映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2009年10月28日

トワイライト 〜初恋〜

もし愛する人の身代わりに死ぬのなら…それはいい死に方だ。
トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]
2008年(Twilight)製作国:アメリカ
監督:キャサリン・ハードウィック原作:
製作:マーク・モーガン、グレッグ・ムーラディアン、ウィック・ゴッドフ製作総指揮:
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ撮影:エリオット・デイヴィス
音楽:カーター・バーウェルamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

両親の離婚のため、イザベラ・スワン(通称ベラ)(クリステン・スチュワート)は警察署長である父(ビリー・バーク)と共に、ワシントン州フォークス(人口3120人)へ引っ越してきます。ハイスクールに通うようになったベラは、不思議な雰囲気を持つアラスカから来たというカレン家に注意を惹かれます。特にその中でも容姿端麗なエドワード(ロバート・パティンソン)に…。
しかし生物の時間に隣の席になったというのに、彼はまるで嫌悪感があるかのようにベラを避けるではありませんか。しかもその後数日間、彼は学校にも姿を現しませんでした。

そのころ隣町では動物による事件が起きており、それは次第にフォークスへと近づいていました。
やがて久しぶりに姿を現したエドワードは、以前とはうってかわってベラに話しかけてくるのでした。
さらに駐車場でコントロールを失った車の激突を救ってくれた彼の素早さ、そしてパワーにベラは興味を覚え、いつしかそれは彼への恋心に変わりつつ…。
そして…海に遊びに行ったとき、友人のジェイコブ(テイラー・ロートナー)からキラコーテ族の伝説を聞きます。いくつかの事例を照らし合わせ、エドワードが伝説の冷人族ではないかと疑い始めるのでしたが…。

感想はコチラから ▼



posted by 白くじら at 21:58| Comment(14) | TrackBack(4) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

ラスト・ブラッド

神とは無責任な父親である。
ラスト・ブラッド スペシャル・エディション [DVD]
2009年(BLOOD THE LAST VAMPIRE)製作国:香港、フランス
監督:クリス・ナオン原作:Production I.G
製作:ビル・コン、エイベル・ナーミアス製作総指揮:
脚本:神山健治、ロニー・ユー撮影:プーン・ハンサン
音楽:クリント・マンセルamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

16世紀、応仁の乱により流血地獄となった日本では、オニたちがその血を餌に増殖をしてしまいます。勇敢なサムライのキヨマサがオニたちの退治に乗り出しましたが、もっとも邪悪なオニゲンには敵わず無残な死を遂げてしまうのでした。
その後、何世紀も暗黒の時代が続きましたが、秘密組織と手を組む謎の少女がオニを倒すべく忽然と現れました。

1970年東京…今日も地下鉄で人間に化けたオニを日本刀で切り捨てたサヤ(チョン・ジヒョン)は、協力をしている組織のリーダー、マイケルから米軍基地で3人が殺害された情報を教えられます。昔からの言い伝えによれば、飢えたオニが餌をあさる時、オニゲンが近くにいると…。

アメリカ空軍関東基地…組織の用意してくれたセーラー服に身を包み、基地内のハイスクールへと転向したサヤは、将軍の娘であるアリスが2匹のオニに襲われているのを救ったことをきっかけとして、壮絶なオニとの戦いの中に身をおくことになるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 14:12| Comment(4) | TrackBack(2) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

デスバーガー

殺しは時間をかけないことだ。
デスバーガー [DVD]
2006年(DRIVE THRU)製作国:アメリカ
監督:ブレンダン・カウルズ、シェーン・クーン 原作:
製作:マット・ミリッチ製作総指揮:
脚本:ブレンダン・カウルズ、シェーン・クーン撮影:ヴィンセント・E・トト
音楽:ラルフ・リッカーマンamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
全米で人気のファーストフード『ヘラバーガー』、今日も深夜、若者たちがドライブ・スルーで注文をしていました。ところが、マイク越しに横柄な店員に、トニーは切れてしまい店内へと入っていきます。暗い店内、冷凍庫にはなぜかネズミ…と突如現れたマスコット『ホーニー』に無残にもフライドポテトの代わりに揚げられてしまうのでした。

