映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2018年01月22日

うる星やつら 完結編

こんな状況で言ったら…。
うる星やつら 完結篇 【劇場版】 [DVD]
1988年製作国:日本
監督:出崎哲原作:高橋留美子
製作:多賀英典製作総指揮:
脚本:金春智子撮影:大地丙太郎
音楽:麻田華子「好き?嫌い」amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ある日の事、ラムの故郷でコールドスリープのまま放置されていた曾祖父が発見されました。その曾祖父(声:北村弘一)によると若いころ、とある事件の際『闇の世界』に住むウパ(声:緒方賢一)という男と、将来、女の子が生まれたら嫁にもらう。という約束をしていたことがあったと。

時を同じくしてサクラ(声:鷲尾真知子)の水晶玉には、ラムが闇に囚われるという暗示が映し出されているのでした。
そして、友引町にブタと共に現れた少年ルパ(声:塩沢兼人)は、ラム(声:平野文)の成長を高め角を抜けさせるや、無抵抗となった彼女を闇の世界へとさらっていくのでした。

あたる(声:古川登志夫)や弁天(声:三田ゆう子)たちはラムを救うために闇の世界に乗り込みますが、そこで出会ったカルラ(声:井上瑤)という少女があたるを偽装結婚の相手として乗り込んだ為に式場は複雑な誤解を生むことになるのでした。
偽物のラムの存在もあって、あたるとラムの関係は拗れに拗れてしまい、さらに地球へ逃げていったカルラが持ち込んだキノコが、地球に大繁殖。それを駆除するためにはルパの力を借りるしかありません。しかし、ラムとルパは駆除に対しての条件をだしてきました。
それは『鬼ごっこ』、期日は10日間、その間にあたるがラムの角を掴むか、もしくはラムに「好きだ」と言えば決着がつくことになるのでした。
かくして、地球存亡をかけた『鬼ごっこ』が始まったのです。

ブログ DE ロードショー

映画レビュー
オススメ映画鑑賞の記録のmiriさん発祥、現、忘却エンドロールの宵乃さん主催の「ブログ DE ロードショー」に参加です。この企画は映画を決めて、その期間中にみんなで観ようというもので、通常は1本決めてから観るのですが、今回は同じテーマということで特別企画です。
企画名は「第6回真冬のファンタジー企画」です。
SFもファンタジーに含まれていますが、広すぎるので個人的には純粋なサイエンス・フィクションは除外して、不思議要素の入っているSFのみ含もうと思っています。(^^)
企画2回目に観たのは、うる星やつらの劇場版では最後…かと思っていた「うる星やつら 完結編」です。

映画レビュー

劇場版としては5作目ですが、その後、長編としては「うる星やつら いつだってマイ・ダーリン」が作られています。
唯一、原作がある話であり、私も一番好きな作品ですね。
先日鑑賞した「うる星やつら オンリー・ユー」と同じく結婚騒動ですが、今回は逆にラムの結婚式をあたるが止めに行くという流れです。ただそれは中盤までで、お互いに拗れてしまった気持ちを清算する為にとった手段が、奇しくもラムちゃんが初めて地球に来た時の勝負方法『鬼ごっこ』でした。ゼッケンまで同じ『4』とは。(^^;

ギャグも今までものに比べると格段にテンポがよくなっており、笑う個所も多く、それでいて『鬼ごっこ』のラストは本当に感動して何度観ても泣いてしまいます。でも、ラストは…うる星やつららしい2人のセリフでしたね。ただお互いもう『それを』言わなくても心が通じているような感じでよかったと思います。

チェックポイント
【ここがいい!】
・やっぱり1番好きなのは『鬼ごっこ』で、あたるが「忘れるもんか、忘れるもんか」と過去のシーンがフラッシュ・バックのように思い浮かべるシーンからの決着までで、こういうのは反則技(^^;だと思いますけど、もう涙が溢れて止まりません(何処のシーンだったかも思い出されて、いままでの想いも溢れ出ます)。
・ギャグのテンポがとてもいい。個人的には曾祖父の喋りが好きです。
・ルパとカルラの子供のころの思い出。カルラが怒るのも無理もないです。
・記憶喪失装置が汗を流すところ。
・ラムちゃんやカルラがあっかんべ〜をするところ。
・ランちゃんの怒りを皆がスル〜しているところ。(^^;
・ブタたち、凄すぎるゼ!

【ここは問題かな?】
・問題という訳ではないんですけど、今まで3、4といい表情の絵が続いていたのですが、この完結編では今までと雰囲気が違いました。でも、この絵はこの絵で好きなんですけどね。

【一言いいたいコーナー】
・あぁ、塩沢兼人さん。本当に…合掌。(_ _)
・同時上映が「めぞん一刻 完結篇」であり、当時好きだった高橋留美子さんの作品が、同時に完結してしまいました。(T T)
Number906両方とも漫画を読んでいましたねぇ。懐かしい。

コメントとトラックバックをさせていただきました。
或る日の出来事(ボー・BJ・ジングルズさん)の「「うる星やつら 完結篇」

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 21:36| Comment(2) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

