映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2007年02月07日

アンデッド

人類の滅亡だ!そして私は選ばれし者なのだ!

アンデッド2003年(UNDEAD)
製作国:オーストラリア
監督:ピーター・スピエリッグ
製作:ピーター・スピエリッグ
脚本:ピーター・スピエリッグ
撮影:アンドリュー・ストレイホーン
編集:ピーター・スピエリッグ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
その日、オーストラリアの小さな町バークレーに、彗星の破片が降りそそぎました。
その隕石に打ち抜かれた人たちは、次の瞬間、アンデッドとなり周囲の人たちを襲いはじめました。襲われた人たちも同様のアンデッドと化したため、鼠算式に町はアンデッドたちであふれかえるのでした。

2002年度のミス・バークレーとして名を上げたレネ・チャップリンは、親が死んだときに自分のものになる遺産の牧場を、バークレー金融に借金のかたとして取り上げられ、町を出ることにしてしました。
ところが途中の自動車事故で通れず、調べに出た連れはそこにいたアンデッドに襲われ、アンデッド化してしまいます。
危ないところを3連のライフルで助けてくれたのは、近くの武器屋「マリオンの武器ワールド」の経営者マリオンでした。

わけも判らず武器屋に逃げ込むレネ。
さらにアギー・チャーター便経営のウェインと妊婦のサリー、そして巡査部長とモリー巡査たちも逃げ込んできます。ところがアンデッドたちは彼らの後を付いてきたのか家の中に侵入、多勢に無勢、彼らは次第に奥に追い詰められ、ついにはマリオンの用意していたシェルターまで追い詰められてしまうのでした。

一方、外では深い雲の間から一条の光が差し込み、その光に当たったアンデッドたちは上空に吸い上げられていました。それはいったい何を意味しているのでしょうか。

感想はコチラから ▼



posted by 白くじら at 22:41| Comment(4) | TrackBack(2) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

ヴァンパイアVSゾンビ

力はあれどその数に勝るもの無し!

ヴァンパイアvsゾンビ2004年(VAMPIRES VS. ZOMBIES)
製作国:アメリカ
監督:ヴィンス・ダマト
製作:ダミアン・フォイジー
製作総指揮:ヴィンス・ダマト
原作:シェリダン・レ・ファニュ
脚本:ヴィンス・ダマト

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
原因不明の伝染病が猛威をふるっていました。
感染源は北部の動物、症状は狂犬病に酷似し、感染者は人を襲い人肉を食べるという報告もされていました。
深刻な精神障害が起きているのでは…。

トラビスと娘ジュナは車で、ゾンビを弾き飛ばしながらある場所に向かっていました。
ジュナは女性に襲われる夢でうなされて起きたとき、前方に車が立ちふさがりました。乗っていた女性は、トラビスたちの行方を知らないのに同乗の女性を預けると言います。さすがに断ろうとしたトラビスでしたが、女性は残る1人が感染しているために話しておきたいのだと説明し、無理やり車に乗せてしまうのでした。

しかしこの女性こそがヴァンパイアであり、ガソリンスタンドで店員を襲い、さらにはジュナにまでその血塗られた牙を…。
そんなこととは知らないトラビスと、彼と合流しようとしていた自称将軍は、ある目的のために車を走らせます。しかし、その場で待っていたものは…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD ホラー
posted by 白くじら at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

バタリアン

誰も信じないがこの映画は実話なんだ。

バタリアン1985年(THE RETURN OF THE LIVING DEAD)
製作国:アメリカ
監督:ダン・オバノン
製作:トム・フォックス
原案:ジョン・ルッソ
脚本:ダン・オバノン
撮影:ジュールス・ブレンナー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1984年7月3日、東部夏時間午後5時30分…ケンタッキー州の東ピードモント地区にあるユーニーダ医療品商会のフランク(ジェームズ・カレン)は、新人のフレディ(トム・マシューズ)に仕事の内容を教えていました。
さすがに医療品商会です。ほかの商店とは違って獣医学校用の縦切りにされた犬の剥製や白骨モデル、さらに冷凍庫には人間の死体まであるではありませんか。
神妙な様子のフレディにフランクはさらにゾンビ映画として名高い「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」は実話だったと話し始めます。
実は1969年ピッツバーグの軍人病院で、グロウ製薬が陸軍用に作ったトライオキシン245という薬が漏れ、死体安置所に充満したというのです。動き出した死体を処分するのは大変だったそうです。
しかしどうしてそんなことをフランクが…と不審がるフレディに、フランクはその陸軍がグロウ製薬に返すつもりだった死体入りタンクが間違ってここに来たからと言うのです。
目を輝かせたフレディを連れて、フランクは地下室に置いてあるタンクを見にいきました。確かにそこには陸軍の名の入ったタンクが…その中には干からびたような死体が入っていました。しかしその時タンクを叩いたフランクのために、中のガスが漏れて2人はその場に倒れるのでした。ガスは排気管を通って倉庫に充満しました。

