映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年10月01日

スーパーマン・リターンズ

史上最強の男が地球に放つ、史上最高のエイターテイメント

スーパーマン リターンズ2006年(SUPERMAN RETURNS)
製作国:アメリカ
監督:ブライアン・シンガー
製作:ブライアン・シンガー、ジョン・ピーターズ、ギルバート・アドラー
製作総指揮:クリス・リー、トマス・タル、スコット・メドニック
脚本:マイケル・ドアティー、ダン・ハリス
撮影:ニュートン・トマス・シーゲル、ASC

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
スーパーマンが地球から姿を消してから5年…彼は惑星クリプトンの破片を元に故郷を探す旅を続けていたのです。
その旅は徒労に終わり、彼は地球に帰って来ました。

彼がいない5年…犯罪件数は飛躍的に伸び、宿敵レックス・ルーサー(ケビン・スペイシー)もまた、証言台に上がるスーパーマンがいないために刑務所から出てきていました。
しかも彼は勝手知ったるスーパーマンの家に侵入し、クリスタルの秘密とクリスタルそのものをも盗み出してしまうのでした。

一方、久しぶりにデイリー・プラネットに顔を出したスーパーマンことクラーク・ケント(ブランドン・ラウス)は、恋人ロイス・レイン(ケイト・ボスワース)に婚約者がおり、子供までいることに愕然とするのでした。
さらに彼に追い討ちをかけたのが、彼女がピュリッツァー賞を受賞したという著書のタイトルでした。

『なぜスーパーマンは必要ないのか?』

時を同じくして秘密基地でクリスタルの実験を行っていたレックスたちは、その影響でニューヨーク中の電気関係を停止させてしまいます。
ちょうどシャトルの取材に、離陸用の飛行機に乗り込んでいたロイスは、シャトルの噴射装置の異常にから飛行機と共に落下!彼女の危機を知ったクラークは、すぐさまスーパーマンに変身すると、飛行機の落下を阻止するために飛ぶのでした。
こうして再びスーパーマンは人類の前にその姿を現しました。
しかし…レックスは実験の結果から次の野望へと計画を進めていくのでした。

関連リンク
1978年「スーパーマン
1981年「スーパーマン2 冒険篇
1983年「スーパーマン3 電子の要塞
1987年「スーパーマン4 最強の敵
1984年「スーパーガール
2006年「スーパーマン・リターンズ

感想はコチラから ▼



posted by 白くじら at 14:05| Comment(16) | TrackBack(5) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

CASSHERN

たった一つの命を捨てて、生まれ変わった不死身の身体…。

CASSHERN2004年
製作国:日本
監督:紀里谷和明
アクション監督:諸鍛冶裕太
プロデューサー:宮島秀司、小澤俊晴、若林利明

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
これは現代の世界とは異なる時を刻み続けている世界…長く続いている戦争は人々を身体を心を蝕み続けていました。
そんな時、人々の怪我や寿命を延ばすことができる、画期的な「新造細胞」の理論を唱える男がいました。彼の名は東博士…妻の身体を治すための理論、しかし彼のそれは突拍子もなく、クローン技術に心血を注いでいる科学者たちには受け入れられませんでした。しかし大亜細亜連邦の軍部から派遣されていた内藤は、その理論に目をつけ施設を提供し、東博士もその言葉に飛び乗りました。彼の息子東鉄也は、そんな博士の生き方に反発し戦場への道へ…。

そして1年が経ちました。
未だ「新造細胞」は完成せず実験は行き詰っていました。と天空から一条の光が、まるで稲妻のように施設を貫いた光はそのままの形を保ったまま物質化しました。先端部は「新造細胞」を培養している溶液に入り込み、曼荼羅のような光があたりを照らしています。
溶液の中では本来人間の部品となるべく育てられていた「手」「足」「眼球」などが活発に動き出し、しかも臓器が結合を始めるのでした。やがてそこには一体の人間が…いや、一体だけではなく何体もの人間が…最初に出てきた白髪の男性に、東博士はまるでそれが我が子であるかのように近づき話しかけようとしましたが、恐怖におののく内藤は兵士たちを呼び、彼らを溶液の中に押し戻し殺害するように命じるのでした。
たちまち広がる修羅場の図…「新造細胞」から生まれた「新造人間」たちは、わけも判らず逃げ惑い殺されていきました。