一方、ブランカ・カルネ校の卒業パーティをしていたマッケンジーことマックは、警察乱入騒ぎで出頭を命じられていました。でも、そんなことをさておき、残った恋人のフィッシャーたち5人でまだ遊んでいました。することもなくなったときマックが取り出したのが、両親がヒッピー時代に持っていたという霊を呼べるというボードでした。
しかし、特に変わったこともなく、友達たちは帰っていきます。そしてフィッシャーと二人きりになったとき、ふと自分たちの未来はどうなるのかつぶやいてしまいました。
反応したボードが示した文字は「K1KLPL8」…。

次の日、ニュースで知り合いのトニーたちの車を見たマックは、ナンバープレートの番号が昨日のボードが示した言葉であることに気づきます。
さらに学校で占い球に浮き出たありえないメッセージ…それは現実となり、次なる殺人が…マスコット『ホーニー』の目的は何!?やがて一連の事件の犠牲者の親が過去知り合いであったという事実…マックに問い詰められる母親から語られる事件とは…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:58| Comment(6) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

DEATH GAME デスゲーム

これを見ている諸君は恐ろしい過ちを犯した!
DEATH GAME デスゲーム [DVD]
2006年(STAY ALIVE)製作国:アメリカ
監督:ウィリアム・ブレント・ベル原作:
製作:ゲイリー・バーバー、ロジャー・バーンバウム製作総指揮:ベッキー・クロス・トルジロ
脚本:ウィリアム・ブレント・ベル撮影:アレハンドロ・マルティネス
音楽:ジョン・フリッゼルamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ゲーマーのハッチ(ジョン・フォスター)は、会社で上司が『サイレントヒル4』の攻略を尋ねるほどのマニア。
そんなある日のこと、友人のゲーマーであるルーミス、サラたち3人がゲーム中に死んだという電話が…葬式に出向いたハッチは妹(?)のエマから彼の遺品を受け取ります。その中にあったのは彼が死の直前にプレイしていた『スティ・アライブ』も。

ハッチ、サラの友人であるというアビゲイル(サマイア・アームストロング)、スウィング、フィニス、彼の妹のオクトーバー、そして会社の上司のミラーは、ルーミスの追悼の意味も兼ねて『スティ・アライブ』をプレイすることにしました。
ゲームの世界はゲルージュ屋敷、呪いの文章を全員で読み上げゲームは開始。完全なるホラーゲームでしたが、6人は次々と敵を倒して屋敷に入っていきます。とミラーが秘密の通路を発見し一人で乗り込んでしまいます。そこで待っていたバートリー伯爵夫人に抵抗むなしく殺されゲームオーバーに。コンティニューはありませんでした。
一人会社にいたミラーは死んだ直後、通路に人影を認めますが…。

よく朝、会社に出勤したハッチは、ミラーが死んでいることを知ります。
そしてその姿が彼がゲーム内で死んだ姿と同じであることを知り、さらにルーミスの死も同様にゲームが関係していることに気づくのでしたが、ときすでに遅く、1人、また1人とメンバーが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:17| Comment(8) | TrackBack(3) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

IT(イット)

約束だ。あいつ(イット)が現れたら、また集まろう。
イット [DVD]
1990年(IT 恐怖の殺人ターゲット・復讐の悪魔)製作国:アメリカ、カナダ
監督:トミー・リー・ウォーレス原作:スティーヴン・キング
製作:製作総指揮:
脚本:トミー・リー・ウォーレス、ローレンス・D・コーエン撮影:リチャード・レイターマン
音楽:リチャード・ベリスamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1990年メーン州デリー、ある嵐の夜、母親が少し目をはなした間に三輪車に乗っていたローリーが殺害されました。これで続けて6人目の子供が失踪か死亡したことになりました。現場にいた図書館員のマイク(ティム・リイド)は、現場であるはずのない写真を発見。一連の事件が「あいつ」の仕業であることを確信します。
マイクはかつての仲間であり今は各地で成功をおさめている6人、脚本家ビル(ジョナサン・ブランディス)、建築家ベン(ジョン・リッター)、デザイナーベヴァリー[ベヴ](アネット・オトゥール)、過保護なエディー(デニス・クリストファー)、俳優リッチー(ハリー・アンダーソン)、そしてスタン(リチャード・マシュー)に連絡をとり、約束どおり集まるよう伝えるのでした。

1960年、ビル(ジョナサン・ブランディス)たちはまだ学生、いじめっ子のヘンリーにいじめられつつ、一人、また一人と仲間になり、いつしかその人数は7人、『弱虫クラブ』となずけられ、7人集まればヘンリーとも向かい合うことができ、楽しい夏をすごしていたのですが、町はいじめになぜか見てみぬふり、さらに彼らにしか見えないペニーワイズと呼ばれる道化師によって、恐怖のどん底へ叩き込まれるのでした。
彼らは意を決してペニーワイズと戦うべく下水道に乗り込みなんとか奴を倒します。そして再び奴(イット)が現れたとき、また集まることを約束して…。

