映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年10月21日

ホット・ロック

その言葉はアフガニスタン・バナナスタン。

ホット・ロック1971年(THE HOT ROCK)
製作国:アメリカ
監督:ピーター・イェーツ
製作:ハル・ランダース、ボビー・ロバーツ
原作:ドナルド・E・ウェストレイク
脚色:ウィリアム・ゴールドマン
撮影:エド・ブラウン
音楽:クインシー・ジョーンズ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ドルトマンダー(ロバート・レッドフォード)が刑期を終えて出所して来ました。
彼を待っていたのは、妹シスの夫で彼の相棒であるケルプ(ジョージ・シーガル)でした。彼はさっそくドルトマンダーに仕事を持ちかけてきました。
今度の仕事は博物館に収められているダイヤ「サハリ・ストーン」の入手…依頼者はとあるアフリカの国の大使アムンサー博士(モーゼス・ガン)でした。博士はそれが自分の国のものであることを主張していましたが、手に入れるためには厄介な事柄が多く、彼らを通じで盗み出して欲しいというのです。
報酬は4人分として2万5千ドル+必要経費…ドルトマンダーは運転のプロであるマーチ(ロン・リーブマン)と、爆弾に通じているアラン・グリーンベルグを仲間として計画を練り始めました。

完璧に計画された作戦かと思われましたが、あと少しのところで発覚、逃げ出したアランが挟み撃ちにあってしまいます。ダイヤを手にしていたアランは、とっさにダイヤを飲み込み何食わぬ顔をして捕まるのでした。

残ったドルトマンダーたちは州立刑務所に移されたアランを救出するべく、再び作戦を立案、アランの父であるグリーンベルグ(ポール・サンド)を使ってアランに作戦を伝え、博士に必要機材を手に入れてもらい、今度は刑務所に侵入することにするのでした。
しかししかし…ダイヤはアランの手にはなく、警察の留置場に隠してきたことが判ります。

かくしてドルトマンダーは3度作戦を立案、警察を襲撃することに…しかししかししかし、なんということか隠していたはずのダイヤはなく、彼らは途方にくれることに…と、ここでようやくアランは自分の弁護をしてもらっていた父に、隠し場所を喋ったことを思い出します。
しかしこの父がとても一筋縄ではいかないくわせものだったのです。

ドルトマンダーはダイヤが銀行の貸し金庫にあることまでは突き止めましたが、貸し金庫からものを出すためには、本人のその場でのサインが必要でした。さらにグリーンベルグはチップをばら撒く癖があり、貸し金庫の銀行員とは顔なじみという…この状況にさしものドルトマンダーも考えあぐねることに…。

一方、度重なる出費に業を煮やした博士は、ドルトマンダーたちを首にし、新たにグリーンベルグと取引をしようとするのでした。

感想はコチラから ▼



ラベル:映画 ドラマ 泥棒
posted by 白くじら at 12:04| Comment(4) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

穴 -HOLES-

折れた腕に乾いた心、全てを忘れてひたすら穴を掘れ。

穴 / HOLES2003年(HOLES)
製作国:アメリカ
監督:アンドリュー・デイヴィス
製作:マイク・メダヴォイ
製作総指揮:マーティ・P・エウィング
原作:ルイス・サッカーの『Holes(穴)』
脚本:ルイス・サッカー
撮影:スティーヴン・セント・ジョン
音楽:ジョエル・マクニーリー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ある日スタンリー・イェルナッツ4世-Stanley Yelnats IV-(シア・ラブーフ)は突然降ってきたスニーカを拾います。それはリヴィングストン、メジャーの最速選手のスニーカーでした。ちょっと臭かったですが、喜んで履いたスタンリーはそのまま警官に窃盗犯として捕まってしまいます。そのスニーカーは選手が孤児院に寄付したはずのものだったのです。
家を調べに来た警官は、スタンリーの部屋に選手のポスターがあったことに…ビンゴ!…となってしまいました。
スタンリーの家では、ひいひい祖父が盗んだ豚事件のときの呪いが、今でもかかっていると信じられていました。そのためスタンリーが犯人になったのも呪いということに…。