うる星やつら オンリー・ユー

もう誰も覚えていない、影踏みの伝説。
うる星やつら オンリーユー(ノーカット版)【劇場版】 [DVD]
1983年製作国:日本
監督:押井守原作:高橋留美子
製作:多賀英典製作総指揮:
脚本:金春智子撮影:若菜章夫
音楽:小林泉美「I, I, YOU & 愛」amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
影踏み遊びを楽しむ少年と少女。
やがて影踏みに勝った少年に、二人は結婚することになるのよ。と告げ姿を消します。

それから11年後のある日、諸星あたる(声:古川登志夫)とラム(声:平野文)の知り合いに結婚招待状が届けられます。それはあたるとラムのものではなく、あたるとエル(声:榊原良子)という謎の女性との結婚招待状でした。
しのぶ(声:島津冴子)やメガネ(声:千葉繁)たち、そして面堂(声:神谷明)に問い詰められても、果てはラムの電撃を浴びせられても全く記憶のないあたる。

そんな時、友引高校の上空に巨大なバラを模った宇宙船が姿を現します。
それはエルからの使者であり、エルが美少女である事を知ったあたるは、その申し出を受けてしまいます。そんなあたるの姿に一度を落ち込むラムでしたが、地球に来た弁天(声:三田ゆう子)と相談して、あたるや友引町の面々を連れてエルよりも先に結婚するべくラムの両親の宇宙船へ逃げ込むのでした。

しかし、スパイのロゼ(声:丸山裕子)によって待ち伏せをしていたエルの艦隊と全面対決に。その騒ぎの中、ロゼの手によりさらわれてしまったあたるを追ってラムは単身戦闘機で追いかけるのでしたが…。

ブログ DE ロードショー

映画レビュー
ちょっとオススメ映画鑑賞の記録のmiriさん発祥、現、忘却エンドロールの宵乃さん主催の「ブログ DE ロードショー」に参加です。この企画は映画を決めて、その期間中にみんなで観ようというもので、通常は1本決めてから観るのですが、今回は同じテーマということで特別企画です。
企画名は「第6回真冬のファンタジー企画」です。
SFもファンタジーに含まれていますが、広すぎるので個人的には純粋なサイエンス・フィクションは除外して、不思議要素の入っているSFのみ含もうと思っています。(^^)
企画1回目に観たのは、うる星やつらでは初の劇場版となった「うる星やつら オンリーユー」です。

映画レビュー

宇宙規模でのドタバタコメディです。(^^;
いつもであれば、あたるが女性にちょっかいをかけ一方通行ながら、ラムちゃんが怒るというパターンですが、今回は影踏みという風習からエルの方があたるを好きになっており、あたるも了承してしまうために、ラムちゃんがあまりにも可哀そう。特にラムちゃんを罵倒するシーンなどはかなり酷いとは思います。

あたるにも根底にはラムちゃんが好きであるという想いがあるんですよね。
その為に、ラムのバラードのシーンから、あたるが牢屋で反省しているシーンはなかなかいいです。
ただ、エルの性癖がバレなかったら、どこまで拗れてしまっていたのか、恐ろしいです。

それにしても、オチにも繋がっているあたるの行動は、お雪さん談「本当に…あきれてものも言えませんわね」。

チェックポイント
【ここがいい!】
・ラムちゃんの一途なところ。まぁ、これは他の作品も同じですけど。
・エルはエルでなんだかラストは可哀そうですね。
・ラムちゃんのウェディングドレスは美しい。
・凄いぞ、牛丼屋さん!

【ここは問題かな?】
・オープニングでの影踏みと最後の影踏みには違いがあるのが…。
・劇場版ということで、キャラが多く出ているのですが、本来個性的なキャラたちなだけに、やっぱりチョイ役になってしまっているのが残念ですね。クラマなんかいったのかな。(^^;
・あたる、ちょっと言い過ぎ!

【一言いいたいコーナー】
・結婚式のシーンはやっぱり「卒業」ですよね。
・当時、まだまだ浸透していなかったのか、映画コーナーで紹介されたときに「うるせいやつら」ではなく「うるぼしやつら」と紹介された事を私は忘れない!(^^;
Number905当然のことながら、2回目からは直ってましたけど。

コメントとトラックバックをさせていただきました。
或る日の出来事(ボー・BJ・ジングルズさん)の「「うる星やつら オンリー・ユー」

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 00:12| Comment(2) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

ライフ

次の隔離に移行する!
ライフ [Blu-ray]
2017年(LIFE)製作国:アメリカ、イギリス
監督:ダニエル・エスピノーサ原作:
製作:デヴィッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ、ボニー・カーティス、ジュリー・リン 製作総指揮:ドン・グレンジャー、ヴィッキー・ディー・ロック
脚本:レット・リース、ポール・ワーニック撮影:シェイマス・マクガーヴェイ
音楽:ヨン・エクストランドamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
カテリーナ・ゴロフキナ(オルガ・ディホヴィチナヤ)、通称キャット率いるデビッド・ジョーダン(ジェイク・ギレンホール)、ミランダ・ノース(レベッカ・ファーガソン)たち国際宇宙ステーション(ISS)の6名の宇宙飛行士たちは、火星探査機の回収を成功させます。
持ち帰った土壌サンプルからは、なんと地球外の生命体を発見されました。
沸き立つ地球では、抽選によって選ばれたとある学校の生徒がその生物を学校の名から『カルビン』と名付けるのでした。