そして今、その約束のときが訪れたのです。
ビルたちは再びデリーに…しかし、そのときすでに第1の悲劇が起こっていたのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:37| Comment(6) | TrackBack(2) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

ファンタズム4

最後のゲームが今幕をあげる。
ファンタズムIV [DVD]1998年(PHANTASM IV:OBLIVION)
製作国:アメリカ
監督:ドン・コスカレリ
脚本:ドン・コスカレリ
撮影:クリス・コミン
音楽:クリストファー・L・ストーン
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ボルトンの霊廟から霊柩車で脱出したマイク(マイケル・ボールドウィン)は、ただ一人南東へ向かって3日間走っていました。
彼を襲う悪夢と過去の幻影…『死の谷』へ着いたとき、ついに彼はレジーに遺言を書くとトールマンと対決する覚悟を決めるのでした。
しかし1対の銀柱を越えたとき、彼は過去のまだ邪悪な意思に染まっていないトールマン(アンガス・スリムク)と出会います。

一方、トールマンの気まぐれか、スフィアから逃げることが出来たレジーは、車事故から救った女性ジェニファーと共にモーテルへ入り込みますが、彼もまたスフィアの追撃から逃げてはいませんでした。かろうじて撃退した彼は、再びマイクと合流するべく谷へ向かうのでした。

関連リンクです。
1979年「ファンタズム
1988年「ファンタズム2
1993年「ファンタズム3
1998年「ファンタズム4

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 12:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ファンタズム3

目に映るものを信用するな。目に映るものと現実派違うのだから。
ファンタズムIII [DVD]1993年(PHANTASM III:LORD OF THE DEAD)
製作国:アメリカ
監督:ドン・コスカレリ
製作:ドン・コスカレリ
脚本:ドン・コスカレリ
音楽:フレッド・マイロー
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
彼らはまだ逃げ切ってはいませんでした。
レジー(レジー・バニスター)、マイク(マイケル・ボールドウィン)、エリザベスの乗った車はトールマンと徘徊者[ラーカーズ]たちに襲われ、かろうじてレジーとマイクだけが助かりますが、重傷を負ったマイクは病院へ担ぎ込まれてしまいます。
そこにもトールマンの手がのびますが、2人は死んだはずのマイクの兄ジョディ(ビル・ソーンベリー)の幻影に導かれるように病院から逃げ出します。
しかし、トールマンの追及からは逃れることが出来ず、ついにマイクはトールマンの手に落ちてしまうのでした。

一人、いやレジーと黒焦げのスフィア(銀球)となったジョディはマイクを求めて、ホルツビルの町へ。そこは2年前に廃墟となった町でした。そう、その町もトールマンに襲われていたのです。レジーは3人の盗賊に襲われますが、少年ティムに助けられ行動を共にすることに…次の目的地はボルトンそこには…。

関連リンクです。
1979年「ファンタズム
1988年「ファンタズム2
1993年「ファンタズム3
1998年「ファンタズム4

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

スライサー

意思を持たないはずの機械。もし、それに悪魔が乗り移ったら…。
スライサー [DVD]2005年(SLICER:THE MANGLER REBORN)
製作国:アメリカ
監督:マット・カニンガム、エリック・ガードナー
製作:バリー・バーンホルツ
原作:スティーヴン・キング
脚本:マット・カニンガム、エリック・ガードナー
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
死亡事故が原因で洗濯工場が閉鎖されました。
使用されていた洗濯プレス機は分解され、オークションに出されます。そして、ある男性がそれらの部品を高額で落札するのでした。

配管工のハドリーは、もう一週間も働かずただ一心に、2階にある『物』に蓄えをつぎ込んでいました。
請求書もたまり心配する妻のビアトリスでしたが、夫はそれには耳も傾けず、作業に専念するのでした。そんなとき、彼はふとしたことで怪我をし、その血を機械が吸い取りました。そしてある夜…。

近所に住むジェイミーは、キッチンの配管修理を頼みますが、現れた男は、突如彼女を金槌で打ちのめし、さらってしまうのでした。
彼の目的はいったい、そして彼の家の2階では不気味な胎動を始めたものとは…。