靴の臭い取りを研究している発明家の父に、弁護士を雇うだけのお金はありませんでした。
彼は刑務所に入るか、グリーン・レイク・キャンプ(問題児の更生施設)で18ヵ月過ごすかを迫られ、キャンプに行くことになりました。
ところが…いったい何処に緑が?いったい何処に湖が?そこは乾ききった大地、そして少年たちがひたすら穴を掘っている場所でした。

ここではオレンジの服を着、スコップと水筒だけ持って毎日長径1.5メートル、深さ1.5メートルの穴を掘るのが日課でした。
危険はガラガラ蛇と黄斑トカゲだけ…灼熱の中で同じ穴を掘り続けることが、人格形成を行うという哲学がここにはあったのです。
スタンリーはDグループに入れられます。
彼らはレントゲン、イカ、脇の下、ジグザグといったニックネームで呼ばれ、嫌がらせとともに彼は原始人と呼ばれるようになりました。
彼が靴を盗んだことで来たことを話したとき、普段一言も喋らないゼロ(クリオ・トマス)という少年が喋りました。ゼロとは頭の中に何も入っていないためにこう呼ばれている少年…スタンリーはやがてゼロがホントは賢い少年であることを知るようになり、それは信頼関係にも…。

掘り続ける毎日の中で少年たちは、この穴掘りが人格形成のためではなく、何か目的があることを知ります。
そしてスタンリーがK・Bのイニシャルのある弾丸のようなものを掘り当てたとき、めったに姿を現さない所長(シガニー・ウィーバー)が車で急行して来たのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:05| Comment(8) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

スクール・オブ・ロック

ロックは反抗、規則を破り大物を怒らせるのがロック!

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション2003年(THE SCHOOL OF ROCK)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・リンクレイター
製作:スコット・ルーディン
製作総指揮:スコット・アヴァーサノ
脚本:マイク・ホワイト
撮影:ロジェ・ストファーズ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
売れないロックギタリストのデューイ(ジャック・ブラック)は、気のいい友人ネッドとパティの家に寄生虫のように暮らしていました。しかしもう何ヵ月も家賃(2200ドルも)を払わないデューイが嫌いなパティは、ついに週末までに払わなければ追い出すと宣言します。
デューイはバンドバトルで優勝すれば2万ドルが手に入ると、バンド仲間に提案をしますが、あまりにも破天荒な彼の言動からデューイはバンドを首になってしまいます。
やむなくギターを売ろうにも買ってくれる人はおらず…とそんなときネッドにホレス・グリーン学院から電話がありました。ネッドは補助教師でその仕事の依頼でした。週650ドル手に入ると知ったデューイは、ネッドの振りをして仕事を請けてしまいます。

教師になったものの、とにかくお金が手に入ればいいデューイはその日から授業を休憩とし、教室でのんびり過ごすことに。名門校で有名なホレス・グリーン学院は秀才ぞろい、そんなデューイを不信がりながらも彼の口のうまさにだまされて休憩を続けていましたが、ある日のこと、別室で音楽授業を覗いた彼は、生徒たちが音楽に才能があることに気付きます。
さっそくエレキ・ギターやドラムを運び込んで、彼らにロックを教え始めるデューイ、目を輝かせる彼の目的は、新たなるバンドを作ってバンドバトルに出場することだったのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:16| Comment(12) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

ミスター・ソウルマン

お前の援助をしないことにしたよ。はっはっはっはっ!

1986年(SOULMAN)
製作国:アメリカ
監督:スティーヴ・マイナー
製作:スティーヴ・ティッシュ
製作総指揮:
脚本:キャロル・ブラック
撮影:ジェフリー・ジュール
音楽:トム・スコット


ストーリー
ハーバード大学法学部合格!
マーク(C・トーマス・ハウエル)は友人のゴードン(アリー・グロス)と共に最大の難関を突破しました。開ける将来への道…しかし彼の父親はそんなマークに、素晴らしいプレゼントをすると言いました。
車?それとも…いえいえ、それは「今後一切の援助をしない!」…マークは我が耳を疑いましたが父は笑ったままでした。

ハーバードに進学するためには巨額の大金が必要でした。
いろいろと手をつくすものの、とても無理だと思ったとき目に飛び込んだのは、プシャール奨学金…しかしこの奨学金はロスからの黒人にのみ適用されるものでした。彼はロスからの進学者がいないことを確認すると、友人に日焼け薬をもらい黒人に変身するのでした。