一方、ISSでは宇宙生物学者ヒュー・デリー(アリヨン・バカレ)が『カルビン』の調査をしていましたが、その行為から命の危機を覚えた『カルビン』は狂暴化しヒューを襲うのでした。ヒューを救うべく部屋に入ったローリー・アダムス(ライアン・レイノルズ)は、ヒューを部屋から出したものの『カルビン』に襲われその場で火炎放射器で戦うことに。しかしその影響でスプリンクリーが起動。ショウ・ムラカミ(真田広之)がスプリンクラーを遠隔手動で止めようとしますが、間一髪『カルビン』はスプリンクラーの穴から逃げ出してしまうのでした。

こうして残ったクルーと『カルビン』との戦いが始まったのですが、恐るべき知能を持った『カルビン』に翻弄され、1人、また1人と命を落としてしまうのでした。
今やISS自体が隔離状態となり、孤立無援のままの彼らは生き残る事が出来るのでしょうか。

映画レビュー
ちょっとオススメもっと宇宙生命についての難いSF的な作品かと思っていたのですが、結局は「エイリアン」的な密室ホラー作品でした。(^o^)

全編を通して、どうしてそうする!から無駄死といったところが多く、若干B級的な演出が感じられていたのですが、ラスト、これで逆だったら本当にB級だなって観ていたら、本当にそうなってしまってなんとも言えない感じが残ってしまいました。(^^;

ライフというのはクルーたちが生きるための行動、そして地球に住む人類の命を守るための行動、そして火星の生物である『カルビン』の生存本能を言っているのでしょう。そもそも美しい序盤の『カルビン』を観ているとどうしてそこまで変貌してしまったのか。意識回復の為とはいえ、電気ショックを与えて攻撃と思った『カルビン』の行動をどうして攻められようか。彼もまた生き残るために行動したのでしょう。
いったい、だれが悪かったんだろう。
いや、それは…ね。

まぁ、映像美は素晴らしい部分もあるのですが、ストーリー的にはB級だなって思いました。

チェックポイント
【ここがいい!】
・宇宙船が部分的に破壊されるところ。(^^;
・『カルビン』が小っちゃいとき。
・最初の犠牲者が口から鮮血を出す時の無重力演出。
・ラストの絶望感。まぁ、実にB級的ではあるんですけど、私は好きですから。
・隔離のレベル。

【ここは問題かな?】
・無駄死にが多いですね。折角犠牲になっても、えっ、ここから入られるの?えっ、それも知っている?ええっ?
・ヒューさんの下半身ネタ(下ネタではない)ってそんなに必要だったのかな。食べられても感覚無いというところかな?
・地球からのソユーズのアバウトな処理感。あんなのでいいのかな?
・ショウ役の真田広之さんの存在感が…後手後手過ぎてなんだか悲しかったです。

【一言いいたいコーナー】
・『カルビン』の無重力移動って、あんな移動方法できるのかな。壁の反動を使っているだけならともかく、泳いでいたようですけど、水の中じゃないんだから。(^^;
・脱出ポッドは、最低でも人数分必要では?
Number904・せっかくの豪華俳優だったと思いますけど。(^^;;

コメントとトラックバックをさせていただきました。
こわいものみたさ(とらさん)の「ライフ

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 22:32| Comment(2) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

東京喰種 トーキョーグール

君は人間と喰種のどちらの世界にも居場所を持てる。
東京喰種トーキョーグール [Blu-ray]
2017年(TOKYO GHOUL)製作国:日本
監督:萩原健太郎原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」
製作:武田功、木下直哉、吉崎圭一、木下暢起、本間憲、小佐野保製作総指揮:大角正
脚本:楠野一郎撮影:唐沢悟
音楽:ドン・デイヴィスamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
この人間社会、東京には、人を食物として生きている「喰種」が住んでいました。
20区に住み読書好きの大学生カネキ『金木研』(窪田正孝)は、喫茶店あんていくで知り合った女性リゼ『神代利世』(蒼井優)と恋仲になりかけますが、ある夜、突然襲い掛かってきたリゼに致命傷を負わされてしまいます。なんと彼女は「喰種」だったのです。しかし偶然にも建設現場の鉄骨の落下によってリゼは死亡してしまい、カネキが気が付いた時には病院のベッドの上でした。
なんとか命を取り留めてたカネキでしたが、その破損した内臓には無断でリゼの臓器が移植されており、その為に彼は半喰種となり、次第に人間の食べ物を受け付けなくなっていき、逆に人間の肉に食欲をそそられていくようになるのでした。

そんな心身共にボロボロになりかけた彼を救ったのは、喫茶店あんていく。
ここは「喰種」で構成されたメンバーであり、「狩り」が出来ない「喰種」たちの駆け込み寺的存在だったのです。
店長の芳村(村井國夫)、ウェイトレスのトーカ『霧嶋董香』(清水富美加)のもと、カネキはその店で働くことになります。彼らや店の常連客の笛口親子たちと接するうちに「喰種」が決してリゼのように凶悪な存在だけではなく、彼らは彼らで必死に生きていることを知り、彼は人間と「喰種」との間で苦悩していくことになるのでした。