関連リンクです。
1995年「マングラー
2001年「マングラー2」

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:06| Comment(8) | TrackBack(2) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

スリザー

永遠に君を愛すると言っただろう…。
スリザー プレミアム・エディション2006年(SLITHER)
製作国:アメリカ
監督:ジェイムズ・ガン
製作:ポール・ブルックス、エリック・ニューマン
製作総指揮:マーク・エイブラハム、トーマス・A・ブリス
撮影:グレゴリー・ミドルトン
脚本:ジェイムズ・ガン
音楽:タイラー・ベイツ
出演:ネイサン・フィリオン、エリザベス・バンクス、マイケル・ルーカー、グレッグ・ヘンリー、タニア・ソルニア
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
アメリカ、ウィーズリ…鹿狩り解禁前夜祭を控えていた町に1つの隕石が落下しました。
町の金持ちであるグラント(マイケル・ルーカー)は、学校の教員でもある妻スターラに拒まれ、ふてくされて夜の散歩へと出かけました。酒場でスターラの妹であるブレンダと意気投合して森へ来たとき、小さな隕石から出てきた蠢く生物を目撃します。よせばいいのに近づいたグラントは、胸に謎の生物の攻撃を受けてしまいます。その生物はそのまま彼の頭にまで侵入するのでした。

やがて多発するペットの行方不明事件、そしてブレンダもまた解禁前夜祭の最中姿を消してしまいます。
一方、性格そして、顔が崩れ始めたグラントを心配するスターラでしたが、逆に彼に襲われたところを、警察署長のビル(ネイサン・フィリオン)たちに救われ、グラントは逃げてしまいます。
グラントを追い詰めようとする警察とハンターたちは、森の一軒家で変わり果てた姿のブレンダを発見、しかもその弾けた彼女の体内から無数のスリザーが。
次々と侵食される人に助かる道は!!

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 14:04| Comment(6) | TrackBack(2) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

ブラッド

道は血の中に…摂食は今夜始まる。
ブラッド2006年作2007年公開(BLOOD [RISE:BLOOD HUNTER)
製作国:アメリカ
監督:セバスチャン・グティエレス
脚本:セバスチャン・グティエレス
出演:ルーシー・リュー、マイケル・チクリス、ジェームズ・ダーシー、カーラ・グギーノ、マコなど
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
LAウィークリーの記者セイディー(ルーシー・リュー)がインタビューを行った少女トリシアが、無残な惨殺死体で発見されました。
同僚のイーサンは、トリシアから聞いていた電話番号が間違いでありながらも、そこからあるホームページを突き止めあるメッセージと場所が埋もれていることを知ります。しかしそれっきりイーサンは会社に出てこず、心配したセイディーは彼のアパートへ出向きますが、そこで男に襲われ、屋敷に連れられていった挙句、嬲られ殺されてしまいます。

セイディーが目覚めたのは、検視のために死体を安置している場所でした。
生きる意志が彼女をヴァンパイアと変えたのでしょうか…首には無残な傷跡が残りながらも、彼女は独りふらりと外へ出て行きます。
彼女はすでに死んだことになっており、親へ電話しても混乱させるばかり。血の乾きに浮浪者を襲ったとき、ついに彼女は歩道橋からトラックへと身を躍らせてしまうのでした。

そんな彼女を救ったのは、アーチェロという男でした。
彼は、セイディーを殺したのがローク、イブ、ハリソン、ポー(マコ)、ビショップ(ジェームズ・ダーシー)というヴァンパイアたちであることを教え、彼らを止めるためにセイディーに力を貸してくれるのでした。
かくしてヴァンパイアハンターとして彼らを倒し始めたセイディー、そしてトリシアの父である刑事(マイケル・チクリス)もまた犯人を追っている内にセシディーと出会うのですが…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD ホラー
posted by 白くじら at 16:02| Comment(6) | TrackBack(1) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

ファンタズム2

悪夢を退治することは不可能なのだろうか!
ファンタズムII [DVD]1988年(PHANTASM II)
製作国:アメリカ
監督:ドン・コスカレリー
製作:R・A・セゲダ、ドン・コスカレリー
脚本:ドン・コスカレリー
撮影:ダリン・オカダ
音楽:フレッド・マイロー、クリストファー・L・ストーン
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
あの戦いの後、再び襲い掛かってきたトールマン(アンガス・スリムク)から、家を爆破してようやく逃げ出したマイク(ジェームズ・レグロス)とレジー(レジー・バニスター)。しかしほかの人間には信じてもらえず彼は7年の間モーニングサイドの精神病院に閉じ込められてしまいます。
しかし夢を通じてエリザベスという少女と同調し、彼女が危険なことを察知し病院を退院。墓地を掘り起こして死体が無いことを確認しトールマンが暗躍していることを確信します。そしてレジーを伴い共に東へ…オレゴン州にある最後の町ペリゴードへと向かうのでした。