戦場で爆死した鉄也の遺骸が運ばれてきたのは、そんな混乱の施設でした。
東博士はその身体を見るや、溶液に鉄也の身体を漬そうとします。戦場で疲れきった鉄也の魂が叫びます。「俺はもうこっち側がいいんだ!」と…そんな魂の言葉も、その場にいた上月博士、ルナの声にも耳を貸さず、漬し続ける中で鉄也はよみがえりました。
しかし彼の身体は爆発的に活動を開始しはじめ、上月博士開発の防御スーツを着込まなければ、死んでしまう身体になってしまうのでした。

一方施設から逃げ出した新造人間たちは、出口で出会った東博士の妻ミドリを人質として連れて行くことに、しかし力尽きようとしている仲間の新造人間に生きるように叱咤する姿を見て、自分たちを問答無用で殺しにくる人間とは違うことを知ります。
彼らは町を離れ雪山への道を選びましたが、それは過酷な旅となり、一人、また一人と脱落し、頂上へたどり着いたときにはわずか4人しか残りませんでした。
その4人とミドリの前に雄雄しくそびえたつ謎の城、その中には誰が作ったのか無敵の鉄人たちが眠っていました。
彼らはここを王国とし、人間たちに復讐することを誓うのでした。

…上月の家では鉄也のスーツが完成していました。
培養液(?)の中で眠る鉄也の傍らで、ようやく一息入れる上月博士とルナ…しかし静寂は続きません。
鉄人が壁を破壊して進入して来たのです。
姿を現した新造人間は2人。彼らは博士を王国に連れて行くために来たのでした。しかし博士は殺されルナも…そしてその危機を救うのは!
今、新造人間たちと今一人の新造人間鉄也との、あまりに悲惨な戦いが始まったのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:24| Comment(10) | TrackBack(0) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い


リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い (2枚組 プレミアム)2003年(THE LEAGUE OF EXTRAORDINARY GENTLEMEN)
製作国:アメリカ、ドイツ
監督:スティーヴン・ノリントン
製作総指揮:マーク・ゴードン
製作:トレヴァー・アルバート
原作:アラン・ムーア
脚本:ジェームズ・デイル・ロビンソン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
私は死なない。アフリカの大地が私を生かすのだ。

1899年、ヨーロッパはかろうじて平和が保たれていました。
過去数100年、戦争は拳銃、ライフル、騎兵、馬で引く大砲を使ったものでしたが、19世紀の終わり、新たな時代が明けようとしていました。

ロンドン、突如イングランド銀行が見たこともないような装甲車によって襲撃されました。首謀者の狙いは金塊ではなくそれ以上の価値があると呟く古い海上都市の設定図でした。
ドイツはこの反抗を拒否、そして同年5月、今度はベルリンの飛行船建造工場が襲われドレイク博士が誘拐されてしまいました。この件に関しては英国も拒否、ヨーロッパは戦争勃発寸前に追い込まれてしまいました。

同年6月ケニア、英国の英雄であるアラン・クォーターメイン(ショーン・コネリー)の元に大英帝国代表というサンダーソンが、英国の危機に特別チーム率いて欲しいとやってきました。一度は断ったアランでしたが、すでに暗殺者の手は伸び、ナイジェルを始め友人たちがいた酒場を破壊され承諾します。

同年7月ロンドン、アランはサンダーソンの元に現れました。
その屋敷でMと呼ばれる男性に出会い、超人紳士同盟のリーダーになりこの事件の首謀者であるファントムを捉えるように言われます。数日後にベニスでヨーロッパの首脳が秘密会議をおこなうとのこと、ファントムを捕らえる絶好のチャンスという訳です。
集まったのは透明人間のスキナー、ネモ船長、妖麗な女性ヴァンパイアのミナ・ハーカー…さらにミナの古い友人である不死身のドリアン、そしてアメリカ諜報部員のトム・ソーヤ、パリのジキルを加え、「大海の剣」と呼ばれる巨大潜水艦ノーチラスで水の都ベニスへと向かうのでした。
しかしそこで彼らを待っていたのは、裏切り、そして超人紳士同盟結成の恐るべき真の目的だったのです。

感想はコチラから ▼
posted by 白くじら at 06:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

ヘルボーイ

ヘルボーイ デラックス・ コレクターズ・エディション2004年(HELLBOY)
製作国:アメリカ
監督:ギレルモ・デル・トロ
製作総指揮:パトリック・J・パーマー
製作:ローレンス・ゴードン
原作:マイク・ミニョーラ
原案:ギレルモ・デル・トロ

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
人間の人格や個性を形作る要因とは?