そんなある日、笛口リョーコ(相田翔子)と娘ヒナミ『雛実』(桜田ひより)が亡き夫の線から喰種対策局(CCG『Commission of Counter Ghoul』)に目を付けられ、白鳩(ハト)と呼ばれる捜査官、真戸呉緒(大泉洋) と亜門鋼太朗(鈴木伸之) の手によってリョーコが駆逐されてしまいます。彼らは駆逐した「喰種」(この時は夫)の赫包を加工して作った対喰種用生体兵器クインケを持っていたのです。
怒りに燃えるトーカは、捜査官を襲う事を決意し、そしてカネキは…。

映画レビュー
ちょっとオススメ原作の漫画、アニメはいっさい観てない状態での鑑賞です。この手の作品は、アニメなどを観て気に入ってから実写版を観ていたのですが、珍しくまったく予備知識なしでの鑑賞でした。なぜ。こんなことに?(^^;
でもって、何も比べるものがない為か、特に違和感もなく楽しめました。後でいろいろと調べてみると、なかなか壮大な設定があって、この実写の部分はまだほんの序盤、プロローグのようなものらしく、逆に今後が気になる作品になりました。

実際の主人公たちがどのような風体かは知りませんが、主演の窪田正孝さんもヒロインの清水富美加さんもとてもいい。もはやこの役は2人以外は考えられないかなって。ただ、それだけに出家された清水富美加さんの扱いがどうなるのか気になるところ。もう続編は期待できないのかな?

アニメ版も借りてきて観てみようかな。

チェックポイント
【ここがいい!】
窪田正孝さんの演技は相変わらず凄まじいですが、周囲に比べるとちょっと浮いてしまっていたかも。全力はいいのですが、ちょっと周囲に合わせた方がいいのかも。(^^;
・トーカちゃんが恰好良すぎ。でもなぜに片羽なのかな?
・肉じゃがのシーン。
・真戸のいっちゃってる感。まさか最後に。永遠の敵かと思ってました。(^^;
・各人が持つであろうマスク。主人公のも喰っちゃるぜ!感ありありですけど。(^^; 主人公的にはいいのか?
・日本のCGもかなりよくなってきましたね。触手の接合部分にはちょっと違和感がありますが、なかなか格好いい。
・亜門がちょっぴり人間味を出したところ…その直後は悲惨なシーンでしたけど。

【ここは問題かな?】
・序盤の為か、謎の人物がいろいろといますね。続編があればわかるのかもしれませんけど。
・カネキと亜門との戦いでのお互いのセリフは、ちょっとピンとこなかったですが、もう少し説明が欲しかったところ。

【一言いいたいコーナー】
・何故、東京?
・何故、コーヒーだけは飲めるの!?(@o@)
Number903・あの序盤の鉄骨は明らかにおかしいし、医者が移植するのも…何かある?

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 23:36| Comment(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は、いろいろとお世話になりありがとうございました。


今年も映画鑑賞はしていきますが、レビューはのんびりと書いていくと思います。
全部レビューできればいいんですけど、レビューが追いつかないうちに次のを観ていると、小鳥頭なせいで忘れちゃうんですよね。(^^;

今年も、よろしくお願いいたします。(_ _)


さて、今年は戌年ですね。
折角なので、ワンコの映画を観直したいものですが、今ざっと思い出してみると…。

ベンジー [DVD]まずは、ベンジーでしょうか。
レビューはコチラ

シリーズとしても5作(TV含む)ほど出ており、丁度12年前、つまり戌年にも「ラブいぬベンジー はじめての冒険」が公開されています。
誘拐犯とベンジーの活躍を描いた作品ですが、可愛い野良犬ベンジーが音楽ともに大ヒットした作品です。シリーズはだんだんと…うーんになってくるのですが、「名探偵ベンジー」はもう一度観たい作品です。未だにDVDが出ていないんですよね。残念です。

フルーク [DVD]次はフルークです。
レビューはコチラ

忘却エンドロールの宵乃さんの情報から購入してコレクションしている作品です。
事故を起こして死んでしまったパパさんが、ワンコして生まれ変わってしまう作品です。最初はワンコとして生活をするのですが、やがて自分の家族の事が解り…というストーリーです。
上記にも書いていた「名探偵ベンジー」を観ていると、なんとなくオチも判りそうで…ますます「名探偵ベンジー」が観たいですねー。

ドーベルマン・ギャング [DVD] ドーベルマンギャングです。
レビューはコチラ

ドーベルマンを銀行強盗に使うというアイデアを生かした作品です。2作目も作られましたが、こちらはかなり子供向けになっていました。でも、やっぱり訓練されたワンコがどのようにして活躍(犯罪ですけど)するのか!ここに尽きると思います。人間はどうもおバカなところが多いので、どうでもいいかもしれません。(^^;

その他にも、まだ(DVDが出ていないので)観てないですけど「僕のワンダフル・ライフ」を始めとして「わんわん物語」「わんわん忠臣蔵」などワンコの作品はいっぱいです。

観たいですねぇ〜。(^^)/

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 21:38| Comment(14) | 映画小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