一方、エリザベスは8年もの間、精神治療患者として治療をしていた女性でしたが、マイクと銀の球の悪夢に襲われていました。
果たして彼女とマイクとの関係は、そしてトールマンの目的とは!

関連リンクです。
1979年「ファンタズム
1988年「ファンタズム2
1993年「ファンタズム3
1998年「ファンタズム4

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 ホラー
posted by 白くじら at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

ファンタズム

人は埋葬されたらどうなるのだろう。新しい人生がそこにはあるのだろうか。
ファンタズム プレミアム・エディション [DVD]1979年(PHANTASM:THE NEVER DEAD)
製作国:アメリカ
監督:ドン・コスカレリー
製作:ドン・コスカレリー
脚本:ドン・コスカレリー
撮影:ドン・コスカレリー
音楽:フレッド・マイロー、マルコム・シーグレーブ
銀の球体考案:ウィラード・グリーン
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
トミーの葬儀がモーニングサイド霊園で執り行われました。
参列者はトミーの友人であるジョディ(ビル・ソーンベリー)とレジー(レジー・バニスター)。ジョニィの両親もこの霊園に埋葬されていました。

ジョニィの弟マイク(マイケル・ボールドウィン)は、葬儀の後、異常に背の高い男(アンガス・スリムク)が重い棺を軽々と片手で持ち上げたり、小人のような影が墓石の間を走るのを目撃します。
ジョニィに言っても一笑にされるだけのマイクは、ただ一人夜の霊園へと忍び込みます。そこで体験する恐怖の数々!切り落とした背の高い男の指が悪夢の虫に変わって襲い掛かってることに、ついにジョディは霊園探索に乗り込む決心をするのでした。しかしそこには想像を絶する悪夢の世界が待っていたのです。

関連リンクです。
1979年「ファンタズム
1988年「ファンタズム2
1993年「ファンタズム3
1998年「ファンタズム4

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 ホラー
posted by 白くじら at 21:02| Comment(8) | TrackBack(1) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

怪奇!兎男

2度と見られない世紀の対決、恐怖の兎男 VS. バニーガール5人衆!!って感じ?
怪奇!兎男 [DVD]2004年(KOTTENTAIL)
製作国:アメリカ
監督:トニー・アーバン
製作:トニー・アーバン
製作総指揮:マイケル・ホックリー
脚本:トニー・アーバン
撮影:ドノヴァン・オキーフ
出演:ネイサン・ファウドリー、クリスティン・アボット、パトリシア・ベルモア、ヘザー・ダーリング
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
サリンジャー博士は動物研究所で実験対象動物No.13、すなわち兎を使った実験を行っていました。あるとき、レポートを国防長官に提出すると言われ、実験に疑問を浮かべる彼女でしたが、No.13『フレデリコ』は≪檻の動物を開放する女性団体≫によって森へ逃がされてしまいます。

翌朝、ハンス・コットンテイルは畑を荒らす『フレデリコ』に気づき、捕まえようとしますが『フレデリコ』は彼の手を噛んで逃げ出してしまいます。
ペット探していますの貼紙をしたサリンジャーは、運よく捕獲されていた動物管理局から『フレデリコ』を回収。

一方、『フレデリコ』に噛まれたハンスは前歯、耳、尻尾と変異をはじめ、ついに兎男として変貌してしまい、飛び跳ねながら無差別に殺人を繰り返し始めるのでした。

事態を危険と感じた駐車場整理の警官マキータをはじめとして、サリンジャー、≪檻の動物を開放する女性団体≫たちは、ハンスをおびき出すためにバニーガールの格好をして捕らえようとするのでしたが、それ以外に策のない彼女たちは…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 12:15| Comment(10) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

遺体安置室 -死霊のめざめ-

死人は永遠に死人ではない。不思議な霊体により死は死ではなくなる。
2005年(MORTUARY)
製作国:アメリカ
監督:トビー・フーパー
脚本:ジェイス・アンダーソン
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

