイ・ハーク
脚本:ツイ・ハーク
撮影:トニー・チャン
音楽:テディ・ロビン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ある北方の某国の政府は701部隊を結成、兵士に痛感神経を取り除く手術を施し、痛みを感じない最強の兵士が誕生しました。しかし政府は彼らの能力に恐れをいだき、この実験は失敗として彼らの抹殺を命じました。
その抹殺作戦から逃れた兵士の1人に、黒侠(ブラック・マスク)という男がいました。

香港…図書館員のチョイ[黒侠](ジェット・リー)は、感覚を取り戻すための方法を探していました。彼にとってこの図書館は人に接することも少なく、知識も身に付くうってつけの場所だったのです。
館長や所員のトレーシー(カレン・モク)からは「マジメ君」と呼ばれ読書オタクとして通っていました。
彼の友人はシェク警部(ラウ・チンワン)、シェクは通称石頭と呼ばれるほどの堅物でしたが、チョイの過去を聞こうともせず、将棋仲間として付きあっていました。
しかしシェクは、何をされても感情を現さないチョイに対して、心配のあまりいらだちすら感じていましたが、それでも彼のことを考えて接してくれていました。

そんな時、香港のマフィアたちが100人も殺される事件が発生しました。1人だけ生き残ったコンは胸を切り裂かれ、その中に爆薬を封じ込められてしまいます。偶然にもそのことを知ったチョイは、シェクに爆薬の解除方法を電話で伝えますが、時すでに遅く病院は爆発してしまいます。
なんとか負傷レベルで生き残ったシェクは、チョイにどうして爆薬のことを知っていたのか詰め寄りますが、チョイは笑ってごまかすばかり。

マフィア最後の生き残りカウ(アンソニー・ウォン)のところに向かったシェクたち香港警察は、カウを犯人だとしてあげようとしましたが、驚いたことにカウから助けてくれと依頼をされてしまいます。なぜ警察がお前の命を守らなければならないのだと怒るシェク。
その時、階下で爆発が起こりました。次いで壁をぶち破り謎の一団の襲撃が…撃たれても平気で行動をしているその連中は!
そこに現れたのは黒ずくめ、黒いマスクをした拳法使いでした。彼は強力な敵と互角以上に戦い、1人、また1人と倒して行きます。
黒マスクの男ブラック・マスクは、襲撃者が701部隊の生き残りであり、その中に彼の教え子の1人ユーラン(フランソワーズ・イップ)がいることに気付くのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

メダリオン

メダルの力が超人的パワーを宿し、不死身にするのだ。

メダリオン2003年(THE MEDALLION)
製作国:香港、アメリカ
監督:ゴードン・チャン アクション:サモ・ハン・キンポー
製作:アルフレッド・チョン
製作総指揮:ジャッキー・チェン
原案:アルフレッド・チョン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
巳年の5月に選ばれし少年が聖なるメダリオンの裏と表を合体させる。少年が触れると使者はにわかに蘇り、その肉体には超自然的な力がやどる…。

犯罪組織のボス、スネークヘッドはそのことを知るや、観音寺にいる少年ジャイの誘拐を企てました。
一方、スネークヘッドの部下であるジスカールを追いかけていた、インターポールのワトソンたちと香港警察のエディ・ヤン(ジャッキー・チェン)は寺院で激突!かろうじて誘拐計画を潰すことができましたが、そのわずか2週間後再び誘拐され、今度は取り逃がしてしまいます。

一味が向かったアイルランド・ダブリンへ…エディがインターポールで出会ったのは、喧嘩別れしていたニコル、そして香港で一緒だったワトソン。エディのことを嫌っていたワトソンでしたが、エディとニコルが家にまで押しかけて食事をしている内に打ち解けて、協力(ただし自分が上)することになるのでした。
しかし協力して調査を始めた矢先、少年ジェイとコンテナに閉じ込められたエディは、自分を犠牲にして少年を守ります。
沈んだコンテナを引き上げたとき…すでにエディの心臓は止まっていました。
泣き崩れるニコル、ジェイはエディの手にメダリオンを握らせその場を後にします。