海底47m

絶望という名の暗黒へ落下。
海底47m [Blu-ray]
2017年(47 METERS DOWN)製作国:イギリス
監督:ヨハネス・ロバーツ原作:
製作:ジェームズ・ハリス、マーク・レーン製作総指揮:ウェイン・マーク・ゴッドフリー、ロバート・ジョーンズ、ウィル・クラーク、アンディ・メイソン、マイク・ルナゴール、ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン、イアン・エイブラハムズ、サイモン・ルイス
脚本:ヨハネス・ロバーツ、アーネスト・リエラ撮影:マーク・シルク
音楽:トム・アンド・アンディamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
メキシコ…休暇を過ごすために来ていたリサ(マンディ・ムーア)とケイト(クレア・ホルト)姉妹でしたが、彼氏に振られていたリサは意気消沈。
そんなリサを心配したケイトは、現地の男達の聞いた『シャークケージダイビング』に参加することにしました。
これは檻の中に入って野性のサメを鑑賞するというもので、臆病なリサは怖くて嫌がりましたが、結局は押し切られて…。

次の日、水深5メートルの位置で巨大なサメを鑑賞する二人は、しだいに興奮し始めましたが、ワイヤートラブルの為にケージが一気に水深47メートルまで落下してしてしまうのでした。
無線も届かず、ボンベの酸素も少ない中、ケイトはケージから出ることに。しかし、45メートルという距離は一気に浮上すれば潜水病にかかり、といって途中にはサメ達がいるためにゆっくりと上昇することもできず…それでも彼女は無線の届く位置まで泳ごうとするのでしたが…。

映画レビュー
普通かな…。この作品では、序盤潜ってからはずーと深海の中であり姉妹たちの目線で物語が進みます。つまり海上がどう動いているのかが分からないという演出です。
ダイバー同士の会話は、水中通話機能付きマスクで行われており、海上の船はダメですが、姉妹の会話は自由です。最近ではこんな装備になっているんですね。ハイテク(?)です。

なかなか緊迫感があるのですが、海のしかもケージの中の為に危機的スチエーションが少ないように思えましたが、ラストのオチはなかなか、確かに伏線を張っていましたし、船上の男たちが。(^^; だからこそ、あそこまでのバトルができたという事ですね。
ただツッコミどころは多いので☆3つです。(_ _)

チェックポイント
【ここがいい!】
・再度トーチを使って辺りが明るくなった時の周囲の恐怖。ここは怖かったですね。

【ここは問題かな?】
・ほとんどのシーンが海底であり、しかも薄暗いシーンが多いのが残念です。
・救援隊がサメに襲われないのは何故?

【一言いいたいコーナー】
・リサが手を負傷していて鮮血が…どうしてサメがそこへ来ないのでしょうかね。(@o@)
・あんな錆びついたケージ、乗り込みたくないぞ!!
Number902・年に1本くらい、結構掘り出し物のサメ映画が来ますね。

コメントとトラックバックをさせていただきました。
或る日の出来事(ボー・BJ・ジングルズさん)の「「海底47m」

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 17:52| Comment(4) | パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

プロジェクトA子

そして、B子は待っている!
Project A-Ko [DVD] [Import]
1986年(PROJECT A-KO)製作国:日本
監督:西島克彦原作:西島克彦、白坂一美
製作:創映新社、A.P.P.P.製作総指揮:
脚本:森山ゆうじ、西島克彦、川崎知子撮影:新井隆文
音楽:リッチー・ジトー、ジョーイ・カーボーン、赤坂東児amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
時は200X年。16年前に落ちた隕石後に復興した都市にあるグラビトン学園に、摩神英子(伊藤美紀)通称A子と寿詩子(富沢美智恵)通称C子が転校してきました。
転校初日から騒ぎを起こしまわる2人の亜弓先生(向殿あさみ)は大変でしたが、そんなC子が気に入ってしまった大徳寺美子(篠原恵美)通称B子は、なんとかC子をA子から奪おうとあの手、この手と果てはロボットまで持ち出しますが、スーパーパワーを持つA子に全くかないません。

そんな時、宇宙では無人探査船コンステレーションを破壊して(実際にはぶつかっただけ)地球に迫る巨大な宇宙船が…彼らの目的はいったい…。

映画レビュー
ちょっとオススメ西島&森山コンビが、何も考えないで楽しめるコンセプトで創り上げた、SFアクション・はちゃめちゃギャグアニメです。筋自体は、C子という天然娘をA子とB子が奪い合うだけなのですが、とことんいっちゃってますし、何より当時のアニメとしてはハイクォリティで映像も素晴らしいという。(^o^)
本当に頭をからっぽにして楽しみましょう。

声優もA子役の伊藤美紀さんは人造人間18号で有名ですが、この作品が初主演、B子役の篠原恵美さんはデビュー作品にもなってます。敵艦のキャプテンが池田秀一さんですけど、なんとまぁ、女性役なんですよね。(^^;
どちらかというと、周囲のオペレーターとかがちょっと下手だったりして、昨今のアニメ声優では主役級が下手な場合が多くなってきて観る気が失せてしまうこともあるのですが、これは逆ですね。(^^;

チェックポイント
【ここがいい!】
・何度も繰り返されるA子とB子の戦いシーン(過去の話も面白い)。
・どこかで見たキャラがいっぱい。ちなみにA子とC子が観ている映画はどう見ても幻魔大戦ですよね。
・C子のお弁当。
・北斗の拳をモデルにしたマリの声のギャップが凄すぎ。
・戦闘機パイロットが大阪弁?な、なぜ?