勝手都合で子供たちの迷惑もかえりみず、レスリーはファウラー葬儀場へと引っ越してきました。浄化槽が壊れ、さらに半世紀ぶりの大雨に辺りはびしょ濡れ、黒いカビが周囲に広がっていました。
息子のジョナサンと娘のジェイミーは廃墟のごとき家に明らかに嫌そうでしたが、レスリーはそのままここに住むことを決めてしまいます。
ジョナサンは近くのレストランでバイトをすることにし、店長の姪のリズに一目ぼれ。しかし不良のカル、サラ、ティナに目を付けられ、目の敵にされそうになるのでした。

墓地でスリルを楽しんでいたカルたちは、霊堂に忍び込んだ挙句、行方不明となり、レスリーもまた新しい遺体の処置をしているときに血を撒き散らせ、うごめく黒カビを呼び寄せてしまうのでした。
やがてカビに取り付かれてしまったレスリーたちは、ジョナサンたちをも仲間にしようと襲い掛かってくるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

アローン・イン・ザ・ダーク

人は闇を本能的に怖がる。しかし怖がるからこそ身を守れるのだ。

アローン・イン・ザ・ダーク [DVD]2005年(ALONE IN THE DARK)
製作国:カナダ、ドイツ、アメリカ
監督:ウーヴェ・ボル
製作:ショーン・ウィリアムソン
製作総指揮:ウォルフガング・ヘロルド
脚本:エラン・マスタイ
撮影:マティアス・ニューマン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1967年、遠い昔に絶滅した北米の先住民アビカニ族の遺物を、鉱山労働者が発見しました。遺物には『闇の世界の邪悪な生物共が再び門が開くのを待っている』とありました。超常現象を調査する政府機関713局が組織され、滅びた謎の解明に着手、考古学者ハジェンズ博士の指揮の下、遺物の収集が始められました。
しかし政府に収集を打ち切られたとき、博士は古い金鉱に秘密の研究所を作り、人間と邪悪な生物を合体させる実験を行っていたのです。
待機者スリーパーとなった孤児たちは、呼び出されるその日を待っているのでした。

現代…10歳までの記憶が消えている元713局のカーンビー(クリスチャン・スレイター)は、185便でアルゼンチンから戻ったときから、何者かに追跡されていました。まるで不死身とも思える敵の狙うものは、彼が手に入れたアビカニ族の遺物なのでしょうか、それとも…。

一方、博物館に勤めていたハジェンズ博士は、海洋で純金の箱に入ったエレボス像を引き上げることに成功していました。純金に目がくらみ箱を我が物にしようとする乗組員、しかしその中に入っていたのは!

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD ホラー
posted by 白くじら at 15:25| Comment(2) | TrackBack(1) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

ニードフル・シングス

目をうたがうことなかれ…欲しいものはここにある。
ニードフル・シングス [DVD]1993年(NEEDFUL THINGS)
製作国:アメリカ
監督:フレイザー・C・ヘストン
製作:ジャック・カミンズ
製作総指揮:ピーター・イエーツ
原作:スティーヴン・キング
脚本:W・D・リクター

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
キャッスル・ロックにリーランド・ガーント(マックス・フォン・シドー)という老人が古道具屋を開くためにやってきました。
店に一番に訪れたのは、まだ11才の少年ブライアン…彼が野球ファンでマントルのカードが欲しいと言うと、ガーントは奥からそのカードを持ってきました。それは1956年トップス製…しかも「よき友ブライアンへ」とサインまであるではありませんか。実際には600〜700ドルの価値がありましたが、ブライアンが持っていたのは95セント…しかしガーントはそれでもかまわないと言いました。ただし他愛のないイタズラをして欲しいと頼むのでした。

ブライアンがしたイタズラは、近くに住むウィルマの洗濯物に七面鳥の糞を混ぜた泥を付けること。洗濯物に泥の付いたことに腹を立てたウィルマは、いつも言い争いをしている喫茶店で働くネティーの仕業だと考えます。そのネティーもまた、ガーントの元に挨拶を兼ねて行っていました。
そこで彼女が見たものは、結婚時代に持っていて割ってしまった人形でした。そして彼女もまたそれを譲ってもらうために、あるイタズラを頼まれるのでした。
こうしてガーントの古道具屋に訪れた者は、不思議なことに自分が一番欲しいもの(ニードフル・シングス)が手に入ったのです…手に入れる代わりに彼の願いを一つ叶えることを約束して…。