病院でエディに別れを告げるワトソン…その横に姿を現したのもエディ。
ベッドに眠るエディは砂塵の如く消え去り、新しい彼がそれに代わりました。
ちょうどジェイを狙って襲ってきた犯罪者集団に立ち向かうエディとワトソン…エディは自分の力がいつもの何倍にも強化され、しかも撃たれてもすぐに傷が(服の破れまでもが)治ってしまうことに気付きました。しかしあまりのことに力がコントロールできず、賊を取り逃がしてしまいます。
さらにニコルに部屋にまで襲撃して来た賊にかくまわれていたジェイを奪われ、エディたちはスネーク・ヘッドのアジトに潜入することになるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

ヤング・ブラッド

殺す技ではない。人間としての生き方だ。

ヤング・ブラッド2001年(THE MUSKETEER)
製作国:アメリカ
監督:ピーター・ハイアムズ(アクション監督:熊欣欣)
製作:ルディ・コーエン
製作総指揮:マーク・ダモン
原作:アレクサンドル・デュマ
脚本:ジーン・クインターノ
撮影:ピーター・ハイアムズ
音楽:デイヴィッド・アーノルド

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
フランス17世紀、強国イギリスとスペインとの間で、軟弱なルイ13世は枢機卿リシュリューに操られるがままでした。
自ら軍隊を持つリシュリュー、唯一彼の権力拡大を阻むのは、国王に忠誠を誓う勇敢な銃士隊のみでした。

フランスの田舎村ガスコーニュに住むダルタニアンは、子供のころ黒衣の軍人フェブルに両親を殺害され、ただ独りプランシェというもと銃士に育てられました。
14年後、たくましく成長したダルタニアン(ジャスティン・チャンバース)は、国王の護衛を務める近衛銃士隊に入隊するために隊長トレヴィルに会いにパリへ向かいます。
ところがちょうどそのころ、リヨンでスペイン王の特使が殺害され、現場に銃士の服が落ちていたことからトレヴィルは拘束され、銃士隊は謹慎処分、三銃士として名高いアラミス、ポルトス、アトスも酒をあびる日々をおくっているのでした。

ダルタニアンは、アラミスたちを説得しトレヴィル奪回を図りますが、その背後でリシュリューはフェブルを使い、王の権威を落とすための策略をめぐらせます。
そんなときダルタニアンは、王妃が密かにバッキンガム公と和平をもとうとしていることを知ります。
元王妃に使えていた酒場の娘フランチェスカの進言で、王妃はダルタニアンを護衛とし、ブリオンヌまで旅することに。間の悪いことにアラミスたちの銃士たちを助ける作戦から逃げるようなかたちとなり、彼らはお互い袂をわかつことに…。
そんなダルタニアン一行に、フェブルたちが襲い掛かってくるのでしたが。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ウォリアーズ

向こうへ行ったら俺たちのマークを忘れるな!

ウォリアーズ1979年(THE WARRIORS)
製作国:アメリカ
監督:ウォルター・ヒル
製作:ローレンス・ゴードン
製作総指揮:フランク・マーシャル
原作:ソル・ユーリック
撮影:アンドリュー・ラズロ
音楽:バリー・デヴォーゾン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ニューヨーク、コニー・アイランドを縄張りとしている「ウォリアーズ」は、今、地下鉄でブロンクスへと向かっていました。
その目的は、最近大物と評判のサイラス(ロジャー・ヒル)に会うためでした。
サイラスはニューヨーク中の「組」に声をかけ、武器の持込と手出しは禁止、各組9人までの参加を呼びかけ、ブロンクス公園で大集会を開くことにしたのです。

こうして異様な風体の9人組が次々とブロンクスへ向かったのです。
ブロンクス公園に集まったのは100組、まだ来ていない組が100組、さらにその配下も加えると約6万人の若者がいることになります。ニューヨークの警察官の数は約2万人、数でも圧倒している我々が負けることはない、とサイラスは彼らを1つにまとめ、ニューヨークを制覇しようと呼びかけたのです。
しかしその演説の最中、ある「組」のリーダーがサイラスを撃ちました。
それを目撃した「ウォリアーズ」の一人を見止めた犯人は、警察がなだれ込んだ騒ぎにまぎれて犯人は「ウォリアーズ」だと叫び、罪をなすりつけてしまうのでした。
リーダーのクリオン(ドーシー・ライト)は抵抗むなしくその場で打ち倒されます。残ったスワン(ブライアン・タイラー)、エイジャックス(ジェームズ・レマー)たち8人は何とか逃げ出し駅を目指します。