【ここは問題かな?】
・正直、宇宙の話はいらないかなって思いますけど、学園騒動をさらにスケールアップするためには仕方がなかったのかなって。ただこのメカ群やキャプテンたちは今後の展開にもなっています。

【一言いいたいコーナー】
・最後でチラッだけ出てくるのですが、A子の両親はスーパーマンとワンダーウーマンですよね。
・タイトルからしてジャッキー・チェンの「プロジェクトA」が…でも、全然関係ありません。(^^;
・元々「くりいむレモン」の1本として企画が上がっていたようですが、その為か「旅立ち 亜美・終章」と2本立てでした。
Number900その後、OVAで続々と続編が作られました。

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
ラベル:コメディ
posted by 白くじら at 19:54| Comment(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

美女と野獣

「真実の愛」は強制するものではない。
美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
2017年(BEAUTY AND THE BEAST)製作国:アメリカ
監督:ビル・コンドン原作:
製作:製作総指揮:ジェフリー・シルヴァー、トーマス・シューマカー、ドン・ハーン
脚本:スティーヴン・チョボスキー、エヴァン・スピリオトポウロス撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:アラン・メンケン、主題歌:アリアナ・グランデ、ジョン・レジェンド、「美女と野獣」amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
昔々、ロココ時代のフランスの裕福なお城…ある日の事、舞踏会を訪ねてきたみすぼらしい女性の姿を見て王子はあざ笑ってしまいます。しかしその女性は魔女であり、王子の態度に怒った彼女は王子たちとお城の呪いをかけてしまいます。
王子は野獣に、家臣たちは家具などに姿が変わってしまい、さらにこのお城の事も近在の村の住人の記憶から消えてしまうのでした。

そして数年の年月が流れました。
記憶から消えたお城の近くにあるヴィルヌーブ村に、父モーリス(ケヴィン・クライン)と暮すベル(エマ・ワトソン)という美しい娘がいました。
ベルは本を読むことが大好きで教養もありましたが、村の女性の中では特異な存在でしたが、そんな彼女が気になって自分のものにしようと村の英雄的存在の若者ガストン(ルーク・エヴァンス)が何度も言い寄るのでしたが、ベルにはまったくそんな気はなくいつも断っているのでした。

そんなある日、父のモーリスがパリに出かけたっきり戻ってきませんでした。
愛馬だけが帰って来た事に、ベルは父に何かあったと思い村を出ました。しかし森で見たこともないお城を発見し、投獄されていた父と出会いました。そこに住んでいたお城の主である野獣(ダン・スティーヴンス)に、父が薔薇を盗んだ罪で投獄されている事をしります。ベルは自分が身代わりになる事で父を解放してほしいと懇願するのでした。

そんなベルの行動に、家具に変えられている家臣たちは、彼女こそが自分たちにかけられている呪いを解く女性であると考えるのでした。そう、この呪いは野獣である王子が人を愛し、また逆に愛されることによって「真実の愛」を知ることによって解かれるのです。そしてその期限はもう間近に迫っているのでした。

こうして奇妙な生活が始まり、二人は少しずつお互いに引かれ始めるのでしたが、村ではベルを救い出すために、ガストンのとんでもない計画が始まろうとしていました。

映画レビュー
ちょっとオススメ映画鑑賞の記録のmiriさん発祥、現、忘却エンドロールの宵乃さん管理の「ブログ DE ロードショー」に参加です。この企画は映画を決めて、その期間中にみんなで観ようというものです。
今回の主催は「セピア色の映画手帳」の鉦鼓亭さんで、
作品は2017年「美女と野獣」です。

1991年アニメーション作品「美女と野獣」の実写リメイク作品ですね。
最近のディズニーはどんどん実写版を作っていますが、アニメーションが好きなので、つい実写になったらどうなるんだろう…と他の作品も観ています。やっぱり興味もありますしね。
実際に劇場で観たかった作品でしたが、知り合いで観た方がミュージカルで大変(?)だったという事だったので、その時には観なかった(^^;のですが、今回、いい機会だったので鑑賞してみることにしました。
ありがとうございました。

美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ベルってこんなに自己主張が強かったかなってところもありました?(@o@)
ガストンの無法振りも凄まじかったですね。狼が出る森の木にモーリスを縛り付けるなんて、その他ももろもろとんでもない人間で、口がうまいとはいえ、よく今まで村人が騙されていたものだと逆に感心してしまいます。

一緒に暮らしていく内に相手のちょっとした事が本当はこういう事だったのだと判っていったり、そういう事の積み重ねで心を開いたり、お互いに歩み寄ったりしていくシーンがギャグも混ぜていたりしてやっぱりいいですし、こういうところはさすがディズニーといったところでしょうか。

チェックポイント
【ここがいい!】
・やはり二人が踊るシーンは、音楽と相まってとてもいいですね。王子に戻ってからよりも、野獣のままで踊ってこその今までの積み重ねていた思いもあって感動してしまうシーンだと思いました。
・家具たちのおちゃらけ。ファンタジーならではの面白さ。
・呪いが解けるシーン。この辺りはディズニーの面目躍如。
・庭園が…ちょっと「シザーハンズ」を思い出してしまいました。