一方、フレディの友達であるパンクたちはフリディが仕事を始めたということを聞き、恋人のティナとともに遊びにやってきます。しかしまだ早く来すぎてしまった彼らは時間つぶしのために近くの墓場で遊ぶことに。

ようやく地下で目覚めたフランクたちは気分最悪の状態で上がってきました。と、どこからか犬の鳴き声が、不審に思った2人が見に行くと、そこには犬の縦割り標本が息づき鳴いていたではありませんか!
次いで冷凍庫から何かが暴れドアを叩く音が!
中にいるものはあの死体しかいません。

フランクはやむなくバート社長を呼び出しますが、社長とてどうすればいいのか分かりません。
映画で観たとおり頭を破壊すればいいだろうと、冷凍庫の中の死体を出して、暴れる奴の頭部につるはしを落としました。しかし「それ」はそんなものでは死ななかったのです。
困り果てた彼らはバラバラに切り、火葬炉の番人であるアーニー(ドン・カルファ)にすがることにするのでした。
驚きながらも火葬炉で焼くことを承知するアーニー、硬い筋肉の心臓はおろか灰すら残らないほどの高温で焼かれ、ようやく彼らは安堵の溜息をつくのでした。

しかしフランクとフレディの状態はその間にも悪化し、目はくぼみ体温は下がり動けない状態になりかけていました。それはまるで死人と同じ状態になりつつあることを彼らはまだ知りませんでした。さらに火葬炉から出た煙は突然の大雨に全て地面に叩きつけられ、パンクたちのいる墓場に流れ落ちていきます。
そして彼らは、雷鳴轟く闇の中、地面を割り無数の手が突き出されるのを目撃することになるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:51| Comment(4) | TrackBack(0) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

ドーン・オブ・ザ・デッド

全力疾走するゾンビたち!!

ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット2004年(DAWN OF THE DEAD)
製作国:アメリカ
監督:ザック・スナイダー
製作総指揮:アーミアン・バーンスタイン
製作:マーク・エイブラハム
脚本:ジェームズ・ガン
オリジナル脚本:ジョージ・A・ロメロ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ある朝ルイスとアナが仲良く寝ている扉がゆっくりと開かれました。
物音に気づいたルイスが見ると、そこに立っていたのは口から血を滴り落とすビビアン…あわてて駆け寄ったルイスの手をすり抜けビビアンはルイスの首に噛みつきました!
アナが飛びつきビビアンを払いのけますが、頚動脈を食いつかれたのかルイスはもう血達磨の状態で、止めようと思っても血が…病院に電話するかたわらでルイスは息を引き取ります…が数秒後再び目覚めたルイスは、形相凄まじくアナに襲いかかってくるのでした。
ゾンビ化したルイスからバスルームに逃げ、さらにそこから外に出たアナは街中で「何か」が起こっていることに気づきます。
さらに追いかけてきたルイスを振り切り、車で街を走るアナ…街はどこもかしこも大騒ぎでした。
その騒ぎの中、車が運転を誤り茂みの中の木に激突してしまいます。

気を取り戻して車から降りようとしたアナに銃を突きつける男性の姿が…彼は警官でした。
その後、3人の正常な人間に出会った一行は、軍事基地への道が閉ざされたことを知ると、近くにあったクロスロード・モールへ立てこもることにするのでした。しかし、彼らがそこで別の人間たちに遭遇している間に、ゾンビたちは続々と集結してくるのでした。
そう、生きている人間を求めて…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 09:01| Comment(8) | TrackBack(1) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

ショーン・オブ・ザ・デッド

俺は変わる。ここから変わるのだ。

ショーン・オブ・ザ・デッド2004年(SHAUN OF THE DEAD)
製作国:イギリス
監督:エドガー・ライト
製作総指揮:ティム・ビーヴァン
製作:ニラ・パーク
脚本:サイモン・ペッグ
撮影:デヴィッド・M・ダンラップ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
電気屋の販売担当員であるショーンは、ある夜、お決まりの溜まり場であるウィチェスターパブで、「いつもいつも同じことばかりでもうイヤ」と、とうとうリズに愛想を付かされてしまいます。
いつものように仕事に出ても、新人にも受けの悪い彼は覇気というものがありません。
そしてついに彼は決心しました。
今日から新しい人生を踏み出すために変わると…。

さてそんな彼の決心などには関係なく、宇宙では米国宇宙探査機オメガ6が予定外に大気圏に再突入し、英国上空で空中分解するという大事件が起こっていました。

その影響からか地上では死んだ人間がよみがえり、ゾンビと化し始めていました。
そんなこととはつゆ知らず、ショーンは仕事に出かけるためにいつものように町に出るのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:15| Comment(14) | TrackBack(3) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランド・オブ・ザ・デッド

食料の無くなる日は、生者の消える日だ!

ランド・オブ・ザ・デッド2005年(LAND OF THE DEAD)
製作国:アメリカ/カナダ/フランス
監督:ジョージ・A・ロメロ
製作総指揮:スティーヴ・バーネット
製作:マーク・キャントン
脚本:ジョージ・A・ロメロ
撮影:ミロスラフ・バシャック

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
少し前のこと…原因は不明のまま死者がよみがえり、周囲の人間を襲いはじめました。襲われた人間もまたゾンビと成り果て、次々とゾンビたちは増えていました。

そして今…デッド・レコニング(死の報い号)と呼ばれる操行車に乗るライリー、チョロたちは、花火を使ってゾンビたちの視線を上空に釘付けにし、その間に食料などを回収していました。
調査の途中ライリーは、明らかに知能を持っているらしい黒人のゾンビを目撃します。
なんと彼は仲間のゾンビに指示をしていたのです。

少数になってしまった人間たちは、ユニオン・タウンに要塞を築き生きながらえていました。
しかし裕福な生活をしているのはカウフマンを筆頭に一部の人間たちだけで、ほかの人間たちは貧民街でその日暮らしをしていました。
そんな暮らしが嫌になっていたライリーは、ここを抜け出しカナダへ行こうと計画していましたが、有能な人間を逃がさないカウフマンのために車を横取りされます。

そんなおり、カウフマンに約束をほごにされたチョロたちは、装甲車を奪い、逆にタウンのタワーにミサイル攻撃をすると脅し始めました。
自由を約束に、チョロたちのミサイル攻撃を阻止するために動き始めるライリーたち。

しかし一方で知能あるゾンビのもと、ゾンビ集団は川を渡り、ユニオン・タウンに迫っていたのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

死霊のしたたり3

もう少しで混沌とした生死に秩序を与えられる。

RE-ANIMATOR 死霊のしたたり3 コレクターズ・エディション2003年(BEYOND RE-ANIMATOR)
製作国:アメリカ、スペイン
監督:ブライアン・ユズナ
製作:フリオ・フェルナンデス
製作総指揮:カルロス・フェルナンデス
原作:H・P・ラヴクラフト
原案:ミゲル・テハダ=フロレス
脚本:ウディ・キース
撮影:リック・フィクター
特撮:スクリーミング・マッド・ジョージ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
クライストチャーチ墓地の近くに住むエミリーとハワード姉弟は、突然乱入して来た男性に襲われました。
彼はギクシャクした動きでしたが、もっとも目を引いたのは顎の部分がとれているのに平気なことでした。その男性は警官たちに射殺されましたが、ときすでに遅く壁に打ちつけられたエミリーは、ハワードの目の前で帰らぬ人となってしまいました。
重要参考人としてパトカーに乗せられたのは、メガネをかけた小男でした。それを見るハワードの足元には黄色く光る液体の入った注射器が…。

13年後…医学部をトップで卒業したハワード(ジェイソン・バリー)は、アーカム重犯罪刑務所の医者を志願して刑務所へ入ってきました。しかもあの事件の後ウエスト(ジェフリー・コムズ)がここに投獄されているのを知り、診療助手として彼を任命したのです。
ちょうど発作を起こした囚人の1人が運び込まれ、右往左往する看護婦を見るに見かねたウエストが、的確に指示をするのを見たハワードは、彼がやはり医学の道では天才的であることを知ります。
残念ながらその囚人を救うことはできませんでしたが、ハワードは生と死について自分と研究をしようと話し、鞄から13年前に拾った注射器を取り出すのでした。

こんなところでは何もできないと断っていたウエストもこれには驚きつつ…13年も経っているので効果は薄れているかもしれない、と言いつつも今死んだ囚人に蘇生薬を打ちました。
痛みによる凶暴化と興奮状態はいつもの通り、叫び声に飛び込んできた看守を犠牲にしながらも、囚人は取り押さえられます。
ここにウエストは裏切ったダンに代わる、新たな相棒を見つけたのです。

やがて2人は診療所の奥の部屋で秘密の実験施設を作り、蘇生薬の作成が行われ始めました。
ウエストはこの13年間ぼーとしていた訳ではありませんでした。少ない機材ながらも、小規模の実験を繰り返していたのです。
近くの官房の囚人が飼っていたネズミをモルモットにし、電気エネルギーから作りあげた新たな極少プラズマ、これを使うことによって凶暴化した死体を、おさえるができるようになったのです。しかしそれにはまだまだ実験が必要でした。

ネズミに始まり、ハワードと恋仲になったローラ(エルザ・パタキー)が殺され(惚れた所長が嫉妬と裏切りで!)、さらにその所長もウエストが…と次々と実験台にされる周囲の人々。さらに生きた死体の騒動によって開放された囚人たちの暴動と、生き返った所長による囚人の死体化によって、刑務所は阿鼻叫喚の坩堝と化してしまうのでした。
暴動と血の海と化した所内を、元の人格と凶暴な人格を持ってしまったローラを追うハワードでしたが、そこで待っていたものは…。

関連リンク
1985年「死霊のしたたり
1989年「死霊のしたたり2
2003年「死霊のしたたり3

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:22| Comment(0) | TrackBack(1) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死霊のしたたり2

意識は脳以外にもあると判明したんだ。

死霊のしたたり21989年(THE BRIDE OF RE-ANIMATOR)
製作国:アメリカ
監督:ブライアン・ユズナ
原作:H・P・ラヴクラフト
脚本:ウディ・キース
撮影:リック・フィクター
特撮:スクリーミング・マッド・ジョージ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
8ヵ月後、ウエスト(ジェフリー・コムズ)とダン(ブルース・アボット)は南米ペルーの野戦病院で治療をしつつも、例の蘇生薬の向上を目指していました。相変わらずだれかれかまわず襲うところは治っていませんでしたが、蘇生薬はたとえ一部分であっても蘇生させる強力なものへとなっていました。ウエストは意識は脳外にもあることを知り満足げでした。

そして…マサチューセッツ州ミスカトニック病院、グレイヴス博士の元にアーカム警察のL・チャップマン警部補がカバンに何やら入れて持ってきました。中を覗くとそこには少し歪んではいるものの、明らかにヒル博士(デイヴィッド・ゲール)の頭部が…なんでも見世物小屋で発見したとのことです。
グレイブス博士は、それをあの事件後残されていた死体の一部と一緒に、棚の上に置くのでした。
最近この一部だけでなく、死体安置所の死体の一部までが紛失する事件が起こっていましたが、実はそれはウエストが実験に使っていたためでした。今日もウエストはメグの心臓を発見し、にんまりしてポケットにしまいこむのでした。

ウエストはダンにメグを復活させたくはないかと持ちかけ、相変わらず意志の弱い彼は、またしても説得されてしまい、ウエストが持ってきた死体の一部を組み立てて行くのでした。しかしそのことはチャップマン警部補にばれてしまいます。やむなくウエストは彼を殺害して、またしても!生き返らせてしまいますが…。

一方、残されていた薬を分析することによって、蘇生薬の秘密を知ってしまったグレイヴス博士は、こともあろうことにヒルの頭部を蘇生させてしまいます。
邪悪な面が剥き出しになっているヒルは、自分をこんな目に合わせたウエストに復讐するべく、未だに隔離室にいるかつての生きた死体たちを呼び出し、自分もコウモリの羽を両脇に取りつけて行動に移るのでした!

関連リンク
1985年「死霊のしたたり
1989年「死霊のしたたり2
2003年「死霊のしたたり3

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 20:59| Comment(2) | TrackBack(1) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

死霊のしたたり

死を打ち破るのだ!脳死12分の壁を破った!
死霊のしたたり スペシャル・エディション1985年(RE-ANIMATOR)
製作国:アメリカ
監督:スチュアート・ゴードン
製作総指揮:ブライアン・ユズナ
製作:マイケル・エイベリー
原作:H・P・ラヴクラフト「死体蘇生者ハーバート・ウエスト」
脚本:スチュアート・ゴードン
撮影:マック・アールバー
音楽:リチャード・バンド
特撮:アンソニー・ダブリン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
スイスの医学校121号室で叫びが上がりました。
踏み込んだ警備員と女性教員(?)が見たものは、倒れたグルーバー博士に何か薬を打っていたウエスト(ジェフリー・コムズ)…慌てて立ち上がるウエストの後ろで叫びを上げるグルーバー博士。博士はそのまま血を噴出し絶命してしまいます。
「殺したのね」と言う女性教員にウエストは悪びれることもなく言いました。

違う、生き返らせたのだ!

場所は変ってマサチューセッツのミスカトニック医学校…医学生のダン(ブルース・アボット)は心臓の止まった患者に人口マッサージを施しますが、そのかいもなく患者は死んでしまいます。
どうしてもそれを認めたくないダンは頑としてマッサージをしようとしますが、女先生に「見切りをつけるのも大事」と諭されてしまいます。

患者を死体安置所に運んだダンとそこで実験を行っていたヒル博士(デイヴィッド・ゲール)に、学長であるアラン((ロバート・A・バーンズ))が一人の小男を連れてやってきました。
彼の名はハーバート・ウエスト。
グルーバー博士の下にいたということを聴いた瞬間、ヒル博士の眉が顰められました。彼はグルーバー博士の実験の成果を模倣していたのです。そのことを知っているウエストはヒルに「貴方の学説は遅れるている」「中途半端に模倣するからだ」と嘲笑するのでした。

ウエストはちょうど同居人を捜していたダンのところに転がり込むと、地下室を使って実験に打ち込み始めます。
ダンとその恋人である学長の娘メグ(バーバラ・クランプトン)は、少しずつウエストのことを不気味に感じ始めます。その発端は猫のルフェスが彼の冷蔵庫で見つかったことからでした。
死んでいたのだというウエストでしたが…その夜、ダンは猫の叫び声を耳にして飛び起きます。地下室で見たのはなんと死んだはずのルフェス!ルフェスはダンのことも判らず飛びかかってきた挙句…。
再び死んだルフェスを蘇生薬でまたしても蘇らしたウエストは、ダンに研究を手伝うように頼みます。学長の娘と付き合っているという秘密保持と、何より死を打ち破る可能性を見たダンは、ウエストに協力することを約束しました。

彼らは学校の死体安置所で人間を使っての実験を始めましたが、間の悪いことに学長に発見されます。しかし学長は暴れる生ける死体に殺され、ウエストは活きが悪かったから失敗したのだと、学長をも蘇生薬で生き返らせてしまいます。それでも暴れ始めた復活学長!やってきたメグのおかげで、まだ理性がわずかでもあったのかその場にうずくまったところを捕まえますが、学長がいったいどうなったのを知るものはウエストとダンのみでした。

その夜、ウエストを怪しんだヒルは地下室へと姿を見せ、死体を蘇生させる薬を自分のモノにしようとウエストに詰め寄ります。
ウエストはヒルが顕微鏡で実験の成果を興奮して見ている隙に、そこにあったスコップでヒルを一撃、床に倒れたヒルの首に突き立てて切断してしまいます。そして何を思ったのか頭部と胴体に蘇生薬を打ち、その成果を待ちます。
やがて息を吹き返したヒルの頭部を見て、嬉しそうにメモを取り始めるウエスト…しかしその背後には首のない胴体が迫っているのでした。
頭部を切り離されたヒルは、ウエストの実験資料をすべて奪い、さらに兼ねてから想いを寄せていたメグをさらってしまうのでした。

ダンとウエストはメグと資料を奪い返そうと病院へ潜りこみますが、そこにはヒルが開発したレーザードリルでロボトミー手術を受けた、死体たちが待ち構えているのでした!

関連リンク
1985年「死霊のしたたり
1989年「死霊のしたたり2
2003年「死霊のしたたり3

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 17:22| Comment(2) | TrackBack(1) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

死霊のはらわた3 キャプテン・スーパーマーケット

そんなの知らないね。俺は早く現代に帰りたいんだ!

死霊のはらわた3 キャプテン・スーパーマーケット1993年(ARMY OF DARKNESS)
製作国:アメリカ
監督:サム・ライミ
製作:ロバート・G・タパート
脚本:サム・ライミ、アイヴァン・ライミ
撮影:ピーター・ポープ
音楽:ジョセフ・ロドゥカ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
時間と空間に裂け目を作り、悪霊をその裂け目に戻すという、死者の本の第2の呪文によって、悪霊を追い返したときに一緒に裂け目に落ちてしまったアッシュ(ブルース・キャンベル)。なんということか彼は紀元1300年の時代に車と共に落下して来ました。
ちょうどノースランドのヘンリー王(リチャード・グローヴ)の軍と戦っていたアーサー王(マーカス・ギルバート)の軍勢は、アッシュをヘンリー王の家来とみなして捕まえてしまいます。

しかし城での事件をきっかけに「天からの使者」と呼ばれるようになったアッシュでしたが、彼はこの国の情勢のことなど関係なく、現代に変える方法を探すのでした。そして賢者(イアン・アバークロンビー)の話から、呪われた墓地にあるネクロミコンを探すことにするのでした。

しかし旅に出たアッシュを待っていたのは、邪悪なる力、そして自分自身の体から分離したアッシュ自身だったのです。

関連リンク
1983年「死霊のはらわた
1987年「死霊のはらわた2
1993年「死霊のはらわた3 キャプテン・スーパーマーケット

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

死霊のはらわた2

死者の本には続きが残されていたのだ!

死霊のはらわた2 (初回限定生産)1987年(EVIL DEAD 2:DEAD BY DAWN)
製作国:アメリカ
監督:サム・ライミ
製作:ロバート・G・タパート
脚本:サム・ライミ
撮影:ピーター・デミング
音楽:ジョセフ・ロドゥカ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
休暇旅行を楽しもうとアッシュ(ブルース・キャンベル)とリンダの2人は崖にかかった橋を渡り、山頂の別荘にやってきました。
そこは人が住んでいる気配がありましたが、今は留守のようでした。2人はそこで泊まることにしました。

その夜、書斎でレコーダーを発見したアッシュはそれをかけてみました。
テープから流れ出した声によると、吹き込んだ主は古代史の研究家ノウビー教授で、妻のヘンリエッタと娘アニーと旅をしていたときに、キャンダーの古城の奥の小部屋で、ナトラム・デ・モント(死者の本)を発見したということです。彼はそれを静かに研究するためにこの山小屋にいたのです。悪霊を蘇らせるとという呪文、その呪文は…。

独りでいたリンダは、突然外から襲ってきた何ものかに連れ出されてしまいます。
追いかけるアッシュを襲ってきたのは、なんと変わりはてたリンダ、彼は近くにあったスコップでリンダを倒すしか方法がありませんでした。

次の日、落胆して外に出たアッシュは突然襲いかかってきた何ものかに森中を連れ回され、ついに悪霊が彼に乗り移ったかに思われましたが、日光のせいでしょうかかろうじて助かります。
意識を取り戻した彼は、あの唯一の橋が落とされたことを知り、小屋の中に閉じこもるのでした。

一方、ノウビー教授の娘アニーは、死者の本の残りの部分を発見し、恋人とともに父の元に戻ろうとしていました。
途中橋が壊れていたために、この辺りの道をよく知るジェイクとボビーに道案内を頼み、迂回路を通って小屋に向かいました。

そのころアッシュは精神錯乱に落ちた挙句、右腕だけが悪霊に乗り移られ、ついに自分で右腕を切り落とす羽目に…そんな状況の中、アニーたちがやってきたのですが…。

関連リンク
1983年「死霊のはらわた
1987年「死霊のはらわた2
1993年「死霊のはらわた3 キャプテン・スーパーマーケット

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:21| Comment(2) | TrackBack(3) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死霊のはらわた

なぜ我々を起こすのだ。古代の眠りを邪魔しおって!

20周年アニバーサリー 死霊のはらわた1983年(THE EVIL DEAD)
製作国:アメリカ
監督:サム・ライミ
製作総指揮:ブルース・キャンベル
製作:ロバート・G・タパート
脚本:サム・ライミ
撮影:ティム・ファイロ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
テネシー州境を越えた辺りのとある山頂にある別荘で休暇を過ごそうと、アッシュ(ブルース・キャンベル)とその恋人リンダ、そしてアッシュの姉であるシェリル、もう1組のカップルスコットとシェリーの5人は別荘あらためボロ小屋の前で唖然としていました。
とはいうもののいまさら別の場所に行くわけにもいかず、彼らはそこで泊まることにするのでした。

一人絵を描いていたシェリルは森から届いてくる不気味な「来るんだ…」という声に気付くと共に、手がスケッチブックに勝手に動き、四角い本のようなものを描き始めます。その表面はまるで人の顔のようでした。

その夜…乾杯をしていた5人は地下の扉が急に開いたことに驚き、その中を調べてみることに。スコットとアッシュは奥の部屋から古びた本とレコーダー、そして骸骨模様が施された握りの短剣を発見します。
そのレコーダーには、カンダール遺跡の発掘の際に発見された古代サマリア人の埋葬儀式と、弔いの呪文の集大成であるマチャラル・デモント(死者の本)のことを研究していた男のことが残されていました。人肉で作られた表紙に血のインクで書かれた本、それは地下で発見した本のことなのでしょうか。
その本には悪霊を蘇らせる呪文が書かれてあり、解読した結果の呪文がレコーダーから流れ出すのでした。

怖くて一人別室に逃げたシェリルは再びあの声を聞き、森に出ますが、誰もいないどころか木々のツタが彼女を襲い、必死に小屋に戻ります。
そしてトランプに興じるシェリーたちの前でシェリルは突然変貌し、白目を向いて喋り始めました。それは眠りを邪魔された悪霊の言葉だったのです。
リンダに負傷を負わせ、暴れまくるシェリルにはもはや元の面影はありません。スコットは彼女を地下に蹴り落とし閉じ込めてしまいます。しかし、続いてシェリーもが悪霊に取り付かれスコットを襲ってきます。まさに死闘の末、彼女を倒しますが、悪霊はバラバラにしない限り平気で蘇ってきたのです!

関連リンク
1983年「死霊のはらわた
1987年「死霊のはらわた2
1993年「死霊のはらわた3 キャプテン・スーパーマーケット

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:00| Comment(8) | TrackBack(4) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

バイオハザード2 アポカリプス

これはアンブレラ社製品です。我々が扱うのは生命…副作用もあります。

バイオハザード II アポカリプス デラックス・コレクターズ・エディション2004年(RESIDENT EVIL:APOCALYPSE)
製作国:カナダ、イギリス
監督:アレクサンダー・ウィット
製作総指揮:ベルント・アイヒンガー
製作:ポール・W・S・アンダーソン
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影:クリスチャン・セバルト

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
世界有数の巨大企業アンブレラ社、地下にあった極秘施設ハイブでT-ウィルス漏れが発生し所員全員が死亡しました。
特殊部隊S.T.A.R.S(スター)は隊員たちを派遣しますが、生き残ったのはアリスと環境保護家マットのみ。マットは「変異している、ネメシス計画に使う」という謎の言葉と共にアンブレラ社に拘束され、アリスはラクーン・シティ病院へと搬送されます。
ハイブの調査は再度実態調査班が組織され向かうも失敗、感染し生ける死体たちはラクーン・シティへとその姿を現すのでした。

そして…病院で目を覚ましたアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、自分がT-ウィルスの実験(アリス計画)に使われたことをおぼろげながら思い出していました。しかし病院には誰もおらず、外はまるで廃墟のよう…パトカーから銃を取り上げた彼女は街をさまようことに…。

アンブレラ社はシティに住む重要な人物の脱出にとりかかっていましたが、ウィルスの生みの親C・アシュフォード博士(ジャレッド・ハリス)は、娘アンジェラが脱出の際に事故で行方が判らなくなったために脱出を断念、アンブレラ社のコンピュータにハックし街中にある監視カメラを使って探し出そうとします。

アンブレラ社と特殊部隊S.T.A.R.Sは汚染を食い止めるために街を閉鎖し、唯一の出口をレイベンズ・ゲートのみとします。しかし感染者が現れたことを皮切りに、社のケイン少佐はそのゲートをも封鎖するのでした。
騒動に巻き込まれ脱出のできなかった隊員、ペイトンと停職中だったジル(シエンナ・ギロリー)、そしてラクーン7のキャスター、テリは逃げ場を求めて協会へと身を隠します。しかしそこには実験体リッカーが!
間一髪で飛び込んできたウィルスで強化されたアリスに救われた一行は、脱出口を探して外に出ます。そんな彼らを発見したアシュフォード博士は、娘を救う換わりに脱出口を教えると取引を持ちかけるのでした。

一方、アンブレラ社では事実を隠蔽するために戦術核を使用する決定を…しかもその爆発する前にネメシス計画を発動し性能を確かめるという暴挙にでるのでした。
ゾンビ掃討に失敗し建物に逃げ込んでいた特殊部隊S.T.A.R.Sを目標として、弾丸5000発、ロケット砲6発を装備した実験体ネメシスは、恐るべき不死身振りと攻撃力でS.T.A.R.Sを倒し、ついにアリスたちに迫ります。
核の爆発まで残された時間はあとわずか、果たして彼らはアンブレラの狂気から逃れることができるのでしょうか。

関連リンク
2001年「バイオハザード
2004年「バイオハザード2 アポカリプス

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:23| Comment(4) | TrackBack(3) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオハザード

今日、君の夢が全てかなう。

バイオハザード2001年(RESIDENT EVIL [BIOHAZARD])
製作国:ドイツ、イギリス、アメリカ
監督:ポール・W・S・アンダーソン
製作総指揮:ヴィクター・ハディダ
製作:ポール・W・S・アンダーソン
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影:デヴィッド・ジョンソン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
21世紀初頭、アンブレラ社は全米最大の企業に成長、90%の家庭に同社の製品が使われるようになりました。強大な政治力、資金力を誇り、表向きは世界有数のコンビューターテクノロジー、医薬、健康関連の会社でしたが、同社が社員にも極秘で行っていたのは軍事技術開発、遺伝子実験、細菌兵器の研究でした。

ある日のこと、500人以上の技術者、科学者、スタッフがいる地下施設ハイブで、研究中のT-ウィルスが奪われ、その一部が施設内に散布されてしまいました。ハイブの超人工知能レッドクイーンはこのバイオハザードに施設を密閉し、ハロンガスを噴出、施設内の人間は全て死に絶えてしまうのでした。

ラクーンシティのとある屋敷のバスルームで目覚めたアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、一切の記憶を失っていました。いったいどうしてここにいるのか、いったい自分が何者なのか…当てもなく屋敷内をさまよう彼女を突然拉致しようとする謎の男性、次いで窓を破って姿を現した特殊部隊に2人ともとらわれてしまいます。隊長らしき男性の言葉は、

「報告しろ」

どうやら自分はこの特殊部隊の一員であることを知ったアリス。そして謎の男性はマットという警察官らしい。
この屋敷はアンブレラ社の施設ハイブへと続く唯一の緊急用の入り口で、アリスともう一人の隊員がここを守っていたのです。
特殊部隊は連絡が途絶えたハイブの調査のためにここから地下に入り、貨物列車でハイブへと向かうのでした。途中列車の中でもう1人の隊員スペンスを発見、彼もまたクイーンの防御システムのために神経ガスにやられ記憶を失っていました。

ハイブへ到着した部隊はまずクイーンのシステムをシャットダウンさせようとしますが、それは同時に密閉していた施設の解放も意味しました。T-ウィルスに侵された人々は、死んでなおある欲望に従って動き出す死人となって目覚めはじめたのです。

関連リンク
2001年「バイオハザード
2004年「バイオハザード2 アポカリプス

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

ペット・セメタリー2

一度死んだ者は、生き返っても別のモノなのだ。

ペット・セメタリー21992年(PET SEMATARY TWO)
製作国:アメリカ
監督:メアリー・ランバート
製作:ラルフ・S・シングルトン
脚本:リチャード・アウッテン
撮影:ラッセル・カーペンター
音楽:マーク・ガヴァナー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
有名な女優ルネは「恐怖の城」の撮影中、事故でその命を落とします。
目の前で自分の母を失ってしまったジェフは、ショックから立ち直ることができず、父親のマシューズとともにロサンゼルスから新しい土地へと引っ越してきました。

いじめっ子のクライドたちが何かにつけてちょっかいを出してきましたが、そんな彼にもドリューという少年の友達ができます。
ドリューの父ガフは保安官、口よりも先に手が出るタイプでした。飼っていたウサギにドリューのペット犬であるゾーイが飛びかかるのについに怒り、銃で撃ってしまいます。
ドリューの腕の中で息を引きとるゾーイ…ドリューとジェフは、死んだものが生き返るというインディアンの埋葬地へ、半信半疑ながらもドリューを埋めました。そして…。

生き返ったゾーイはハロウィーンの夜、ペットセメタリーで遊ぶドリューたちを叱りに来たガフを噛み殺してしまいます。
真っ青になったジェフたちは、またしてもガフの死体を埋葬地に…そしてジェフにはある思いがこみ上げてきていました。

関連リンク
1989年「ペット・セメタリー
1992年「ペット・セメタリー2

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット・セメタリー

男の心ってものは岩のように硬いものだ。

ペット・セメタリー1989年(PET SEMATARY)
製作国:アメリカ
監督:メアリー・ランバート
製作:リチャード・P・ルビンスタイン
原作:スティーヴン・キング
脚本:スティーヴン・キング
撮影:ピーター・スタイン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
シカゴから引っ越してきたルイス夫妻、娘のエリー、息子のゲイジ、そして猫のチャーチが住む家は文句なし、ただしその前の道はオリコ社のトラックが朝も夜も走り回っていました。
よく猫や犬が事故にあうために、オリコ社では近くにペットのお墓(ペット・セメタリー)を作っていました。
今もまだやっと歩けるようになったゲイジがふらふらと道路に…危ないところで助けてくれたのは向かいに住むジャド老でした。
ジャド老は彼らのためにここの危険とセメタリーの存在を教えてくれ、猫のチャーチが事故にあわないように虚勢手術をしたほうがよいと助言をしてくれました。

医者であるルイスは出勤、ちょうど大怪我をしてきた男性が運び込まれて来ました。
とても助からない怪我でしたがルイスはあきらめずに治療…しかし手当てのかいなく死んでしまいます。と気を落とすルイスの横で男性がいきなり話しかけてきました。
自分の名前はビクター、ルイスを救おうと言うのです。
我に返ったルイスは男性が事切れていることに気付きますが…その夜、再び現れたビクターはルイスをセメタリーへ連れて行き、その奥から先へは行っていは駄目だと言います。その先の地は腐っているのだと…。

次の日、ルイス以外は感謝際に行くために実家に…みんながいなくなった後ジャド老から連絡がありました。
チャーチが彼の庭で事故にあい生き絶えていたのです。一番チャーチを可愛がっていたエリーには帰ってから伝えると言うルイスに、ジャドは埋葬の用意をして自分についてこいといいました。そこは昨日の夜ビクターが止めた場所、セメタリーの奥、岩場を抜けたところにまるで紋章のように石を並べた場所がありました。
ジャド老の話によるとそこはミクマク族のインディアンの埋葬地なのだそうです。
火花が飛び散るほど硬い地を掘り、ルイスはチャーチの亡骸をそこに埋めました。

夜が明け庭先を掃除していたルイスは、唸りを上げる黒猫を発見します。まさか…そう、そのまさかのチャーチがそこにいたのです。しかしこちらに向かって唸るチャーチは非常に臭く、何か今までと雰囲気が違います。
ジャド老は言います。自分が子供のころ死んだスポットを埋めたときもまるで別の犬のようだったと…。

やがてさらに恐ろしい事件が…ゲイジがトラックに激突され死んでしまったのです!
埋葬するルイス夫妻…しかしルイスはどうしてもあきらめきれません。夜墓を掘り棺からゲイジの遺体を抱いて泣くルイスはついに決心をします。
ビクターの制止もむなしくルイスは禁断の地へ…そしてゲイジまでもが…。

関連リンク
1989年「ペット・セメタリー
1992年「ペット・セメタリー2

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:59| Comment(8) | TrackBack(1) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。