まんまと黒人として大学に入学することができたマークを待っていたのは黒人ならではの役得、それはセックスが強い、スポーツが万能といったイメージで、人が自分に接するということでした。しかしそれと同じく黒人であるがゆえの人種差別もまた…やがて知り合う黒人女学生のサラ(レイ・ドーン・チョン)と彼は、勉学を通しながらお互いひかれますが、その現実をも突きつけられます。
そして初めてサラの家に招かれたとき、彼女が下町暮らしをしていることを知り、さらに本来なら彼女が奨学金を受け取るべき存在であったことをも知るのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

UDON うどん

ぶっかけパンチ、ぶっかけパンチ!ファイナル、釜揚げキィ〜ック!

UDON プレミアム・エディション2006年(UDON)
製作国:日本
監督:本広克行
製作:亀山千広
企画:関一由、阿部秀司、島谷能成
プロデューサー:織田雅彦、前田久閑、安藤親広、村上公一
脚本:戸田山雅司
音楽:渡辺俊幸

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
世界を笑わすビッグなコメディアンを目指してニューヨークへやってきていた松井香助(ユースケ・サンタマリア)でしたが、現実はあまくなく、多額の借金を背に故郷、香川に戻ってくるのでした。
製麺所を営んでいる実家を6年前に「ここには夢がない。あるのはうどんだけだ」と言い放ち旅に出ただけに、家に戻りにくかったのですが、ほかに道もなく…しかし、父親拓富(木場勝己)の態度は冷たく、そんな彼に救いの手を出すのは姉の万里(鈴木京香)と夫の藤元良一(小日向文世)たちでした。

母親の墓参りに出かけた香助は、山中で道に迷っていた情報誌の記者、宮川恭子(小西真奈美)を救ったことがきっかけとなって、崖から転落してしまいます。
次の早朝、たどり着いた一軒の民家でうどんを食べた二人は、その美しさ、美味しさに心を打たれるのでした。

やがて広告代理店に勤める親友、鈴木庄介(トータス松本)の紹介で『月刊タウン情報さぬき』に勤め始める香助。
書店めぐりをしていた香助は、お客がうどん情報を調べていたことをきっかけに、先日自分が出会った地元出身の自分でも知らなかった「恐るべきうどん」を取り上げることを提案するのでした。
彼の案は当たり、以後「讃岐うどんブーム」が始まるのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 16:03| Comment(4) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

十二人の怒れる男

個人的な偏見を排除するのはいつも難しい。

十二人の怒れる男1957年(12 ANGRY MEN)
製作国:アメリカ
監督:シドニー・ルメット
製作:レジナルド・ローズ
原作:レジナルド・ローズ
脚本:レジナルド・ローズ
撮影:ボリス・カウフマン
音楽:ケニヨン・ホプキンス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ニューヨーク、6日間に渡って続けられていた第1級殺人の審理が今終わりました。
被告は18才の少年で、有罪となると電気椅子での処刑が待っていました。評決は12人の陪審員(14人いましたが2人は補欠で帰ります)に委ねられ、彼らは別室での検討に入りました。
彼ら陪審員は郵便で通告された市民たちで、株のブローカー(No.4:E・G・マーシャル)、宅配便の社長(No.3:リー・J・コッブ)、はやく終わらせてヤンキース戦に行きたがっているセールスマン(No.7:ジャック・ウォーデン)、時計屋(No.11:ジョージ・ヴォスコヴェク)など様々な人間たちがいました。

12人はそれぞれの番号の席に付き、学校のフットボールコーチをしているNo.1の男性(マーティン・バルサム)を議長に、まず決を取ることにしました。おそらく誰もが有罪に決定されるであろう結果は、1票の無罪によってこの部屋を議論の場と変えました。
無罪としたのは建築家No.8(ヘンリー・フォンダ)でした。
彼は言います。

話し合いましょう。

評決には12人全員の意思統一が必要でした。
こうして1対11の無謀にも思える議論が始まるのでした。

関連リンクです。
1957年「十二人の怒れる男
1957年「十二人の怒れる男(再)
1997年「12人の怒れる男 評決の行方
感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 01:25| Comment(6) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