【ここは問題かな?】
・魔女の傍若無人ぶり。(^^;
・ミュージカルは特に嫌いという訳ではないですけど、やっぱり感性に合わない曲は聞いていて苦痛になるのもまた事実で、今回の中にもそういう曲はありましたし、たとえばガストンたちが酒場で歌っていたりしているのもあまり気に入らず、さっさとベルたちの話に戻してよって思っていました。(^^; というわけで、個人的にはもう少しミュージカル部分を減らせてほしかったです。

【一言いいたいコーナー】
・現実の姿が予想に反して…いやー、ほとんどの人がそうでしたけど、家具のままの方がよかったような気がしました。いや、まぁ、ちょっと冗談ですけど。
Number900…いや、ホント。(^^;;

コメントとトラックバックをさせていただきました。
或る日の出来事(ボー・BJ・ジングルズさん)の「「美女と野獣(2017年版)」
セピア色の映画手帳(鉦鼓亭さん)の「【ブログ DE ロードショー】 開催のお知らせ
newしずくの水瓶(しずくさん)の「ブログdeロードショー 美女と野獣
忘却エンドロール(宵乃さん)の「映画「美女と野獣(2017)」観た
サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑)(take51さん)の「「美女と野獣」をブログDEロードショで見ました!

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
ラベル:ミュージカル
posted by 白くじら at 21:44| Comment(10) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

DESTINY 鎌倉ものがたり

僕は今、とても幸せだよ。
映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』オフィシャルガイド
2017年(DESTINY)製作国:日本
監督:山崎貴原作:西岸良平『鎌倉ものがたり』
製作:今村司、市川南、加太孝明、船越雅史、戸塚源久、谷和男、永井聖士、弓矢政法、中西一雄、堀義貴、島村達雄、牧田英之、安部順一、三宅容介、阿部秀司製作総指揮:阿部秀司
脚本:山崎貴撮影:柴崎幸三
音楽:佐藤直紀、主題歌:宇多田ヒカル「あなた」amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
新婚旅行を終えたばかりのミステリー作家である一色正和(堺雅人)と亜紀子(高畑充希)は、鎌倉にある家に帰ってきました。子供のころから鎌倉で暮していた正和には当たり前の事でしたが、この地は魔物や幽霊が生者と共に暮らしていたのです。
正和はミステリー作家である傍ら、警察から心霊捜査も頼まれるほどの物知り。年齢不詳のお手伝いのキン(中村玉緒)に出版社の本田(堤真一)、そして貧乏神(田中泯)をも巻き込んでの新婚生活は、亜紀子にとって驚きの連続ではありましたが、楽しいものでした。

そんな時、祭りで亜紀子に目を付けたらしい赤い手の魔物が彼女を階段から落としてしまうのでした。何故か肉体を失い霊魂状態になった亜紀子は死神(安藤サクラ)に黄泉の国へと連れて行かれてしまいます。それを知った正和は黄泉への行き方を調べて彼女を救いに行くことにするのでしたが。

映画レビュー
ちょっとオススメ「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が作った異世界ファンタジー作品です。
黄泉の国へ行った愛する妻を取り戻すための話と聞いていたのですが、実際に取り戻しに行くのは意外と後半でした。
ただ、そこまでが退屈かと言われればそうでもなく、鎌倉でのいろいろな出来事が面白く描かれていました。またそれらの出来事が微妙に絡み合っているのがよく、しっかりと伏線回収していたことも評価UPなところでした。

もともとこういう異世界モノは大好きなので、私としては満足な作品でした。(^^)/

チェックポイント
【ここがいい!】
・舞台となる鎌倉ですが、下町をイメージしておりとても落ち着いた感じで、これならば河童が普通に歩いていても違和感がなさそうな感じですね。
・正和と亜紀子がお互いにお互いを大事にしている様子がいい。
・亜紀子が正和の体の一部に、ちょこんと顎を乗せるところ。
・死神がちょっとチャラい感じなのですが、そこがまたいい。
・亜紀子と貧乏神とのやり取り。
・黄泉の世界のCG。広大な感じが出ていて、これは劇場で観てよかったと思えるところですね。

【ここは問題かな?】
高畑充希さんがおかっぱだったのはよかったですね。ただ、黄泉では髪を上げていて「いつもよく拝見する顔」だったのがちょっと残念。顔が嫌いなわけではないのですが、やっぱり他の作品のイメージが大きいのかな。
・天頭鬼が亜紀子を狙った理由って…個人的には別にどうでもよかったかも。(^^; でも、確かに後でいろいろな個所に伏線があったんだって思いましたけど。ちょっと壮大過ぎかな。

【一言いいたいコーナー】
・小料理屋の女将役に薬師丸ひろ子さん、主人公の父に三浦友和さんなど懐かしの顔ぶれがありました。
・スタッフロール中、バックにいろいろな品物が映っているのですが「あ、使ってる!」「そっか、なるほどね」「…落ち込んでるけど反省してない!」などと判るところも多いです。
Number899・スタッフロールの独眼坊ってミニヨンみたい。(^^;