一方、ニューヨークの顔である最強の「組」「リフス」は「ウォリアーズ」を犯人と断定し、深夜のDJを通して街中の「組」に彼らを捕らえる、または殺すように命じるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:58| Comment(6) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

MUSA -武士-

故郷に続く果てしない道…。

MUSA-武士-2001年(MUSA)
製作国:韓国、中国
監督:キム・ソンス
製作:チャ・スンジェ
脚本:キム・ソンス
撮影:キム・ヒョング
美術:フォ・ティンシャオ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1375年、明との関係を修復するために、高麗から出立した使節団は南京城へと向かいました。
しかし何の取調べもないまま彼らは投獄され、しかも広大な砂漠へ流刑されることに…そこへ襲いかかってきた蒙古(元)軍。
かれらは民の兵士と使節団に大量の矢をいかけ、襲いかかってきました。明人を皆殺しにした蒙古軍でしたが「高麗人には何の恨みはない」と生き残ったわずかばかりの使節団を解放します。
助かったものの、飲み水もわずかな状態で、チェ将軍の指揮のもと高麗へ戻ることに…しかし明と蒙古を避けつつ帰るためには、灼熱の砂漠を強行突破するしか方法がありませんでした。
難航のすえたどり着いたキャラバン(?)で、同じ高麗へ向かう僧の親切によって一息入れることができた一行…そこに蒙古軍も姿を現しました。

蒙古軍には明のブヨン姫(チャンツィイー)が囚われていました。
キャラバンを後にした一行でしたが、救いの手を求められたチェ将軍はブヨン姫救出を決断。キャラバンを後にした蒙古軍に、奇襲をかけるのでした。
無事助けた一行は目的地を高麗ではなく、明へと変更(姫を救出したとなると使節を話を聞いてくれるかと判断したためです)…しかし、たった1人生き残ったランブルファ将軍は軍を立て直し、再び追撃に移ったのです。

将軍の先発隊に苦戦しつつも、姫の言葉になんとか砦にたどり着いた一行でしたが、そこには頼みの明の兵士もおらず、船もありませんでした。やむなく移動しようとした一行でしたが、時すでに遅くランブルファ将軍の軍が包囲してしまうのでした。孤立無援となった砦で生き延びるための戦いが始まったのです。
城は立てこもると数倍の敵に耐えるともいいますが、この砦はすでに放棄され、壁もあちこち壊れかかっているという、悲惨なありさまでした。
数で押してくる蒙古軍に対し、使節の生き残りはあまりにも…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:03| Comment(6) | TrackBack(1) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

香港国際警察 NEW POLICE STORY

過去なんて忘れて、心の痛手を力に変えるんだ。

香港国際警察 NEW POLICE STORY2004年(NEW POLICE STORY)
製作国:香港
監督:ベニー・チャン
製作:ベニー・チャン
製作総指揮:ジャッキー・チェン
脚本:アラン・ユエン
撮影:アンソニー・プン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1年前…数々の手柄を立て警察でもヒーローであった香港警察のチャン警部(ジャッキー・チェン)は、銀行を襲った犯罪者集団を追いかけていました。しかし用意周到な敵の罠に9名の部下は次々と捕まり、あまつさえその部下の命をかけて犯罪者たちとゲームをしなければならないは目に陥ります。
犯罪者ジョー、スー、ファイアー、ティンティン、マックスはまだ若者で、なんとゲーム感覚で警察官を殺していたのです。
チャンはこの命をかけた戦いに動揺し、部下たちはチャンの目の前で惨殺され、チャンだけがなんとか一命とり止めました。
しかしその後…自責の念から仕事を休み、婚約者にも合わず泥酔する日々を送っていました。

ある夜、路地裏で倒れたチャンに近づく若者がいました。
彼はチャンに「希望を持って生きよう、過去なんて忘れて、心の痛手を力に変えるんだ」と語りかけました。

次の朝、家で寝ていたチャンの前に、新たに相棒になったという巡査1667番シウホンが現れます。なぜかチャンの心の痛手を救おうとするシウホンのおかげで、チャンは少しずつ立ち直り始めます。
しかし彼が復活したことを知った犯罪集団たちは、チャンだけで飽き足らず、彼の婚約者ホーイーにもその魔の手を伸ばすのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 20:49| Comment(4) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

