映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年08月11日

コンスタンティン

封印は解かれた。バランスは崩れ、この世は終末へと動き出す!

コンスタンティン2005年(CONSTANTINE)
製作国:アメリカ
監督:フランシス・ローレンス
製作総指揮:ギルバート・アドラー、マイケル・アグウィラー
製作:ローレン・シュラー・ドナー、ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ
原作:ケヴィン・ブロドビン
脚本:ケヴィン・ブロドビン、フランク・カペロ
撮影:フィリップ・ルスロ
音楽:ブライアン・タイラー、クラウス・バデルト

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
メキシコ、遺跡である男が地面の下からカギ十字のマークのついた布に包まれた槍を手に取ったことから物語は始まります。
それは運命の槍(ロンギヌスの槍)と呼ばれる、キリスト処刑時に使われ彼の血を浴びた聖槍でした。
ふらりと友人の静止を無視し歩き出す彼に、疾走してきた車が激突する!まるで慣性を無視したかのような衝撃で車が激突した中、一度は倒れた男は腕に紋章を現し、なにごともなかったの如く歩き始めました。

ロサンゼルス、友人であるヘネシー神父(プルイット・テイラー・ビンズ)の頼みで、他女の悪魔払いに来ていたジョン・コンスタンティン(キヌア・リーブス)は、いつもとは違い、他女の身体から人間界に出てこようとした悪魔に驚きながらも、鏡を使った払いで地獄へと押し返します。
人間界は天国と地獄との境目にあり、完全な天使でも悪魔でもないハーフ・ブリードが人間に化けて人間界に住んでしました。
天使も悪魔も彼らを通じて人間に影響を与えるのはよしとしながらも、人間界に姿を現すことは禁止されていたのです。

コンスタンティン…幼い頃から異形のものが見える彼はその重圧に耐え切れず自殺をしますが、2分後に蘇生、この2分間で無限とも思える長い時間の地獄滞在を余儀なくされた彼は、地獄と天国を信じるようになりました。
しかし自殺は神の名におきもっとも罪深い所業でした。
そのために彼が地獄から人間に干渉するハーフ・ブリード(天国からも同様の名らしい)を地獄に送り返しても認められず、天国に行くことはできませんでした。
病院では肺ガンで余命1年を告げられ、今日も教会にいたガブリエル(ティルダ・スウィントン)にそのことを言いますが、彼女は冷たく「自己犠牲でもすること、でも貴方には無理ね」と言われてしまいます。

同じ教会にいた女性刑事アンジェラ・ドッドソン(レイチェル・ワイズ)は、双子の妹のイザベル(2役)の死の存因を調査しているうちに、コンスタンティンに近付きます。
やがてヘネシー神父の死、そしてコンスタンティンに神秘的な武器を提供してくれていたビーマンの死、交霊術などを通し地獄の存在を知り、また彼に好意をよせていくアンジェラ。
しかしロサンゼルスに現れた運命の槍を持った男にアンジェラはさらわれ、天国と地獄とのバランスを壊すマモンの復活の身体に選ばれるのでした。
ハーフ・ブリードたちに場を提供しているミッドナイト(ジャイモン・フンスー)の力を借り、助手のチャズ・クレイマー(シア・ラブーフ)と共に病院に乗り込むコンスタンティン。しかしそこには無数のハーフ・ブリードが待ち構えていたのです!

感想はコチラから ▼



posted by 白くじら at 22:19| Comment(15) | TrackBack(3) | オカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

ゴーストシップ

この業界で唯一の予定は「予定がない」ことだ。

ゴーストシップ 特別版2002年(GHOST SHIP)
製作国:アメリカ
監督:スティーヴ・ベック
製作総指揮:ブルース・バーマン
製作:ギルバート・アドラー
原案:マーク・ハンロン
脚本:マーク・ハンロン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1962年5月21日、アメリカへ航行中だったイタリアの外洋航路船、ヨーロッパ社交界代表600人、船員500人を乗せ海の宮殿と言われたアントニア・グラーザ号は、甲板パーティの最中にワイヤーが切れ、その反動で観客が死ぬという事件を発端として、少女ケイティー(エミリー・ブラウニング)の悲鳴を最後に突然消息を断ちました。

れからおおよそ40年後、半年の曳航作業から戻ったばかりのマーフィ(ガブリエル・バーン)率いるサルベージ会社に、ジャック・フェリマン(デズモンド・ハリントン)という男性が仕事を持ってきました。
天候調査中にベーリング海峡で大型船を目撃したと言うのです。
報酬は儲けの80%…マーフィは報酬10%と彼を同行させるという約束で、アークティック・ウォーリアー(北極の戦士)号で現地に向かいました。

闇の中でそびえる壁のように浮かぶ海の宮殿…40年も前の船がどうして今…マーフィ、エップス(ジュリアナ・マーグリーズ)らは生唾を飲み込み船内に入っていきました。そこで彼らを待っていたものは…金塊を発見し喜ぶ彼らの前に死んだはずの船員やダンサーの影、そしてエップスだけに見える少女の亡霊はなにを語ろうと言うのでしょうか。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD ホラー
posted by 白くじら at 11:29| Comment(6) | TrackBack(2) | オカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

オーメン2 ダミアン

オーメン2 ダミアン1978年(DAMIEN:OMEN II)
製作国:アメリカ
監督:ドン・テイラー
製作:ハーヴェイ・バーンハード
原案:ハーヴェイ・バーンハード
脚本:スタンリー・マン
撮影:ビル・バトラー

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
数字は人の数字にして666なり。

ソーン夫妻が死んだことはメギドのブーゲンハーゲンの知ることとなりました。
彼はダミアンのことを知る最後の1人として、今までの経緯を記した手紙を、ダミアンを引き取ったソーンの弟に届けるよう考古学者マイケルに頼みます。
それを信じないマイケルに証拠として、発掘されたイゲール壁に描かれているアンチキリストの4人の顔を確認するように言います。その顔こそ黙示録に記されている悪魔の顔であると…しかしその遺跡から彼らが戻ることはありませんでした。

7年後、ダミアンはソーンの弟であるリチャードとアン夫妻に引き取られ、息子のマークとともに暮らしていました。
ソーンがダミアンを殺そうとしていたことを知っていた伯母は、夫妻にダミアンとマークを離して育てるように言いますが、逆に悪魔の手にかかり死んでしまいます。
ダミアンの周囲には彼の意思とは別に、彼を守る存在が次々と現れます。

やがて幼年学校で新たに小隊長となったネフから、黙示録13章を読めば自分が何者か判ると言われます。
ついに自分が何者であるのかを知るダミアン、そして彼の周囲で彼を守る者たちが邪魔者を排除していきます。
リチャードたちの運命は!このまま悪魔が闊歩する世界が来てしまうのでしょうか!

映画レビュー
オーメン」からそのまま続く続編です。
今作では邪悪な象徴として黒犬ではなくカラスが使われています。カラスの攻撃は痛い!です。

基本的は父親代わりのリチャードが周囲の異変に襲われつつも、1作目と同じくダミアンが悪魔の子であることに気付くストーリーとなっているために、1作目の衝撃を越えることは難しかったように思えます。
ただ自分が悪魔の子であることを知った時の彼の苦悩、そして恐らくは彼が殺したくなかった最後の人間との別離をもって彼が悪魔へと目覚めるシーンは2ならではの演出でしょう。

【一言いいたいコーナー】
・1、2は連続して観るべし、観るべし。
・はっきり判りませんでしたがネフって「エイリアン2」のビショップ?

関連リンク
1976年「オーメン
1978年「オーメン2 ダミアン
1981年「オーメン3 最後の闘争」
2006年「オーメン666
 
ラベル:映画 DVD オカルト
posted by 白くじら at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーメン

オーメン 特別編1976年(THE OMEN)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・ドナー
製作総指揮:メイス・ニューフェルド
製作:ハーヴェイ・バーンハード
脚本:デヴィッド・セルツァー
撮影:ギルバート・テイラー

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
知恵はここにあり。心ある者は獣の数字を数えよ。

6月6日午前6時、ローマのカプチーニ病院で子供が生まれました。
ソーン家に生まれたその子は一呼吸しただけで死亡したと説明され、悲しみのあまりソーン(グレゴリー・ペック)は同時刻に生まれ、母が死んだ子供を養子に引き取りました。
その後イギリス監英大使となったソーンとダミアンと名づけられた子は、5歳まで風邪1つ引かず育ちますがその誕生日のこと、ホームヘルパーのホリーがダミアンのためにと言いつつ首を吊って死んでしまいます。そしてダミアンの前には黒犬が…。
ホリーの代わりに派遣されたというヘルパー、ベイロックはダミアンに「あなたを守りにきた」とささやきます。

一方ソーンはローマからやってきたブレナン神父にダミアンが悪魔であることを、そして山犬の子であることを知らされますが、不吉を感じながらも追い返します。
しかし教会に近づくにつれて怖がり叫んでしまうダミアン、そして妻キャシーと動物園行った時に動物たちが恐れ逃げ、猿たちは襲いかかり次第に不安感がつのります。そしてついにブレナン神父が謎の死を…。
妻キャシーが事故で入院し、さらに彼を撮っていたカメラマンから彼が死ぬことを予兆していた写真を見せられ、2人はダミアンの出生の謎を調べるためにローマに…その地でソーンたちが知った真実とは!
そしてブレナン神父が言っていた、メギドにいる考古学者でありエクソシストであるブーゲンハーゲンとは!
衝撃のラストシーンを刮目するべし。

映画レビュー
オススメ666の数や黙示録のことが一躍有名になったオカルト映画です。
美しい曲とともに過ごされる5歳までの平和な生活から、一転して邪悪なる不吉な事件の数々…それを象徴する黒犬…そして写真という媒体を通す予兆。
脳裏に残る恐怖のテーマ曲はそれらを幾倍にもしながら盛り上げてくれます。
ソーン役にグレゴリー・ペックをすえたためか、かなり重厚な作りとなっています。
あどけない子供を使い「エクソシスト」の静かな恐怖とはまた別な恐怖を作り出した成功作品でしょう。

【一言いいたいコーナー】
・2006年6月6日に再びオーメンの恐怖が襲ったようです。時はリメイクラッシュですが、この作品はどうだったのでしょうねぇ。

関連リンク
1976年「オーメン
1978年「オーメン2 ダミアン
1981年「オーメン3 最後の闘争」
2006年「オーメン666
コメントなしトラックバック
ホラー映画って呪怨が怖いの?さんの「オーメンって怖いの?
 
ラベル:映画 DVD オカルト
posted by 白くじら at 00:16| Comment(2) | TrackBack(1) | オカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。