やがてこのイタズラは次第にエスカレートし、ネティーの愛犬が殺されたことをきっかけとして、ウィルマの家で両者が衝突してしまい、二人とも二階から落ちて死ぬという事件が起こってしまったのです。
町の保安官のアランは、事件現場で立ちつくすブライアンに気づき彼に尋ねますが、ブライアンはガーントをひたすら恐れ、もう遅いんだと拳銃で自殺を図ります。
かろうじて未遂で終わったものの、ガーントが事件に関っていることを知ったアランは、彼の家に忍び込み調べ始めます。そこで見たものは昔からの事件にガーントが立ちあっていたことを示す新聞記事…となると彼はいったい何者なのか!
しかし時すでに遅く、彼女であるポリーは手の病気からガーントを受け入れ、町の住人も狂気に走り出していたのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:31| Comment(4) | TrackBack(1) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

シザーハンズ

雪はなぜ降るの?雪はどこから?

シザーハンズ<製作15周年 アニバーサリー・エディション>1990年(EDWARD SCISSORHANDS)
製作国:アメリカ
監督:ティム・バートン
製作:デニーズ・ディ・ノヴィ
製作総指揮:リチャード・ハシモト
原案:ティム・バートン
脚本:キャロライン・トンプソン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ある雪の日、ベッドで寝付かない女の子が言います。雪はなぜ降るの?雪はどこからくるの?
年老いた老婆は彼女に一つの話をしてくれました。

何年も、何年も昔、今は幽霊屋敷になってしまった山の屋敷に、発明家が住んでいました。
発明家はいろいろなものを作っていましたが、あるときついに人間を作りました。何もかも人間と同じ、心臓から脳まで人間と同じ、ある部分を除いて…。
その発明家は年寄りで、その人間を完成する前に死に、彼は未完成のまま一人ぼっちになってしまうのでした。

ある日のこと、エイボン化粧品の訪問販売をしていたペグは、新しい顧客を開拓するために屋敷を訪れました。
朽ち果てた屋敷の庭は、外から見た光景とはうって変わってよく手入れされ、木々も動物たちを模って伐られており、幻想的な雰囲気を醸し出していました。
彼女はこの屋敷の屋根裏で、手が鋏で顔が傷だらけの男性エドワード(ジョニー・デップ)と出会い、そのまま彼を自分の家に連れ帰ってしまいます。
エドワードは常識を何も持たないまるで赤ん坊のようでした。
小さな町にニュースが伝わるのは非常に速く、瞬く間にペグが男性を連れ込んだことが知れ渡ってしまいました。

やがて彼は木の造形に才能を発揮し、次いでペット、ヘアスタイルにも独特な感性を盛り込み町で評判の人物になるのでした。
しかし彼が密かに想いを寄せていたペグの娘キム(ウィノナ・ライダー)の頼みで、彼女の恋人であるジムの家に忍び込んだときから、街の彼を見る目が一転してしまうのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:03| Comment(8) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

プレスリーVSミイラ男

俺の青春はどこへ?名声は老化を防げないのか?
プレスリーVSミイラ男 [DVD]2002年(BUBBA HO-TEP)
製作国:アメリカ
監督:ドン・コスカレリ
製作:ドン・コスカレリ
製作総指揮:ドン・コスカレリ
原作:ジョー・R・ランズデール
脚本:ドン・コスカレリ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
エジプト王アメンホテプの墓から、新たにミイラが発掘されました。4000年ぶりに日の光をあびたミイラは、各地の美術館で公開されることになるのでしたが、テキサス州へ入ったときに強奪にあい、ミイラはバスと共に川に突っ込んでしまうのでした。

テキサス州マッド・クリーク…老人ホーム・シェイディで次々と老人が亡くなる事件が発生していました。
ホームで暮らすセバスチャン・ハフ(ブルース・キャンペル)は、自分の部屋に忍び込んできた巨大なゴキブリ(実はスカラベらしい)と戦っているうちに、体に活力が戻ってくることに気づきました。それまでの自分は人生に疲れ、ベッドの上から部屋で起こることをただ眺めていただけなのです。

実は、ハフは有名なロッカーである、エルヴィス・プレスリーその人だったのです。
自分の人生に疑問を持っていたプレスリーは、プレスリーそっくりなセバスチャン・ハフと入れ替わり、ハフのそっくりさんを演じていたのですが、そのことを信じてくれる人物はただ1人だけ。看護婦をはじめとしてほかの人たちは、ただの老人のたわ言だと思っていました。
その唯一の人こそが、実は生きていたジョン・F・ケネディことジャック(オシー・デイヴィス)だったのです。