エアフォース・ワン

真の平和は戦争の回避ではなく正義の確立だ。

エアフォース・ワン 特別版1997年(AIR FORCE ONE)
製作国:アメリカ
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
製作:ウォルフガング・ペーターゼン
製作総指揮:トーマス・A・ブリス
脚本:アンドリュー・W・マーロウ
撮影:ミヒャエル・バルハウス
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
特撮:リチャード・エドランド

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
米露の合同特殊部隊は旧ソ連領カザフスタン大統領宮殿で、カザフスタンの指導者を名乗るラデク将軍を逮捕しました。将軍一派は民主主義抑圧を目的とする、新たな冷戦を招くに足る核兵器を擁していたのです。

3週間後、アメリカ大統領マーシャル(ハリソン・フォード)は、モスクワでテロには屈しないという信念を貫く演説をおこない、エアフォース・ワン(大統領専用機)で帰途に着きました。
ところがその機にはモスクワのTVレポーターに変装した、テロリストたちが乗り込んでいたのです。さらにSPであるギブス(サンダー・バークレイ)の手引きで武器を手に入れ行動を起こしました。
テロリストのボスであるコルシュノフ(ゲイリー・オールドマン)は歯向かう者は容赦なく殺し、彼らを一室に閉じ込めました。
そんな中、マーシャルはSPに守られ床下倉庫へ逃げ込みますが、2人のSPは撃ち殺され、マーシャル1人が脱出ポッドの部屋に逃げ込むことができました。テロリストの1人が覗き込んだときにはときすでに遅くポッドはエアフォース・ワンから射出されてしまいました。

パイロット室の鎮圧に時間がかかっていたコルシュノフは、ようやく飛行機の操縦を自分の支配下に置いたところでした。
大統領が逃げてしまったことに怒りを隠せない彼でしたが、人質はまだ50人、しかも大統領の妻グレース(ウェンディ・クルーソン)と娘アリス(リーセル・マシューズ)もその中に含まれていたのです。

コルシュノフのホワイトハウスへの要求はラデク将軍の釈放、マーシャルの代わりに指揮をとる副大統領キャサリン(グレン・クロース)は、大統領だけでもポッドで脱出したことに安堵しますがそれもつかの間…ドイツ、ラムスタイン空軍基地からポッドが空であったことを知らされるのでした。

家族を見捨て1人逃げることをよしとしなかったマーシャルは、脱出したと思わせて床下に止まっていました。
孤立無援となりながらも彼は、単身テロリストへ戦いを挑むつもりだったのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:28| Comment(6) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

花嫁はギャングスター2 ザ・ブライド

ひょっとしたら私はサーカスの団員かも…。

ザ・ブライド 花嫁はギャングスター22003年(MY WIFE IS A GANGSTER2: THE LEGEND RETURNS)
製作国:韓国
監督:チョン・フンスン
脚本:チョン・フンスン
撮影:チョ・ドンクァン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
高層ビルの屋上で今日もヤクザたちの戦争が起こっていました。
ヘリから戦場に降りたち組員の窮地を救った女組長ウンジン(シン・ウンギョン)でしたが、敵の奇襲部隊の攻撃を受け、なんとビルから落とされてしまいます。偶然にも下を通っていた運搬車に積まれていたトランポリンのおかげで、奇跡的にもバウンドし養鶏場のトラックに落ちます。羽まみれになりながら地面に転がり落ちた彼女を助けたのは、酔っ払っていた中華料理店の主人でした。

それから2年、あの日の衝撃からか記憶を失ってしまっていたウンジンは、そのまま中華料理店で住み込み、名前もシュシュ(店の名前でもある)と呼ばれ、出前持ちとして働いていました。
主人にとっては看板娘が来てくれたおかげで、店は繁盛するしいうことなしでした。ただ1つ夜の生活を除いて…。
身体に触ろうとすると、ぶっ飛ばされるのです。(^^;
近所の女性のいじめに耐えながらも、出前にせいを出すシュシュ…その合間にも本を読み電流を流したり、カミナリに打たれようとしたり、変な薬を試そうとしたり、記憶を取り戻す努力を続けます。
そんなある日、銀行で順番を待っていたウンジンは閉店間際の銀行強盗に遭遇、慌てて伏せていましたが、犯人の1人が妊婦の腹を蹴ったことが引きがねとなり、昔自分がされたこととオーバーラップ、気が付いたときには3人の銀行強盗を叩きのめしていました。

この事件をきっかけとして、彼女の存在はかつての宿敵白鮫一家にばれてしまいます。
あの事件で死んだと思われていた白鮫は、なんと一部機械化(!_!)されて生きていたのです。
一方舎弟マジンガーも、別ルートでようやく親分の所在を突き止めます。

銀行強盗退治のために町のヒーローと祭り上げられていた彼女でしたが、ヤクザの女親分であることを知ると町の人間たちは…そしてそんな彼女に白鮫一家が!

関連リンク
2001年「花嫁はギャングスター
2003年「花嫁はギャングスター2 ザ・ブライド

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 10:44| Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

花嫁はギャングスター

タバコを出されたらすぐに…。

花嫁はギャングスター2001年
製作国:韓国
監督:チョ・ジンギュ
脚本:キム・ムンソン、カン・ヒョジン
撮影:チョン・ジョミョン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
その昔、たった一人で大勢の敵を倒した伝説を持つ女組長ウンジン(シン・ウンギョン)は、孤児院の出身でした。「これからは私をお母さんと思ってね」と言っていた姉ともそこではなればなれになっていたのですが、ようやくその消息が…しかし彼女は不治の病に侵され残された時間もあとわずかだったのです。
そんな彼女はウンジンに「生きている間にあなたの花嫁姿がみたい」と伝えます。

すぐさまウンジンは組織を上げて花婿探し、そして女性とはかくあるべき…をその手(^^;の女性に教わることに…もともと男勝りの彼女のこと、そんなに簡単にはいかず…ところがひょんなことからチンピラに襲われようとしている(ホントは逆ですが…)彼女を助けた(ホントは彼女にブロックを…)ことがきっかけで、気のいい男性と見合いをすることに。
わずか3分で結婚することをとり付けたウンジンは、結婚に向けて準備を進めるのでした。
しかしその裏では縄張り争いをしている白鮫一家が、彼女の縄張りを奪うために動き始めていたのでした。

関連リンク
2001年「花嫁はギャングスター
2003年「花嫁はギャングスター2 ザ・ブライド

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

トロイ

我々の行いは後世に語り継がれるのだろうか。

トロイ2004年(TROY)
製作国:アメリカ
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
製作総指揮:ブルース・バーマン
製作:ゲイル・カッツ
原作:ホメロス
脚本:デヴィッド・ベニオフ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
今から3200年前、ミュケナイの王アガメムノンは戦いの末、ギリシャの国々をまとめ、同盟国とテッサリアを残すのみとなりました。
一方アガメムノンの弟メネラオスは長年の戦いに疲れ、ギリシャの強敵トロイとの和平を模索していました。
そんな中、ギリシャ軍最強の戦士アキレス(ブラッド・ピット)は、アガメムノンに従順ではなく、同盟を壊す脅威と思われていました。

スパルタ…メネラオス王はトロイの王子ヘクトルとパリス(オーランド・ブルーム)たちを招き和平の宴を開いていました。
ところがパリスは王妃であるヘレンとお互い恋に落ち、なんと帰国の船に乗り込ませてしまうのでした。ヘクトルが知ったときにはときすでに遅く、やむなくヘレン王妃をつれてトロイに戻ってくるのでした。

当然ヘレンを奪われてしまったメネラオスは激怒し、兄アガメムノンに協力を頼み込みました。
トロイを討ちたかったアガメムノンはギリシャの勇者たちイタケーのオデッセウス、アキレスたちを集め、かつてない大船団をトロイへ向かわせるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:52| Comment(8) | TrackBack(1) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

野性の証明


野性の証明1978年
製作国:日本
監督:佐藤純彌
製作:角川春樹、坂上順、サイモン・ツェー、松田文夫

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
男は誰もみな、無口な戦士、笑って死ねる人生…。

1980年、フーバー米大使の家に立てこもったテロリストを瞬く間に一掃したのは自衛隊の中でも極秘に組織された特殊工作隊でした。彼らは極限まで身体を鍛え日夜国家のために戦うのです。そして今回味沢(高倉健)たちが送り込まれたサバイバル特訓では東北山中を3日間の食料で何日かかろうと目的地まで帰還するという過酷な訓練でした。もちろん一般人との接触はあってはならないことでした。

山中にハイキングに来ていた越智美佐子(中野良子)は、極限まで疲労しきっている味沢に出会い、助けを呼びに近くの部落へ行きました。しかしそこで起こった大量殺人事件!
彼女も巻き込まれ、唯一の生き残りは13歳になる長井頼子(薬師丸ひろ子)だけ…しかも目の前で父親を殺されたというショックが彼女を記憶喪失にしてしまっていました。口をつくのは「青い服の男の人が…」。

1年後、未だ記憶の戻らない頼子は、除隊してしがない保険員になっていた味沢に引き取られ、羽代市で親子として生活をしていました。
羽代市では大場総業に半ば支配されているといってもおかしくない状態で、今日もまたその秘密にふれた男立川が事故として殺されていました。
新聞記者の越智朋子(中野良子)はその事件の真相を突き止めるために動き、味沢もまた保険金の問題から事件を調べている内に二人は出会います。偶然にも越智朋子はあの1年前の事件に巻き込まれた女性の妹だったのです。そして味沢を犯人だと決め付けている北野刑事(夏八木勲)が彼ら、そして大場の配下の井崎(梅宮辰夫)を脅かします。

やがて秘密を知りすぎた朋子は殺されてしまい、頼子の予知能力で逃げ出した味沢たちにも彼らの手が…助けに来た北野から手渡された斧で、ヤクザたちを叩きのめす味沢の姿をあの事件と被らせた頼子に、ついに記憶がよみがえります。
「お父さんを殺したのはこの人」風土病で村人を手にかけた父親、そして彼女までをも殺そうとした父を殺した味沢でしたが声1つなく、北野に護送される味沢。
しかし自衛隊が一般市民を手にかけたことを明るみに出してはいけないという上の判断から、途中彼らは特殊工作隊に拉致され、演習を利用して殺されることになります。
拉致した隊員を倒し自由になった味沢、北野、頼子の3人の生き延びる道は3つ。演習が終わる日まで隠れる、演習エリアから逃げ出す、そして今ヘリから降りてくる特殊工作隊22名を倒すこと!
特殊工作隊随一の腕を持つ味沢とはいえ素人2人を守りながらの脱出行は困難を極め、負傷していく2人、北野も戦車から彼らを守るために…そしてヘリからの銃撃を受けている時、味沢を呼ぶ搾り出すような頼子の叫びが…!

感想はコチラから ▼
posted by 白くじら at 19:54| Comment(4) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

ロング・キス・グッドナイト

ロング・キス・グッドナイト1996年(LONG KISS GOODNIGHT)
製作国:アメリカ
監督:レニー・ハーリン
製作:レニー・ハーリン
脚本:シェーン・ブラック
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
音楽:アラン・シルヴェストリ

amazon.co.jpで詳細を見る。


ストーリー
生きることは痛みに耐えること…。

ニュージーランドのとある街…小学校教師のサマンサ・ケイン(ジーナ・デイヴィス)は、8年前からの記憶がないことを不安に思いながらも、2年前に自分を愛してくれるハル(トム・アマンデス)と結婚。
夫がだれなのか判らない自分の娘ケイトリン(イヴォンヌ・ジーマ)と、幸せに暮らしていました。
彼女は8年前に海岸で発見され、持っていたものは謎のキーのみ、そしてそのときにすでに妊娠していたのです。

ある夜、車を運転していたサマンサはわき見運転でトナカイと衝突、そのショックで過去の一部が蘇ります。
その後、料理をしていても包丁さばきがとてつもなく速くなりまさか自分はシェフ?しかし投げたトマトを包丁で射止めるのはシェフの技ではないでしょう。
そんな家族に襲いかかってきた男が…名前を「片目のジャック(ジョセフ・マッケンナ)」、彼は刑務所にいたのですがTVでサマンサがクリスマスパレードに出ていることを目撃し「死んだはずだ」と脱獄してその足で襲ってきたのでした。
ケイトリンを守りながらも死の危険は、過去の自分を取り戻させるのでしょうか、我に返ったときにはジャックはサマンサの足元で事切れていました。

ちょうどサマンサの過去に何かあり金になるかもしれないと、やってきていた私立探偵のミッチ・ヘネシー(サミュエル・エル・ジャクソン)とともに、自分の過去を探る旅に出るのでるサマンサ。
そしてそれは彼女とヘネシーにとって、今まで知っていた世界とはまったく違う世界、生と死の世界だったのです。

感想はコチラから ▼
posted by 白くじら at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。