コメントとトラックバックをさせていただきました。
或る日の出来事(ボー・BJ・ジングルズさん)の「「DESTINY 鎌倉ものがたり」

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
ラベル:コメディ
posted by 白くじら at 18:38| Comment(2) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

南から来た用心棒

目には目をだ!
南から来た用心棒 HDリマスター版 [Blu-ray]
1966年(ARIZONA COLT)製作国:イタリア、フランス、スペイン
監督:ミケーレ・ルーポ原作:エルネスト・ガスタルディ、ルチアーノ・マルティーノ
製作:エリオ・スカルダマーリャ製作総指揮:
脚本:エルネスト・ガスタルディ、ルチアーノ・マルティーノ撮影:グリエルモ・マンコーリ
音楽:フランチェスコ・デ・マージamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
アリゾナ州の刑務所が襲われ、囚われていた囚人たちが脱走してしまいました。襲撃したのは25000ドルもの賞金をかけられていたゴルドン一味でした。仕事柄ゴルドン・ウォッチ(フェルナンド・サンチョ)は、こうして仲間を補充していたのです。
最後に出てきた賞金稼ぎの男は、残っていたゴルドン一味の1人ウィスキー(ロベルト・カマルディエル)と共にゴルドン一味を追いかけるのでした。

しかし、賞金稼ぎの男は、囚人たちが脅されて仲間になるのをしり目に、自分の名はアリゾナ・コルト(ジュリアーノ・ジェンマ)であり、仲間になるかどうかは考えさせてもらうとた立ち去ります。当然、怒り心頭のコルドンは、クレイ(ネロ・パッツァフィーニ)たち6人を差し向けるのでしたが、あっさりと返り討ちになり逃げて戻るクレイでした。

アリゾナを殺したいほど怒るゴルドンでしたが、当初の目的通り、近くの町であるブラックストーン・ヒルの銀行を襲う計画を実施。
しかし前乗りしたクレイは、酒場の娘ドロレス(ロザルバ・ネリ)にゴルドン一味であることを知られて殺害してしまうのでした。さらに阻止することもできずに行われてしまう銀行襲撃…それを知ったアリゾナはドロレスとは姉妹であったジェーン(コリンヌ・マルシャン)と父のペドロ(アンドレ・ボシック)に500ドルとジェーンとの一晩を報酬として約束させ、ゴルドン一味の元に向かうのでしたが…。

激闘の末にクレイを倒すアリゾナでしたが、ゴルドンに両手、両足を撃ち抜かれ倒されてしまいます。
瀕死の重傷を負ったアリゾナを助けたのはなんとウイスキー。しかしアリゾナを町に連れて行く彼にもある秘密があり、その結果、ゴルドン一味は再び町を襲撃してしまうのでした。

映画レビュー
ちょっとオススメ1965年「夕陽の用心棒」(この時にはモンゴメリー・ウッドと言う芸名です)、同年「荒野の1ドル銀貨」で一躍有名になったジュリアーノ・ジェンマのマカロニ・ウエスタンの1つです。

大昔、TVで鑑賞したのですが、とにかく主人公が四肢を撃たれてしまって…このシーンは衝撃でしたね。でもって、そこしか覚えてなくって、今回やっとストーリーが解りました。結構序盤だったと思っていたのが、意外と後だったりしたのも驚きでした。

ジュリアーノ・ジェンマは他の西部劇に比べると、泥臭くなく、また汗臭くもなく、さわやかなイメージがありますね。やっぱりなんといっても顔がいいですからね。なんだかんだ言っても、この部分は大きいです。(^^;

それにしても、この作品は、ゴルドンの性格もありますけど無慈悲に大勢死んでますね。

チェックポイント
【ここがいい!】
・主題歌がとにかく格好いい!
・アリゾナ・コルトというのは、便宜上、主人公が土地と武器から取ってつけた名前でした。本名は?
・「考える」というフレーズ。
・ウィスキーの存在。憎めない人で、ほんだかいるだけでほっとします。(^^)
・ラストの「目には目を」の止めもいいですね。

【ここは問題かな?】
・撃たれて治療はしたといってもそんなに時間が経っていないのに、手足が普段とあまり変わりなく動いていたのはどうなのかなぁ。(@@;
・焼印はもろ刃の剣ですね。もう逃げられない!というためかも知れませんが、デメリットの方が大きいような。でも、ラストの使い方は良かったです。

【一言いいたいコーナー】
・本来、イギリス、アメリカ、イタリアなどでは、西部劇を「スパゲッティ・ウェスタン」と呼んでいたのですが、映画評論家の淀川長治氏が「スパゲッティでは細くて貧弱」ということから「マカロニ・ウエスタン」としたそうです。ちなみにマカロニだと中空なので、中身がないという意味もあったとか、なかったとか。まぁ、日本語の造語ですね。
Number898ちなみに、マカロニの穴にはスパゲッティが詰まっているんだ!(嘘だ)という某アニメもありましたけど。(^^;

コメントとトラックバックをさせていただきました。
忘却のエンドロール(宵乃さん)の「映画「南から来た用心棒」感想

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 21:56| Comment(2) | 西部劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム