映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2009年02月09日

クラーケンフィールド

人生のトラウマを克服するチャンスが来た!
2006年(DEADLY WATER)
製作国:アメリカ
監督:ティボル・タカックス
脚本:ニコラス・ガーランド、ショーン・ケラー

ストーリー
1982年8月、デザレーション・パッセージ…デヴィッドとサリーは息子のレイと共に、クルージングを楽しんでいましたが、ある夜、巨大な触手を持つ怪物に襲われ、レイを残して死んでしまいました。

そして現在。
大学ニコール先生(ビクトリア・プラット)と学生のマイケルとジョニーは海洋学の研究に来ていました。
収穫もなくカメラを引き上げようとしたとき、モニターに反応が…それは1864年に就航し1902年に沈没したフランスの船でした。しかし、そのときモニターは別の反応をキャッチし、カメラが凄い速度で引きづられました。船長のジムがそのケーブルに巻き込まれ事故死!そのときマイケルは船長の体を巨大な触手が引っ張り込むのを目撃しますが、それは誰も信じてくれませんでした。

水中写真家であり水棲生物マニアになっていたレイ・タイラー(チャーリー・オコンネル)は、TVで事件を知るやニコールに協力して海を調べ始めるのでした。
ところがマフィアのマックスウェルがニコールが難破船から引き上げたトロイのマスクに気づき、失われた秘宝を手中に収めるべく暗躍を始めるのでした。

感想はコチラから ▼



posted by 白くじら at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

ガーゴイル・トゥルーパーズ

名誉は血なり、血は道、そして命なり、目覚めよ!
ガーゴイル・トゥルーパーズ [DVD]2007年(REIGN OF THE GARGOYLES)
製作国:アメリカ
監督:アイトン・デイビス
製作:ジェフリー・ビーチ
脚本:チェイス・パーカー
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1944年12月、第2次世界大戦、ドイツとベルギーの国境…悪魔を呼び出し崇拝し自ら悪魔に殺された伝説を持つシャトー・アルデンの要塞において、ドイツ軍はついに悪魔の石像を発見しました。トゥーレの短剣と血によって封印は解かれ、蘇ったガーゴイルたちはドイツ軍を襲い大空へ舞いました。

イギリス、チェルムズフォード、アメリカ陸軍航空軍基地では、敵の高級将校が戦線を離れシャトー。アルデン要塞へ向かったことをキャッチ。その将校を捕らえるべく、イギリス軍は落下傘部隊を要塞へ、そしてアメリカ軍はP-51で援護することになります。
しかし、その戦いの中、突如飛来したガーゴイルの群れにガス少佐たちは地上へ、同じく落とされたイギリス軍と合流し、要塞へ向かうのでしたが…ドイツ軍だけではなく、ガーゴイルたちの攻撃をも受け…そんなとき、現地の人間が伝説によるとガーゴイルの王ヴォールトーンを倒すには「運命の槍」が必要であることを知ります。ガスたちは半信半疑ながらも、槍を求めて墓地へ向かうのでしたが…。


感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

破壊神

永遠の罰を与えるかどうかは、神が決定する。
破壊神 [DVD]2006年(CRY OF THE WINGED SERPENT)
製作国:アメリカ
監督:ジェイミー・ワグナー
製作:キンバリー・A・レイ
脚本:ジェイミー・ワグナー、ウィリアム・ラングロイス
音楽:チャック・シリノ
出演:マックスウェル・コールフィールド、ロバート・ベルトラン、ソニア・サトラ、カルロス・モレノJr.ほか
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
メキシコ、ユカタン半島のとある場所で、村人に奴隷、麻薬精製、詐欺を強要している組織がありました。かたくなに拒む神父でしたが、人質にとられていたサンチェス家を無慈悲に殺害され、持っていたクリスタルに呪文を唱え、なんと創造神ケツァルコアトルを呼び出し組織を倒してしまいます。しかしその戦いの中、神父も撃たれ、クリスタルは、サンチェス家唯一の生き残りミゲルに託されるのでした。
神父はミゲルに天使の街(ロス)へ行き、神父の弟にパワーの使い方を教わるようにと言い残すのでした。

3ヵ月後、ロサンゼルス。
麻薬の取引現場に踏み込む刑事たちは、犯人をビルの屋上に追い詰めますが、突如現れた創造神によって犯人は姿を消してしまいます。刑事がその場に現れたとき、残されていたのはおびただしい血痕と黒い毛のみ…。
それを発端に麻薬組織を襲い続ける創造神…それはクリスタルの使い方を知ったミゲルの仕業であたらによみがえった破壊神の仕業でした。村のために使用するはずのクリスタルを復讐のために使っているミゲルを心配し諭そうとする神父でしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 14:06| Comment(3) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

ナイトメア・ミュージアム

忘れるな!闇が訪れようとも神は我々を見守っている。
ナイトメア ミュージアム2006年(BASILISK:THE SERPENT KING)
製作国:アメリカ
監督:ルーイー・マイマン
製作:ジェフリー・ビーチ、フィリップ・J・ロス
製作総指揮:T・J・サカセガワ
脚本:ウィル・マッカーシー、チェイス・パーカー
音楽:ネイサン・ファースト
出演:ジェレミー・ロンドン、ウェンディ・カーター、クリーヴァント・デリックス、グリフ・ファースト、サラ・スキッターズ、スティーヴン・ファースト、ヤンシー・バトラーほか
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
西暦112年キレナイカ…太陽と月が重なる日、莫大な財宝を手に入れようともくろむ若者たちは、出現した魔獣バシリスクのために石化され、またあるものは虐殺されてしまいます。「メデューサの杖」と呼ばれる錫を持っていた老人はその神秘なる光を持ってバシリスクを逆に石化させますが、がけ崩れによって全ては地の下に…。

そして現在、リビア…。
『呪われた土地』と呼ばれる地で発掘作業をしていたマッコール教授(ジェレミー・ロンドン)は、美しい宝石が付いた錫、苦悶の表情を浮かべた石像、そして巨大な生物を模った石像を発掘するのでした。

2ヵ月後、コロラド州プエブロ・スプリングスの自然史博物館で発掘品の発表が行われることになりました。おりしも金曜日の展覧会は、日食と重なるという伝説にもあったまたとないタイミングでもあったのです。
おりしもマッコールは石像をCTスキャンした仲間から、実は骨と生物学的組織が発見されたことを聞きます。つまりそれは…。

しかし…日食は訪れ、よみがえったバシリスクはし周囲の人間を殺害し暴れ狂いました。
なんかと地下へと逃げたマッコールとレイチェルたちは、「メデューサの杖」こそがバシリスクを抑えられると信じ、どさくさにまぎれて錫を盗んだ泥棒のハンナたちを追いかけますが、バシリスクもまた身の危険を感じてかハンナたちを執拗に追いかけてくるのでした。

感想はコチラから ▼

ラベル:モンスター 映画
posted by 白くじら at 15:08| Comment(4) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

U.M.A レイク・プラシッド2

ワニの飼育はたのしいなー♪
2007年(LAKE PLACID2)
製作国:アメリカ
監督:デヴィッド・フローレス
製作総指揮:T・J・サカセガワ
出演:ジョン・シュナイダー、クロス・リーチマン、サム・マクマレーほか

ストーリー
メーン州アルストーク…湖で生態系を調べていた環境保護局のミルズとティルマンでしたが、ティルマンがいきなり何物かに湖に引きずり込まれバラバラ死体となってしまいます。
ちょうどボストンから息子スコットを呼び寄せていた、保安官ライリー(ジョン・シュナイダー)は、魚類野生生物局のエマと共に調査を開始します。

この湖には以前12m級のワニを飼っていた姉妹が住んでいました。すでに妹は死んでいましたが、ライリーたちはこのワニが逃げたのではないかと、姉のセイディ(クロス・リーチマン)に会いに行くのでした。
そのころ、遊びに来ていた若者たちまでもが謎の生物に襲われ…その影はスコットと彼を誘ったケリー、サッドたちにも襲い掛かろうとしていました。

そんなことが起こっているとは夢にも思っていないライリーたちは、エマの知り合いである密猟者のストラザーズ(サム・マクマレー)たちと共同戦線をはりつつ、モンスターを倒そうとするのでしたが…。
関連リンク
1999年 U.M.A レイク・プラシッド

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

海棲獣

すべての生物は、妊娠において進化を繰り返す。

海棲獣1998年(PETER BENCHLEY'S CREATURE)
製作国:アメリカ
監督:スチュアート・ジラード
製作:ブレント=カール・クラックソン
製作総指揮:ペン・デンシャム
原作:ピーター・ベンチリー
脚本:ロックニ・S・オバノン
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1972年カリブ海、アンティル諸島の鮫の歯島(シャーク・アイランド)…海軍の施設で極秘に開発されていた特別な交雑種。ビショップ博士はイルカの41%の知能とサメの獲物を襲う本能を合わせ持つターシオプス・カルカリアスを誕生させていました。しかし管理責任者のリッチランド中尉の前で獰猛な生物は博士を食い殺し、海へ脱出しようとしました。
すぐさま追いかけた助手のペニストンは、出口で檻の中に閉じ込めることに成功。そのまま船で出航してしまうのでしたが、なぜか彼はトドメをささず、檻は海底へと沈んでいくのでした。

そして25年後…現代。
癌とサメの関係を調べていたチェイスは、鮫の歯島の施設を買い取り、島民のノッポと共に近海のホオジロザメの研究をしていました。
ちょうどそのころ、宝探しに夢中になっていたパケットの船が、海底から大きな檻を引き上げます。檻は空っぽで、中には貝が産卵しているだけでほかには何も入っていませんでした。しかし島で「狼男」と呼ばれている頭のおかしい男は、その檻を見て興奮するのでした。
時を同じくして、釣り人に船をチャーターさせていたマディラ船長がサメに襲われる事件が発生。チェイスが調べていたサメではないかと噂が立ち、彼は島中から敵意のこもった目で見られますが、死体についていた歯に歯芯が付いていたことから、サメではなく、哺乳類の何かもっと別の存在がこの海にいることに気づきます。
しかし、それは彼の想像をはるかに超える存在だったのです…そしてまた…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

巨大怪物マンシング

沼の魂は警告する。報復のときは来たれりと…。

MARVEL Presents 巨大怪物 マンシング2005年(MAN-THING)
製作国:アメリカ、オーストラリア
監督:ブレット・レナード
製作:アヴィ・アラッド
製作総指揮:ケヴィン・フェイグ
脚本:ハンス・ロディオノフ
撮影:スティーヴ・アーノルド
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
聖なる地『闇深き水(ダークウォーター)』は、沼地の奥深く、マングローブの樹が生い茂り、陽光とどかぬ場所にありました。先住民たちは、そこに守り神がいると信じていました。
しかし現在その地はいくつもの孔が穿たれ、何本もの管が通され巨大な建造物が動いていました。
シスト製油所が建設したのです。

行方不明者の多発するバイ・ザ・ウォーターの町はその日、一人の新任保安官カイルを迎え入れました。カイルは田舎町でのんびりするつもりでしたが、来た早々沼地でワニに襲われたらしい死体が上がるわ、シストの工事現場でデモ行為が行われるわで、休む暇もありませんでした。
デモのリーダー的存在であるテリー(レイチェル・テイラー)を逮捕し、事情を聞いていくうちに浮上してくるシストに関する数々の疑問点。さらにそれらに関わっているらしい先住民の血を引くレネ・ラロクの姿を求めて沼周辺の探索を開始します。

一方、シスト製油所に襲い掛かる謎の影!
襲われた犠牲者は、体内から木が生えるという異常に死に方でした。
シストはレネ・ラロクの仕業だと断定し、ワニ退治の名人であるティボドー兄弟に彼を殺すよう依頼するのでしたが…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD ホラー
posted by 白くじら at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

クロコダイル2

銀行強盗、ハイジャック、そしてモンスターパニック!

クロコダイル22001年(CROCODILE 2:DEATH ROLL)
製作国:アメリカ
監督:ゲイリー・ジョーンズ
製作:ボアズ・デヴィッドソン
製作総指揮:ダニー・ディムボート
脚本:ジェイス・アンダーソン
音楽:ビル・ワンデル
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
アナハイムの銀行を襲った強盗たちは、激しい銃撃戦の上、数名の犠牲者を出しましたが、大金をせしめることに成功。行き残った4人はメキシコに高飛びしようと、オレンジ郡空港からアカプルコ行き211便に乗り込むのでした。
しかしその211便は暴風雨に見舞われ、アナハイムに引き返すことに…もちろん高飛びをしようとしていた彼らは牙を剥き出しました。
靴下に突っ込んだだけで突破されるセキュリティはいったいどうしたものか…客室乗務員のミアが恨んだかどうかは判りませんが、うるさい乗客をあっさりと射殺するほど切れている連中でした。しかしその1発が操縦席にいる仲間の注意を奪います。
チャンスとみた副操縦士が、犯人の1人に飛びかかりますが、逆に発砲されて死に、さらにコントロールパネルにまで致命傷というべき1発を受けてしまいます。
やむなく沼地に胴体着陸を敢行する211便、しかしその衝撃で胴体は真っ二つ。爆発炎上する飛行機から助かったのは僅かに10人弱…しかもハイジャッカーたちも3人生き残り、彼らを銃で脅かし荷物、もちろん札束ぎっしりを運ばせようとします。
その作業中、突然襲ってきたクロコダイルに機長は食べられてしまいます。が、クロコダイルもハイジャッカーたちに殺されてしまいました。

一方、サラの恋人であるザックは、アカプルコで211便が消息を断ったことを知るや、捜索ではNO.1という飲んだくれパイクを説得し、ヘリで急行するのでした。
フライトレコーダーの信号を頼りに、向かった場所は地元の人たちに「悪魔の沼」と呼ばれている巨大な悪魔が住む場所でした。

そのころサラたちは、ハイジャッカーの1人ジャックを油断させて逃げ出すのでしたが、彼らの前には先ほど撃ち殺されたクロコダイルなど比べものにならないほどの、巨大なクロコダイルが待ち受けていたのでした!

こういう動物パニックモノはクロコダイルが出てこその作品なのに、状況設定をつくるのに30分もかかっているために「まだですかー」となってしまいます。その後の展開は、ひたすら逃げるというものでした。しかも一旦は逃げられていたようなのに、サラを追いかけてきたザックたちが案内してしまったようで、彼らは次々と食べられてしまうのでした。(- -;;

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

スタッグ

坑道が崩落し鉱山は閉鎖。その直後、ある噂が広まった。

STAG2006年(STAG:CAVED IN)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・ペピン
製作:リサ・ハンセン
製作総指揮:ポール・ハーツバーグ
脚本:ニール・エルマン
撮影:アドルフォ・バルトーリ
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1948年スイス、アルヴェイ岩塩鉱で膨大なエメラルドが鉱脈が発見されました。しかし、そこを守っていたかのように巨大な甲虫が作業者たちに襲い掛かり、足を切断され命からがら逃げ出した一人を除き、全員死んでしまうのでした。鉱山は崩落し、ある噂を残したまま閉鎖されてしまいました。

50年後…足の不自由な採掘権を持つ老人のもとに、マルセルと名乗る男たちが姿を現します。マルセルはどうしても権利を譲らない老人を無慈悲に殺害して、湖に沈めてしまうのでした。
一方、登山のガイドとしては世界一と言われるジョン・パーマー(クリストファー・アトキンズ)は、ビンセントと名乗る男の訪問を受けていました。依頼はスイスの岩塩鉱に潜りたいというもの。ちょうど家族とギリシヤ旅行を計画していたジョンでしたが、膨大なガイド代に仕事を請けてしまいます。
スイスで一行を待っていたのは、あのマルセルたち。
ジョンは家族を山小屋に残し、アルヴェイ岩塩鉱に潜ることにしましたが、潜り込むとすぐにマルセルは本性を「勝手に」現し、山小屋にいる家族を人質に、ジョンにエメラルドの場所へ案内するように強要するのでした。しかしそこは今なお甲虫たちが棲んでおり、不埒な侵入者に襲い掛かってきたのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

フロッグマン

フロッグマンの目的は種の存続…それは人間の女性を…。

フロッグマン2004年(FROG-G-G!)
製作国:アメリカ
監督:コディ・ジャレット
製作:コディ・ジャレット
製作総指揮:ジェネット・ブラシアス
脚本:コディ・ジャレット
撮影:デヴィッド・ディアノ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
バートレット養魚場から、ワシントンDCの環境保護庁(EPA)に調査依頼が入りました。
近くのハントレー・グライムズの薬品工場から、廃棄物を川に流しているのではないかという噂が流れ始めていたのです。

EPAのバーバラ・マイケル博士はバートレットから奇形の魚や蛙を見せてもらい、何かが水源のPHレベルに影響を与えているのではないかと考えますが、グライムズでは検査では問題なかった!の一点張り。
しかし、沼地で育った蛙は異常進化を遂げ、フロッグマンと化し、人間たち、それも女性たちを襲い始めたのです。彼の目的はただ一つ、種族繁栄!

一方、EPAに資料を送ったバーバラは、それが1950年のD-797、核で汚染されても作物が育つといわれたサイクロマックスであることを教えられます。しかも本来その薬は、出生異常という副作用があり3年で使用禁止されているようなものだったのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

ザ・ヒル

ヒルがいる川では泳ぐべからず!

ザ・ヒル2003年(LEECHES!)
製作国:アメリカ
監督:デヴィッド・デコトー
製作:デヴィッド・デコトー
製作総指揮:マーラ・グロスマン
原案:デヴィッド・デコトー
脚本:マイケル・ジンゴールド

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
川のそばに建てられているレイククレスト・カレッジ…近づく水泳大会にジェーソン(ジョシュ・ヘンダーソン)、スティーボ(マシュー・トワイニング)らチームの面々は訓練に余念がありませんでしたが、どうしても記録の伸びない彼らは、ステロイドの力を借りるようになり始めていました。

そんな彼らが川でしばしの休息を楽しんでいたとき、背中にヒルが何匹か付いてしまいます。そのヒルはシャワー室まで入り込み、一旦流されますが、やがて巨大化して生徒たちを襲い始めるのでした。
ヒルは血液中のステロイド剤によって巨大化したらしく、次いで川で溺れたトニーの血を吸ったヒルたちが次々と学園に進行してくるのでした。
海洋生物学を勉強していたスペンサーは、サラから謎の粘液を調べて欲しいと持ち込まれますが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 18:26| Comment(6) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

電磁物体X

飛来する無数の隕石群!この生物が最後の1匹とは思えない…。

1991年(NOT OF THIS WORLD)
製作国:アメリカ
監督:ジョン・ダニエル・ヘス
製作:ジョナサン・ブラウアー
製作総指揮:レス・アレクサンダー、ドン・エンライト
原案:ジョナサン・ブラウアー、レス・アレクサンダー、ドン・エンライト、ロバート・グラス
脚本:ロバート・グラス
撮影:マーク・アーウィン
音楽:ジョニー・ハリス
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
標高963、人口33,219のリバティー市で東京の会社ショラキ社が作り上げた、電力発電所の落成式が執り行われていました。この街の出身である電気技師のリンダ・フレッチャーも成功者として、社長のヤマモト(ケイリー=ヒロユキ・タガワ)と共に壇上に上がっていました。

その夜、街には流星雨が…願いを言う者もいましたが、町外れのリンダの伯父の農場の小屋に、燃えつきなかった隕石が激突。屋内にぶら下がる電灯から、電流が隕石に流れました。隕石の中にはナメクジのような生命体が入っており、電気を帯びたその生命体は、ブタ、そしてイヌと襲いかかり少しずつ成長していました。
そしてある日、親睦を深めるために野球をしていたピーターが、林の近くまでボールを取りに来たとき背中に落ちてきたのです。
病院に担ぎ込まれたピーターの背中には、丸い模様の火傷の跡が無数に付いていました。

やがて大きく成長した生物は電気を求め各地に出没、さらに大きな電気を求めて電力発電所に向かうのでした。
一方、家で破壊された生物の破片を調べていたリンダの息子のビリーと叔父は、この生物が半分機械であることを付きとめ、さらに磁力を持っていることに気付きます。
彼らはリンダにそのことを知らせるために発電所に向かいますが、時すでに遅く、生物は発電所の電気をむさぼりつくそうと襲いかかっていたのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

ジェラティノス

オレはこいつを操ることができるのだ!

2001年(PROJECT VIPER)
製作国:アメリカ
監督:ジェイ・アンドリュース
製作:ポール・ハーツバーグ
製作総指揮:スティーヴン・ポール
脚本:カーティス・ジョセフ
撮影:マリオ・ダヤーラ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
スペースシャトル、オリンパス号は突然電圧が変動し異常事態となりました。
乗員であるフレッドたち3名は、いずれも謎の死を遂げてしまいます。NASAのジェット推進研究所パサデナでは、船内カメラで「デェラティノス」のケースが無くなっていることに気付き、何らかの問題があったのではと推測します。
デェラティノスとはNASAの「ミノタウロス計画」の一環で、バーナム博士(テレサ・ラッセル)のチームが火星の過酷な環境下でも生きられることを目的として作った、コンピューターチップと遺伝子の結合によって生み出された新生物のことです。人を襲うようなことはないはずと博士の言でしたが…。

2つ目の試作体がノバジュン社パームデールにあることを知った将軍は、国防省のコナーズ大尉(パトリック・マルドゥーン)に取ってくるように命じますが、すでにそこには、バーナム博士のチームの一人ダイアンに成りすました女性と警官が、デェラティノスを奪いに侵入していました。
激しい銃撃戦の中、警官は死にましたが、偽ダイアンは車で逃走、コナーズが追撃に移ったところ逃走車は道を外れ激突。コナーズは追いかけてきたヘリに後始末を頼みますが、ヘリはミサイルでぶっ飛ばしてしまいます。
当然遺体も容器も発見できませんでしたが…こんなことでいいのかなと思いながらも物語は続きます(頼むから破壊する前に調べてください)。幸いにもニューメキシコから、身元不明の輸送機が飛び立ったと連絡が入ります。しかしその輸送機は右エンジンが突然火を吹き、胴体着陸することに…コナーズはバーナム博士を伴い現地へ急行。
機内に残っていたのはジェラティノスが入っていたカラの容器、そして偽ダイアンらしい女性とパイロットの内臓が僅かに残ったむごたらしい死体でした。
開放されたジェラティノスは、水化することによって水道管に入り込み近くの町で人を食べ始め、巨大になっていくのでした!

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

モンスター・イン・ザ・クローゼット 暗闇の悪魔

クローゼットの中がどういうふうになっているの見たい。

モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔1986年(MONSTER IN THE CLOSET)
製作国:アメリカ
監督:ボブ・ダーリン
製作:デヴィッド・レヴィ
脚本:ボブ・ダーリン
撮影:ロナルド・マクリーシュ
音楽:バリー・ガード

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
カリフォルニア州、チェスナット・ヒルズで、3人もの人間がクローゼットに引き込まれて死んでしまうという、なんとも奇妙な事件が発生しました。被害者はそろって大型の蛇に噛まれたような傷がありました。
サンフランシスコのディリー・グローブ社でお荷物扱いのリチャード・クラーク(ドナルド・グラント)は、うまくごまかさせれてこの事件の担当となります。

街にやってきたリチャードは、頭がいいのか悪いのか判らない博士、その娘ダイアナ(デニス・デュバリー)、その息子プロフェッサーと知り合いになり、事件解決に向けて調査を始めます。
その間にもクローゼットから現れるモンスターは人を襲い続け、ついには住民の前にその姿を現すのでした。警察に包囲されるモンスター、しかし銃をものともしないモンスターに警察は役に立たず、モンスターの叫び声から音による接触を試みようとした博士も死んでしまいます。
街を閉鎖しようとする軍隊に逆らい、リチャードたち3人は敢然とモンスターに向かって行こうとするのでしたが!

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 12:47| Comment(2) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

ザ・ビースト

俺たちが仕掛けで魚をさらえた罰を受けている。

ザ・ビースト 完全版1996年(THE BEAST)
製作国:アメリカ
監督:ジェフ・ブレックナー
製作:タナ・ニュージェント
製作総指揮:ピーター・ベンチリー
原作:ピーター・ベンチリー
脚本:ジェフ・ブレックナー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ニュー・イングランドの小さな漁港沖合いで、サンフランシスコから来ていたカップルのヨットが、救難信号を1度発信したまま消えてしまいました。
沿岸警備隊のキャスリン(カレン・サイラス)、レインズは漁師ウイップ(ウィリアム・ピーターセン)の協力を得、ゴムボートを探し出しますが、それに2人は乗っておらず、なぜかアンモニア臭がするばかり、遭難原因は不明とされました。
ウイップはボートの中に残されていた爪のようなものを発見、海洋学者に調べてもらえるよう送ります。
事件はそれだけでは終わりませんでした。飲んだくれの漁師ルーカス(ラリー・ドレイク)の仕掛けた魚の檻が壊されたり、何か巨大なものが船下を通ったり、そしてついにルーカスの船をチャーターして、ダイビングを楽しんでいた若者2人がルーカスの前で犠牲になったのです。

ちょうど海洋学者から爪が巨大イカのものであることを知らさせたウイップは、住民会議の中、手出しをせず、やがてエサを求めて消えるのを待とうと言いますが、町を牛耳っているグレーブス・ポイント再開発コーポレーションのグレーブスにとっては、債権者たちが見守る大事な時。そんな悠長なことを言ってはおれませんでした。
彼はルーカスに金を渡し機雷で倒すように命じます。

ウイップがあれほど恐れた巨大イカは、あっさりとルーカスたちの手にかかり倒されてしまいます。喜ぶグレーブスはそのイカをウィップに見せることなく、博物館に多額な金額で売り飛ばしてしまうのでした。
巨大イカは博物館の調査によると11m43cm、907Kgもありましたが、驚くべきことにこのイカはわずか3ヵ月の赤ちゃんだと言うのです。
そんなこととは知らない海洋学者、ウイップ、キャスリンたちは、小型潜水艇でイカが現れた海域を調査するために出港するのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

ザ・ケイヴ

洞窟には何かが生きている。自らの心を開ければ繋がりを感じられる。

2005年(WIthIN)
製作国:アメリカ
監督:オラントゥンデ・オスサンミ
脚本:オラントゥンデ・オスサンミ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
中央アジア、カザフスタン、キジルクム砂漠…。
まだ未開拓地を早く冒険するために、探検の届けも出さずに乗り込んだギャノンたち探検隊7人は、探検を小説にしようという自称探検歴7年というアンブロースと一緒に、未知の洞窟へと入り込みました。

中に入りすぐに昔水路であったのではという縦穴を発見。
『マアダ(ロシア語で地獄)の入口』と名付け、一行はヴラドを残して果敢に降りていきました。
他愛のない話をしながら進むギャノンたちでしたが、急に姿を消したスラヴァが何者かに体をえぐられるという事件が発生。ここには何かがいる!
パニックになりかけながら縦穴に戻ってきた彼らが目にしたものは、ちぎられたロープ…そして落下してきたヴラドの上半身!
見上げる6人の目は、巨大な岩が丸い出口をふさいでしまうのを目撃するのでした。
今や出口が無くなってしまった一行は、やむなく横穴に脱出口を求めようとするのでしたが、満タンだったバッテリーはすでに半分となり、迫る闇と恐怖にパニックを始めるのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

U.M.A レイク・プラシッド

牛などの餌、やるべからず!

U.M.A.~レイク・プラシッド~ デラックス版1999年(LAKE PLACID)
製作国:アメリカ
監督:スティーヴ・マイナー
製作:デイビッド・E・ケリー
製作総指揮:ピーター・ボガート
脚本:デイビッド・E・ケリー
撮影:ダリン・オカダ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
メーン州の湖レイク・プラシッドでビーバーの巣を調べていた男性が突如謎の生物に襲われ、保安官が必死にボートに引き上げたときには下半身が食いちぎられていました。死体から摘出された歯を調べるために呼ばれたのは、ニューヨークの博物館に勤務している古代生物学者ケリー(ブリジット・フォンダ)でした。
ケリーは上司との恋仲を同僚に邪魔され、半分追い出された形で、しかも森が嫌い、蚊が嫌いという現地作業が大嫌いな女性でした。そんな彼女を待っていた保安官と狩猟監視官のジャック(ビル・プルマン)は、最初から彼女の言動に振り回されっぱなし。

湖でキャンプをはる一行の前に、ヘリで現れたワニ専門のハンターのヘクター(オリヴァー・プラット)。
彼の言動がさらに保安官を…歯から古代生物ではないのかという意見も出ましたが…やがてささいないさかいから、保安官とヘクターが岸辺でいい争っていると、茂みから熊が姿を現しました。
威嚇しながらこちらに来る熊と相対したとき、水しぶきを上げて熊に食らいついたものがありました。それは全長10メートルにもなる巨大なワニだったのです。
ジャックたちはそのワニを捕らえるための作戦を練り始めましたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:31| Comment(5) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

フランケンフィッシュ

この場所には呪いがかかっているのだ。

フランケンフィッシュ2004年(FRANKENFISH)
製作国:アメリカ
監督:マーク・A・Z・ディッペ
製作:アッシュ・R・シャー
脚本:サイモン・バレット、スコット・クレヴェンジャー
音楽:ライアン・ビヴァリッジ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ある沼地で死体が上がりました。
噛み傷が尋常ではなかったためにワニではなかろうと、保安官は検視の要請をし、呼ばれてきたのはサム・リバース(トリー・キトルズ)と野生生物・漁業省のメアリー(チャイナ・チャウ)でした。
岸辺で何かによって引きちぎられているようなワニの死体を発見、やはりワニではないのでしょうか。

途中で出会ったナマズ取りのエルマーに案内され、一向はハウスボートの集落へと到着します。
調べていくうちに、3ヵ月前に襲ってきたハリケーンの後に、見たこともないボートが漂着し、異変はその後からだということがわかりました。しかし、時すでに遅く、ハウスボートは巨大な魚に襲われ、1人、また1人と死んでいくのでした。

一方、ボートの持ち主であるジェフ、ベン、アントンたちはもまた積み込まれていたブツを取り戻すために、近くに踏み込んでいました。彼らのブツとはいったい…さして彼らの目的はいったい。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:09| Comment(6) | TrackBack(1) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

スネークヘッドテラー

今週末にはつり大会があるんだぞ!

2004年(SNEAKHEAD TERROR)
製作国:カナダ
監督:ポール・ジラー
製作:エリザベス・サンチェス
製作総指揮:リサ・M・ハンセン
脚本:A・G・ローレンス
撮影:マーク・ドブレスク

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
湖は在来種にとって非常に重要な産卵区域で、外来種の存在は大きな懸念材料でした。
あるときカルタス湖で、捕食性の雷魚が発見されました。北米には存在しない凶暴で、陸上での呼吸や歩行が可能でした。在来種は致命的なダメージを受け絶滅…人々はロテノン(魚を窒息させる毒)を散布し、数百キロにも及ぶ死骸が浮かび上がりました。

2年後…パトリック保安官は岸辺で殺されていた犬の死骸を発見し、次いで湖で飼い主の無残な姿をも…15年前にワニが女性を襲ったことと犬の死骸から、何らかの牙を発見したパトリックは、町長に湖を閉鎖するように言いますが、ようやく2年前の痛手から立ち直ったばかりの街の活気を失いたくない町長は、保安官に公にしないように口止めをするのでした。
しかし湖では更なる惨劇が起ころうとしていたのです。

一方、街に呼ばれてやってきた生物学者のロリ・デールは、牙を雷魚のものだと断定します。しかも何者かの手により湖に撒かれたジュノトロピン(ヒト成長ホルモン)により、巨大に成長した雷魚の…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

アラクニッド

人間と同じ、目的は種の保存だろう。

アラクニッド2001年(ARACHNID)
製作国:アメリカ、イタリア
監督:ジャック・ショルダー
共同製作:シェリー・ブライアント
製作総指揮:フリオ・フェルナンデス
脚本:マーク・セヴィ
撮影:カルロス・ゴンザレス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
南太平洋でステルス機のテスト飛行中、ローレンは突如海上から吹きあげた水のジェットストリュームに接触。さらに上空で何物かに激突、彼はイジェクトし近くの島に降り立ちます。そこで見たものはホントに見えない正体不明のステルス機の残骸と、異星人らしき二足歩行の生物…しかしその異星人は背後から襲いかかってきた蜘蛛のような生物に襲われ、ローレンもまた同じ生物に襲われてしまうのでした。

10ヵ月後、現地人から、不可思議な死に方をする村人たちを助けて欲しい、と頼みを受けたレオン博士は、パイロットとしてローレン・マーサー、護衛としてレブ・バレンタイン、ベアー、レイズ、昆虫学者のヘンリー・カプリ、そして現地人の若者3人とともにスラウェシ島へと向かいました。
ところが島を目前にエンジントラブル、もと海軍F14パイロットだったマーサーの腕のおかげで、島に不時着するものの、飛行機は飛び立てなくなり、この辺りの磁気のせいか本土に連絡もとれなくなってしまいました。

不思議なことにエンジンに異常はありませんでしたが、機体がこの有様では飛ぶに飛べないでしょう。
君の腕のせいだ!と怒るレオン博士などほっておいて、カプリは島にいる蜘蛛の収拾に余念がありません。ここの蜘蛛が彼が知っているものに比べて、進化の過程が違うようなのです。
とりあえず村を目指した一行は、途中ダニのような虫にレイズが襲われるトラブルや、マーサーが落ちた穴が蜘蛛の巣?と嫌な予感をさせつつ到着します。ところが村には犬が1匹いるだけで、人間はどこにもいませんでした。いったいどこに。

カプリは採取した虫を調べていましたが、なんとこの虫には外骨格がなく内骨格になっていました。いくつもの種と交配して、進化したとでもいうのでしょうか。
その夜、巨大な虫に襲われた彼らは、なんとか飛行機に戻り無線を使うために、ここから戻ることにするのですが、またしてもカプリが…ベアーと現地人の若者1人が先行して飛行機に、残りはカプリを捜そうとします。しかしカプリは森中を巣にしている巨大な蜘蛛に捕らえられ、繭と一体化させられていたのです。
驚く彼らの前に巨大蜘蛛が…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。