宇宙のもっとも冷たい領域のクリスタル牢で邪悪な7つの龍神オグドル・ヤハドが目覚めようとしていました。

1944年9月…敗戦色濃いナチスは科学技術と妖術を使い戦況逆転を狙っていました。
超常現象研究家であり28歳ながら米大統領の顧問であるブルーム教授を含むアメリカ軍は、極秘任務でスコットランド沖へ向かいました。
現世と冥界の境界に建てられたトランダム大修道院の遺跡では、ナチスの殺し屋でトゥーレ教会の会長であるカール・ルプレマス・クロエネン、死んだはずのグレゴリ・E・ラスプーチンたちが冥界の扉を開きオグドルを呼び起こそうとしていました。
襲撃したアメリカ軍によってスラプーチンは冥界へと飛ばされ、クロエネンも死にましたが…長時間開いた扉から真っ赤で手の大きな子供が現れました。
その子は「ヘルボーイ」と名付けられ、ブルーム教授が育てることに…。

60年後…モルダヴィア・ボルゴ峠でラスプーチンが復活しました。
彼の望みは唯一つ、再び冥界の門を開き、オグドルを呼び出すこと。そのためには冥界の鍵が必要でした。

一方、FBIアカデミー新卒のJ・マイヤースは、超常現象捜査防衛局51課を訪れていました。そこで彼を待っていたのは、ブルーム教授と水棲人間エイブ・サピエン、真っ赤な巨人ヘルボーイ。彼らはニューヨークに起こる超常現象を解決するために結成された部隊でした。彼はここの…特にヘルボーイの身辺の世話係に派遣されたのです。
しかしヘルボーイの頭にあるのは部隊を抜け、病院に行っている発火能力を持つリズのことだけ…すぐに施設を抜け出すヘルボーイに、マイヤースと教授は頭を抱えるばかり…そんなところに…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF ヒーロー
posted by 白くじら at 20:33| Comment(0) | TrackBack(1) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

キャットウーマン

キャットウーマン 特別版2004年(CATWOMAN)
製作国:アメリカ
監督:ピトフ
製作総指揮:アリソン・グリーンスパン
製作:デニーズ・ディ・ノヴィ
原案:テレサ・レベック

amazon.co.jpで詳細を見る。




ストーリー
全ては私が死んだ日から始まった。

アーティストになるのが夢の平凡な女性ペイシェンス・フィリップスは、化粧品メーカー、ヘデア社の広告デザイナーを勤めていました。
しかしそのデザインは社長の気にいるモノではなく、彼女は夜遅くまで仕事をすることに。
ようやくできたデザインを社長に見せようとしたペイシェンスは、工場まで出向きました。そこで新作ビューリーンの実態、実は使用者の頭痛、吐き気、失神を伴う習慣性薬物であることを知ってしまい、秘密を守ろうとした社長の妻の部下たちに追われた挙句、廃液処理パイプから海へ流されてしまいます。

深夜、海岸でこときれているペイシェスの元に、昼間彼女が助けた猫ミッドナイトが現れます。

意識を取り戻した彼女は、自分の知覚がおかしいことに気づくも、なんとか家に戻ってきます(途中、未公開フィルムで犬に追われるシーンあり)。
その日からペイシェスは、まるで猫の人格が乗り移ったかのように、行動することが度々起こるようになります。
やがて彼女は自分を殺した犯人と出会い、それは記憶の断片となって彼女を真の敵へといざなうのでした。

感想はコチラから ▼
posted by 白くじら at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

ロケッティア

ロケッティア1991年(THE ROCKETEER)
製作国:アメリカ
監督:ジョー・ジョンストン
製作総指揮:ラリー・フランコ
製作:ローレンス・ゴードン
原作:ディヴ・スティーヴンス
脚本:ダニー・ビルソン

amazon.co.jpで詳細を見る。


ストーリー
幸運のお守りはピーマンガム?

1938年ロザンゼルス、全米大会に出場するために新型飛行機のテスト飛行をしていたクリフ(ビル・キャンベル)は、FBIと追われるギャングとの銃撃に巻き込まれ損傷してしまいます。
追い詰められたギャングは飛行場内に入り込み、格納庫で謎の機械を隠し、代わりにその辺りにあったエンジン(?)を積み込み逃げます。しかし車は飛行場に戻ってきたクリフの飛行機と接触し爆発、飛行機も炎上してしまうのでした。

飛行機を失い落胆するクリフと技師ピーヴィーは、お金を稼ぐために道化飛行をしなければならなくなるのですが、そのオンボロ飛行機の中に泥棒が隠していた機械を発見します。
スイッチと共に格納庫狭しと飛ぶ機械は、軍の命令で開発していた秘密ロケットシーラスX3だったのです。
その機械は背に背負う形になっていました。
2人はリンドバーグ飛行学校からこともあろうに像を盗み出して畑で実験を…強力な推進力を持つロケットは杭に繋がれていた像を軽く浮かしただけでなく、杭を引き抜いて飛び立ってしまいました。やがて戻ってきた像は畑に激突!ヘルメットがいるな、とつぶやくクリフでしたが、そんな程度でホントに大丈夫なのでしょうか!!

一方、FBIは開発者ハワード・ヒューズにロケットが壊れてしまったことを報告し、また泥棒を雇っていた映画俳優シンクレア(ティモシー・ダルトン)は失敗に舌打ちしつつも、再度ロケットをここに持ってくるようにギャングのボスエディーに命じるのでした。しかし、どうして有名映画俳優がそんなロケットを欲しがるのでしょうか…。
クリフの彼女シェニー(ジェニファー・コネリー)は映画俳優を目指していましたが、いつも背景と化していました。
そんな時、彼女を呼びに来たクリフの失敗をきっかけとして、シンクレアに認められることに…しかしそれはクリフが彼女にロケットのことを話していたのを聞いてしまったからでした。
さらに飛行機ショーでクリフの代わりに道化として出場したマルコムの飛行機が事故で危機に陥った時に、ヘルメットとロケットで助けに行ったために、新聞で騒がれロケットを背負った謎の人物は一躍ヒーローに。
こうしてFBI、シンクレア、そしてエディ率いるギャングたちの包囲がクリフに迫り始めるのでした。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF ヒーロー
posted by 白くじら at 21:37| Comment(4) | TrackBack(3) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

スーパーガール

スーパーガール1984年(Supergirl)
製作国:アメリカ
監督:ヤノット・シュワルク
製作総指揮:イリヤ・サルキンド
製作:ティモシー・バリル
脚本:デビット・オーデル
撮影:アラン・ヒューム
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
スパークリング・ファンタジー!!超能力 VS. 魔術、ここに開幕!

内宇宙にあるアルゴ・シティで事故が起きました。
ゾルター(ピーター・オトゥール)が芸術に使うために、都市のエネルギー源であるオメガヘドロンを黙ってとってきていたものを、カーラ(ヘレン・スレイター)の作った虫が窓を壊したときに宇宙空間に失ってしまったのです。
オメガヘドロンが無くなれば、都市は数日で壊滅…責任を感じたカーラはゾルターが使おうとしていた銀河カプセルに乗り込み、後を追いかけました。そしてゾルターはこの責任を取ってファントム・ゾーンへ送られるのでした。

オメガヘドロンは外宇宙の地球に到達…ピクニックに来ていた3流魔術師のセリナ(フェイ・ダナウェイ)の元に落ちてきました。それが凄まじいパワーを持つことを知った彼女は、師匠であったナイジェルを追い出し、相棒のビアンカと共に世界を我が手に!と行動を起こし始めました。

一方カーラも地球に到着していました。
スーパーマンのいとこである彼女もまた、地球上ではスーパーガールと呼ばれるほどの超能力が備わっていました。
オメガヘドロンを追い続ける彼女は、探査装置の反応があった近くの学校にリンダ・リーと名乗り入学します。
その寮で出会ったルームメイトはなんとロスト・レーンの妹ルーシー・レーン…クラークのいとこということで2人はすぐに仲良くなります。

一方オメガヘドロンの影響で徐々に魔力が強くなっていくセリナは、学校の植木職人に目をつけ自分のモノにしようと画策しますが、逆に彼がリンダを好きになってしまいます。
怒りに駆られるセリナは透明のモンスターをリンダの元に送り込むのでした。

関連リンク
1978年「スーパーマン
1981年「スーパーマン2 冒険篇
1983年「スーパーマン3 電子の要塞
1987年「スーパーマン4 最強の敵
1984年「スーパーガール
2006年「スーパーマン・リターンズ

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:14| Comment(2) | TrackBack(1) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

スーパーマン4 最強の敵

1987年(SUPERMAN VI The Quest for Peace)
製作国:アメリカ
監督:シドニー・J・フューリー
製作:メナヘム・ゴーラン、ヨーラム・グローブス
原案:クリストファー・リーブ、ローレンス・コナー、マーク・ローゼンタール
脚本:ローレンス・コナー、マーク・ローゼンタール
撮影:アーネスト・デイ
音楽:ジョン・ウィリアムス

ストーリー
一人だけを特別に愛さず、全員に等しい愛を…。

故郷スモール・ビルの我が家に帰ってきていたクラーク・ケント(クリストファー・リーヴ)は、納屋で自分の入って来た隕石(宇宙船)から最後に残されていたエネルギーモジュールを取り出し、誰もいなくなった家を不動産のホーンズビィに任せてメトロポリスに戻りました。

久しぶりに出社したデイリー・プラネット社は、いつもと様子が違っていました。
そう、インチキ新聞で儲けたムッシュー・ワーフィールドが社を買い取り、今までと違ったやり方で社を動かすことを宣言したのです。
金が全てのやり方にデスク、ロイス(マーゴット・キダー)、クラークが反発しますがとても聞いてはくれません。それどころか彼の娘であるレイシー(マリエル・ヘミングウェイ)とともに仕事をせよとの命令でした。

そんなおりサミットが物別れとなり、アメリカ大統領のやむなく核軍備競争で上位に立つための努力をしなければならない、という演説が放送されました。
それを嘆いた少年ジェレミーがスーパーマンに宛てた手紙…それには核兵器を無くしてくださいと懇願する内容でした。
北極のクリスタルにいる長老たちの人間を見限って別の星に行けという言葉と板ばさみになるスーパーマンでしたが、ジェレミーの意見を取り上げ、実験で打ち上げられたミサイルを奪いまとめて太陽に投げ捨ててしまうのでした。
こうして一時的にでも平和になった地球でしたが、そんな彼に立ちふさがったのは、おいのレニーの手引きにより脱獄したレックス・ルーサー(ジーン・ハックマン)でした。
彼は博物館に寄付されていたスーパーマンの髪の毛から、発生学の応用により太陽をエネルギー源とするニュークリアマンを誕生させるのでした。

関連リンク
1978年「スーパーマン
1981年「スーパーマン2 冒険篇
1983年「スーパーマン3 電子の要塞
1987年「スーパーマン4 最強の敵
1984年「スーパーガール
2006年「スーパーマン・リターンズ

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーマン3 電子の要塞

スーパーマン 3 電子の要塞1983年(SUPERMAN III)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・レスター
製作総指揮:イリヤ・サルキンド
製作:ピエール・スペングラー
脚本:デヴィッド・ニューマン
撮影:ロバート・ペインター

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
彼はもういない…彼は死んだんだ。

職業安定所…インスタント解雇の常習犯ガス・ゴーマン(リチャード・プライアー)は、もう36週間も失業していました。
そんな彼に職業安定所は社会奉仕権はもう無いと冷たく言い放ちます。職をもらえず怒るガスが見たのは「コンピューターで金持ちに」という広告でした。
彼は早速パソコンスクールに通いましたが、彼にとってはもっとも合ったことだったのか先生のできないこともあっさりとこなしてしまいます。こうして彼は世界でも有数のウェブスコ産業の社員となったのです。

さてそのころ我らがスーパーマンことクラーク・ケント(クリストファー・リーヴ)は、高校の同窓会を記事にするべくジミーといっしょに故郷スモール・ビルへ向かっていました。
途中、化学工場での火災に遭遇、そこに置かれてあったベルトリック酸の濃縮液は摂氏80度以上になると鉄でもなんでも腐食させてしまう恐ろしいものでした。近くの湖の水を凍らせて運んできたスーパーマンの活躍より火災はなんとか鎮火、しかしジミーが足を骨折という怪我をしてしまいました。
1人同窓会へ出たクラークはそこで昔好きだったラナに再会、彼女は夫ブラッドと別れ息子リッキーと一緒に暮らしていました。

一方ガスは給料にあるはずの1/2セントの端数が切り捨てられていることに目をつけ、会社中の端数を自分の口座に振り込むようコンピュータを操作します。驚いたのは会社、8万4千ドルもの金がどことも判らないところに消えてしまったのです。
リッチな車を乗り回し始めたガスはすぐに社長ロス・ウェブスターに呼ばれ…しかし社長は怒る以前にガスにバルカン衛星をコントロールするよう指示をだします。
彼の力を使って自分の命令に従わないコロンビアに災害を起こさせようとしたのです。
しかしその災害を食い止めたスーパーマンの存在により、ロスの標的はスーパーマンへと変更されました。ただちに弱点を調べクリプトン石(クリプトナイト)であることを突き止めると、クリプトン星が爆発した地点に探査機を送り込み成分を分析させたのです。
やがてできあがったクリプトナイトを持ち、ガスはちょうどリッキーの誕生日を祝うために来ていたスーパーマンに、町を代表してクリプトナイトを贈るのでした。謎の成分が不明のまま作ったクリプトナイトは、スーパーマンに無効と思われ、ロスたちも落胆したのですが、影響は深く静かにスーパーマンを侵し始めたのです。
しだいに邪悪になりながらもリッキーの声に正義の姿を取り戻そうとするスーパーマン…ついに善(クラーク)と悪(スーパーマン)の2人に分かれてしまいます。今ここに壮烈なる善と悪の戦いが始まったのです。
そして…ロスはガスの案により何者にも壊されず、相手の弱点を発見することのできるスーパーコンピュータの開発に着手し始めるのでした。

関連リンク
1978年「スーパーマン
1981年「スーパーマン2 冒険篇
1983年「スーパーマン3 電子の要塞
1987年「スーパーマン4 最強の敵
1984年「スーパーガール
2006年「スーパーマン・リターンズ

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

スーパーマン2 冒険篇

スーパーマン2 冒険編1981年(SUPERMAN II)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・ドナー
製作総指揮:イリヤ・サルキンド
製作:ピエール・スペングラー
原案:マリオ・プーゾ
脚本:マリオ・プーゾ

amazon.co.jpで詳細を見る。


ストーリー
普通の人間として生活するためには…。

パリ、エッフェル塔でテロリストが人質をとって占拠、ロイス(マーゴット・キダー)がすぐさまコンコルドで現地に向かいました。水爆を持っていることに気付いたクラーク(クリストファー・リーヴ)もまた、ロイスの身を案じてパリに飛びます。
ロイスは無謀にもエッフェル塔に忍び込み、エレベータの下に潜みますが、警察の作戦によりそのエレベータのコードが爆破され、そこにつまれていた爆弾と共に下に落下しました。しかもその拍子に起爆ボタンが…あと60秒!
危機一髪、ロイスを救ったスーパーマンは彼女をそこに降ろすとエレベータを大気圏外に持ち去り宇宙のかなたへと投げました。
水爆は大爆発を起こしその余波をスーパーマンも受けますが…もう1つ余波を受けたものが…そう、クリプトン星を追放されファントムゾーンへ送られていた、ゾッドたちの入った二次元の輸送体を粉々に破壊し、ゾッド将軍、アーサー、ノンの3人が開放されてしまうのでした。
彼らは真空の中でも死ぬこともなく、近くの月へと降り立ちます。
そこで調査をしていたアーテミス2号を破壊し、通信を行っていたヒューストン星(地球)へ向かいこの軟弱な生物を支配しようと企むのでした。

一方刑務所に入れられていたレックス・ルーサー(ジーン・ハックマン)は今やただの囚人1240号、しかし持ち前の技術力と仲間のオーティス(役に立ってる?)、外部からのテシュマッカーの協力を得てついに脱獄…スーパーマンに復讐するためにいつも彼が北に帰ることから、ついに住処を突き止めてしまいます。

そんなこととは知らないクラークとロイスは、ナイアガラにマフィアに関する取材に来ていました。しかし滝つぼに落ちた子供を助けるスーパーマンを見て、あまりのタイミングとやはりクラークが姿を消していることを知って、彼こそがスーパーマンではないかと確かめます。そして…正体を知られたクラークはロイスに全てを知ってもらうため北極の家に迎え入れます。
クラークはロイスと暮らすため、人間して暮らすためにスーパーマンの力を手放す決意を…しかしそのころ…。
地球に降り立ったゾッドたちは、自分が超能力を持っていることに気付きます。そしてヒューストンの田舎町を襲い、次いで大統領官邸をも…しかしその危機になぜかスーパーマンの姿は…。

関連リンク
1978年「スーパーマン
1981年「スーパーマン2 冒険篇
1983年「スーパーマン3 電子の要塞
1987年「スーパーマン4 最強の敵
1984年「スーパーガール
2006年「スーパーマン・リターンズ

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーマン

スーパーマン ディレクターズカット版1978年(SUPERMAN)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・ドナー
製作:ピエール・スペングラー
原案:マリオ・プーゾ
脚本:マリオ・プーゾ
撮影:ジェフリー・アンスワース

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
人類の歴史を変えてはならない。

1938年6月メトロポリスのデイリープラネットは、正しい情報を伝え続け正義と希望のシンボルとなりました。

地球、西暦1948年のころ、ここは惑星クリプトン、反乱を犯したゾッド将軍以下3名を評議会の名の元にファントムゾーンへと送ったジョー・エル(マーロン・ブランド)は頭を抱えていました。クリプトンは軌道をはずれこのままで30日後に大爆発をしてしまうことが判ったのですが、評議会はそんなことはないと突っぱね、市民にいらぬ心配をさせることは反乱にも等しいというのです。
やむなくジョー・エルは1人乗りの小型宇宙船を用意し28銀河の情報を集めたクリスタルと、最後に自分と妻ラーラの思いのこもった緑のクリスタルを息子カル・エルにたくすのでした。
ジョー・エルの言ったことは本当でした。悲惨な大爆発の中、カル・エルを乗せた宇宙船は一路地球へと…。

3年後、農夫ジョナサンとマーサは、落下して来た隕石(宇宙船)から出てきた子がただの子ではないことを知りながらも、クラーク・ケントと名づけ、死んだ「いとこの子」として育てることにしました。
時は流れ年老いたジョナサンがある日倒れました。強大な力を持ちながらも父親を助けることができなかったクラークは落ち込みますが、その夜、馬小屋に置かれてあった緑のクリスタルに導かれます。
翌朝、丘の上に独り立つクラークを見るマーサは、来るべき時が来たことを知ります。
クラークは北へ、北へと向かい行き着いた場所で緑のクリスタルを投げました。氷地に現れる巨大な建造物、これこそが彼の第2の家となりました。彼はここでクリスタルの教えに従い、自分が何者で何をなすべきかを知ります。

メトロポリスに出てきたクラーク(クリストファー・リーヴ)は、デイリープラネット社に勤務することに…スペルは苦手ですが敏腕記者のロイス・レーン(マーゴット・キダー)の下に付けられた彼は彼女に一目ぼれ…地求人クラークとしてドジを踏みながらも彼女を支えます。
そんなある日、ロイスは大統領機の直陸を取材するために社のビルからヘリで離陸しようとしていましたが、ヘリがワイヤーを引っ掛けてしまい、はるか上空のビルの上で宙吊りに!
地上でそのことを知ったクラークはすぐさま電話ボックス…ボックスじゃない!回転ドアを使って変身、彼女を救いに飛び出すのでした。こうしてメトロポリスの市民の前にスーパーマンは颯爽と登場、次々に事件を片付けて行き、新聞社はこぞってニュースにしました。
個人的に「あなたの友人」と言われ個人インタビューをすることができたロイス、夜景の美しいニューヨークを2人で飛行することのできた彼女にとって、スーパーマンはあこがれ以上の存在になりつつありました。

時を同じくしてメトロポリスの地下70メートルにアジトを持つ天才犯罪王レックス・ルーサー(ジーン・ハックマン)が、かつてない野望をめぐらせていました。
彼は父から教えられた土地を歪んで応用したのです。つまりカリフォルニアの東にある砂漠を安く買い取り、その上でサン・アンドレアス断層にロケットを打ち込もうというのです。
そうなれば地震でカリフォルニアは壊滅し代わりにレックスの土地が…おりしもロイスとジミーが取材でこの地に!
しかし助けに行こうとするスーパーマンは、レックスの卑劣な罠にかかりクリプトン石によって力を封じ込められてしまうのでした!

関連リンク
1978年「スーパーマン
1981年「スーパーマン2 冒険篇
1983年「スーパーマン3 電子の要塞
1987年「スーパーマン4 最強の敵
1984年「スーパーガール
2006年「スーパーマン・リターンズ

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 10:10| Comment(12) | TrackBack(1) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

スカイ・ハイ

スカイ・ハイ2005年(SKY HIGH)
製作国:アメリカ
監督:マイク・ミッチェル
製作総指揮:マリオ・イスコヴィッチ、アン・マリー・サンダーリン
製作:アンドリュー・ガン
脚本:ポール・ヘルナンデス、ボブ・スクーリー、マーク・マコークル
撮影:シェリー・ジョンソン
音楽:マイケル・ジアッキノ

amazon.co.jpで詳細を見る。


ストーリー
ヒーローたちの中にも大いなる差別が存在していた。

スーパーヒーローだらけの世の中でも、超スーパーな2人、コマンダー(カートラッセル)とジェットストリーム(ケリー・プレストン)。コマンダーは無敵の力持ち、彼女は超音速で空を飛ぶ格闘技の達人でした。
普段の顔はストロングホールド夫妻、街一番の不動産セールスマンです。しかし指令が一度下るとスーパーヒーローに変身!
二人の子供であるウィル(マイケル・アンガラノ)にはただのパパとママでしたが、親が正義のヒーローだと子供にも期待がのしかかっていました。しかし彼には小さな問題があったのです。

それは能力がないこと…なんとか両親の前ではパワーがあるかのように振舞っていたウィルでしたが、とうとう今日、両親が母校であるスカイ・ハイスクール(スカイ・ハイ)に入学することに。
スカイ・ハイは反重力推進で空に浮き、常に移動しているヒーロー育成学校なのです。

ロンの運転するジェット・スクールバスで学校に向かうウィル。いろいろなパワーを持つヒーローたちのいる学校に目を見張るウィルたち新入学生に待っていたのは、クラス分けの実技試験でした。
持っているパワーによってヒーロー組になるのか、それともヒーローをサポートするサイドキック組に別れるのです。
しかしパワーを持っていないウィルは…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:34| Comment(4) | TrackBack(1) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]2005年(FANTASTIC4)
製作国:アメリカ
監督:ティム・ストーリー
製作総指揮:スタン・リー
製作:アヴィ・アラッド
原作:スタン・リー
脚本:マイケル・フランス

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
宇宙の研究は、人類の知識を進歩させる。

ほかのことには無頓着な科学の虫である天才発明家リードは、太陽圏で生じた高エネルギーの宇宙嵐が地球生命の進化の引き金になったのではないかという自論を持っていました。
しかもちょうど6週間後に同じ性質の宇宙嵐が地球の軌道を通過することを知った彼は、親友のベンとともに、かつての学友ビクターの開発したシールドを求めて彼の会社にやってきました。
利益優先の科学者であるビクターは、シールド技術を貸すかわりに、この研究でもたらされる利益のほとんどと権利を自分によこすようにいいました。

こうして宇宙基地バン・ドゥームへ上がったのは、ビクターと彼の元にいた元リードの恋人のスー、彼女の弟ジョニー、そしてリードとベンでした。
しかし計算の狂いから宇宙嵐は7時間も早まって襲ってきたのです。船外にいたベンはもとより、ベンを助けようとシールドの外に出たスー、リード、ジョニーもまた宇宙嵐の放射線を浴びてしまうのでした。

DNAが変化した彼らは、リードがゴム人間、スーは透明人間、ジョニーは発火人間、ベンは岩石人間になってしまいます。なぜかベンだけが元に戻ることが出来ず、ついに恋人も離れてしまいます。そんなベンの様子を見たリードは、彼になんとしても体を元に戻すことを誓うのでした。

一方、シールド内にいたビクターもまた体の不調を訴えていました。
実験の失敗、会社の投資家からの援助打ち切り、恋人だと思っていたスーもリードの元へ行き、絶望感と怒りに燃える彼は悪の代名詞ドゥームとなり、自分をこんなふうにしたリードたちファンタスティック・フォーにその邪悪な刃を向けるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 08:48| Comment(10) | TrackBack(4) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。