ホームに巣くい、老人たちの魂を吸おうとしているミイラ男を突き止めた2人は、老いた腰に鞭打って敢然と戦うことを決心しました。
そう、仕事の時間がやってきたのです。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD ホラー
posted by 白くじら at 20:00| Comment(6) | TrackBack(1) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

ロストボーイ

サンタカーラはいい町だが、一つ困ったことがあるよ。

ロストボーイ1987年(THE LOST BOY)
製作国:アメリカ
監督:ジョエル・シューマカー
製作:ハーヴェイ・バーンハード
製作総指揮:リチャード・ドナー
原案:ジャニス・フィッシャー、ジェームズ・ジェレミアズ
脚本:ジャニス・フィッシャー、ジェームズ・ジェレミアズ、ジェフリー・ボーム
撮影:マイケル・チャップマン
特撮:ドリーム・クエスト
音楽:トーマス・ニューマン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
「サンタカーラへようこそ(殺人の名所)」の看板を横手に見ながら、離婚した母親ルーシー(ダイアン・ウィースト)と兄弟が、お爺ちゃんの家に引っ越してきました。なぜかここは行方不明の貼り紙が異様に多い町でした。
母親は近くの遊園地にあるビデオ屋で働くことにし、店長マックス(エドワード・ハーマン)と恋仲に、兄マイケル(ジェイソン・パトリック)は遊園地で見かけた女性スター(ジャミー・ガーツ)に一目ぼれ。
スターはバイクに乗る不良一団のボス、デビッド(キーファー・サザーランド)の彼女で、マイケルはその仲間と行動をともにするようになっていきました。

ハドソン岬の洞窟にあるアジトで、ボスから仲間になるための酒を飲んだマイケルは、しだいに体の変調をきたし、日中はサングラス、鏡にはうっすらとしか映らなくなり、気がつくと宙に浮くようになるのでした。
実はその酒はデビッドの血であり…それはまたバンパイアの血を意味していたのです。

一方弟サム(コリー・ハイム)は本屋で知り合った2人の少年エドガー(コリー・フェルドマン)とアラン(ジェイミソン・ニュランダー)の忠告により、兄がパンパイアになったことを知りました。さっそく殺そうとする2人でしたが、本から親バンパイアを倒すとまだ治ることを知り、バンパイアとの戦いに備えることにするのでした。

そして夜、マックスと逃げたスターとラディを奪い返すため、デビッドたちの襲撃が開始されました。しかし…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD ホラー
posted by 白くじら at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

ツインズ・エフェクト

反吸血鬼同盟の隠された力とは…。

ツインズ・エフェクト プレミアム・エディション2003年(千機變 THE TWINS EFFECT)
製作国:香港
監督:ダンテ・ラム
闘技監督:ドニー・イェン
脚本:チャン・ヒンカイ
撮影:チェン・マンポー
音楽:チャン・クォンウィン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

香港…ヴァンパイア・ハンターのリーヴ(イーキン・チェン)は、相棒と共にある駅にいました。
そこに入ってきた列車はすでにひとけがなく…いや、代わりにあったのは…突如として始まるヴァンパイアたちとの死闘!その戦いの中、敵ヴァンパイア(公爵)の腕を切り落とすことはできたものの、相棒がその命を散らしてしまいます。
もう二度と相棒は持たない、そして愛さないと誓うリーヴでしたが、数日後やってきたのは腕は立ちそう…とも思えないハンター見習いの女性ジプシー(ジリアン・チョン)でした。

一方リーブの妹ヘレン(シャーリーン・チョイ)は、太ってしまった恋人に、あろうことかフルのではなくふられてしまい意気消沈…そこで出会った若者カザフ(エディソン・チャン)に次第に引かれていきます。
彼は殿下と呼ばれ、教会に住むヴァンパイアでした(教会に住むなんて…と言っていると遅れているなと怒られます)。彼は血は吸うものではなく飲む物であると…父から送られてきたワインに見せかけた血を飲んで生きていたのです。しかしその王家を狙うものが現れます。
それはあの公爵…王家の者を次々に殺害し「書」を手に入れようとしていました。その「書」には陽光の中でも活動できる偉大なる王の血が封印されていたのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。