フライト・オブ・フェニックス

はかない希望にすがって生きるのが人間だろう。

フライト・オブ・フェニックス <特別編>2004年(FLIGHT OF THE PHOENIX)
製作国:アメリカ
監督:ジョン・ムーア
製作:ウィリアム・アルドリッチ
製作総指揮:リック・キドニー
脚本:スコット・フランク
オリジナル脚本:ルーカス・ヘラー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
熱気渦巻く7月のある日、モンゴル、タンサグ盆地のアマコア社第19油井試掘場は、石油を発見しないままついに閉鎖を決定。
リーダーであったケリー・ジョンソンほかスタッフたちは、閉鎖請負人のフランク(デニス・クエイド)、AJの輸送機C-119に乗って飛び立つのでした。

途中巨大な砂嵐に遭遇、機は進路を大きく外した上に、無線、左エンジン、尾翼などを破壊されながらゴビ砂漠のど真ん中に不時着陸します。
生き残ったのは11人、さらに夜の間にディビスが事故で死亡、残されたメンバーは水と食料で争い始めました。そんなとき、試掘場に世界旅行していて取り残されていたというエリオットがある提案をしました。
飛行機設計技師という彼の提案、それは、ツインブームC-119の無傷の右側のブームを胴体として、単発機を作るというとんでもない案だったのです。

このままじっとして動かなければ1ヵ月は大丈夫だという機長フランクでしたが、リドルたちの必死の説得についにエリオットの指揮の下、脱出するための飛行機造りが始まるのでした。しかし…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD 遭難
posted by 白くじら at 08:55| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

オリバー・ツイスト

オリバー・ツイスト2005年(Oliver Twist)
製作国:フランス、イギリス、チェコ
監督:ロマン・ポランスキー
原作:チャールズ・ディケンズ
脚本:ロナルド・ハーウッド
撮影:パヴェル・エデルマン
音楽:レイチェル・ポートマン

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
涙のあと、幸せはやってくる。

19世紀イギリス…孤児であるオリバー・ツイスト(バーニー・クラーク)は、教区吏バンブル(ジェレミー・スウィフト)に連れられ救貧院にやってきました。
9歳になった彼はそこで同じ孤児たちと麻をほぐす仕事を始めることになりました。粗末な食事に、箱の中で空腹に耐えながら眠る日々…ある日のことくじで負けたオリバーは、食事のときにおかわりを要求するのでしたが、とんでもないことだと、たちまち追い回され、上のモノに目を付けられるようになりました。

10歳になり葬儀屋に引き取られたオリバーは、その悲しそうな表情は葬儀の際にちょうどいいとお供の役をもらいます。しかしそのことは元からいた少年の怒りをかい、母親のことを侮辱された彼はついに喧嘩のすえ、お仕置きされることに。

朝早く、オリバーは葬儀屋を抜け出し大都会ロンドンへ向かいます。
ほとんど食料もなく、7日間も歩き続けたオリバーはやっとのことでたどり着いたものの、空腹で建物の階段に倒れるように座り込むのでした。
そんなオリバーに親切に食べものを与えたのが、ドジャー(ハリー・イーデン)でした。しかし彼は食べものや衣類を平気で盗む少年でした。
ドジャーはオリバーを彼のボスであるフェイギン(ベン・キングスレー)のもとに連れて行きました。フェイギンはオリバーに食べものを与えて休ませました。そしてオリバーに盗みのテクニックを教え始めるのでした。彼は大勢の子供たちの世話をする盗賊団の頭だったのです。

やがて…久しぶりにオリバーは街に出ました。本屋にいた老紳士からドジャーたちが盗みを働いたとき、オリバーも一緒に逃げてしまい泥棒と間違われ、街中の人に追い回され捕まってしまいます。
法廷で一方的に泥棒扱いされるオリバーは、駆け込んできた本屋の店主に人違いだと、容疑を晴らしてもらいますが、緊張と疲れからその場に倒れてしまいました。
一緒にいた老紳士ブラウンロー(エドワード・ハードウィック)は、オリバーに何かを感じたのか、看病するためにそのまま屋敷に連れて行き、まるで自分の子供のように家におくことにするのでした。

ようやく幸せが訪れたオリバー…しかしその一方、彼に余計なことを喋られては危険であると感じたフェイギンとその上の存在であるビル・サイクス(ジェイミー・フォアマン)は、オリバー奪回をたくらみ屋敷に近づこうとしていました。

感想はコチラから ▼
posted by 白くじら at 00:56| Comment(4) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。